季語/萩刈る(はぎかる)を使った俳句

「萩刈る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「萩刈る」について

【表記】萩刈る

【読み方】はぎかる

【ローマ字読み】hagikaru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・萩刈(はぎかり:hagikari)

季節による分類

・「は」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

萩刈るを含む俳句例

片岡の萩や刈ほす稲の端/猿雖

萩刈るや朝鮮へ海真平ら/今井聖

一頻り萩刈る音か高山寺/高澤良一

北国の一日日和萩を刈る/高野素十

門前の萩刈る媼も仏さび/高野素十

雨の中に萩刈る秋の別れかな/瀾水

大前の萩の刈跡新しく/川上/千代

萩刈りし立花様の舟通し/松尾/玲子

頬に冬門辺の萩を刈りしより/安住敦

さきがけて一切経寺萩刈れり/安住敦

萩刈らむ露驚きて声あげぬ/小林康治

萩刈のまた一人出て毛越寺/斉藤夏風

萩を刈る一個の固き頭なり/飯島晴子

萩刈つて萩の帚を作りけり/長谷川櫂

刈萩をそろへて老の一休み/高浜虚子

萩を刈る働く五人見る二人/稲畑汀子

萩刈ると円地源氏の畢かな/宮坂静生

刈り余し焚き余す萩翔鶴忌/手塚美佐

萩刈れば現れし被爆の石畳/宇川紫鳥

刈萩や句碑の面に花眼寄す/石川桂郎

俳句例:21句目~

萩刈りて焚火にかぶす長々と/細見綾子

萩刈りて太虚といふを庭の上/皆吉爽雨

萩刈られありて卒然たる思ひ/高木石子

萩刈て鶏頭の庭となりにけり/正岡子規

一株の萩刈つて断つ思ひあり/関戸靖子

萩刈つて芭蕉の墓前広うしぬ/西田/誠

萩刈つて土のあらはに白毫寺/伊藤敬子

刈込に紅刷く萩や上の茶屋/下村ひろし

俳諧の萩刈ならば手伝はむ/阿波野青畝

真菰刈りて水濁しある沼暑し/倉田萩郎

寺の端の夕まけて萩刈られけり/岸田稚

庵の妻人手は借らず萩を刈る/鈴木花蓑

笛吹川今朝刈りたらん萩流る/伊藤京子

枯萩は刈らずに今日の客の為/星野立子

萩を刈り束ねて日和下り坂/大岳水一路

萩叢の刈り時なども訊ねけり/綾部仁喜

刈草のてり返す日や萩の下/楠目橙黄子

日に仕へ月に仕へし萩を刈る/後藤比奈夫

晴讃ふ客あり萩を刈りをれば/徳永山冬子

末の子もめとり萩刈る手が淋し/田中英子

俳句例:41句目~

来年の芽らしき萩を刈り払ふ/阿波野青畝

枯萩のむざと刈られし昨日かな/臼田亞浪

枯萩の塵かぶらねば刈られずに/稲畑汀子

萩刈つて十四五日も逢はぬかな/萩原麦草

枯萩を刈らむとしつつ経し日かな/安住敦

枯萩を刈りたりバネの強さあり/細見綾子

背合せに妻と刈る萩五十過ぐ/池月一陽子

萩を刈りはじめ石には替の鎌/波多野爽波

萩刈りしのみの日を溜め惜命忌/小林康治

萩を刈る今年一月刈るやうに/渡部伸一郎

萩を刈る大ゆさぶりを空に地に/井沢正江

萩刈つておくれやすかと尼のいふ/森田峠

萩刈つてからりと冴えぬ夕明り/渡辺水巴

萩刈つてしまへば寺を訪ふ人も/高濱年尾

萩刈つてそのまゝ倒しおく日向/高濱年尾

萩刈つて夕浮雲のちらばりし/加藤三七子

萩刈つて多少の惜みなしとせず/鈴木花蓑

萩刈りしあと惨として雨が降る/山口青邨

萩刈りてこま~拾ふ剰すなく/上林白草居

萩刈りてなほ何か刈る音つづく/皆吉爽雨

俳句例:61句目~

萩刈りてもの音近くなりしかな/北尾禮子

萩刈りて妻に灯のあり影のあり/南うみを

萩刈りて虫の音細くなりにけり/高浜虚子

刈らである萩に光悦垣あらた/田中秋琴女

刈られずにありたる萩や仙忌/吉岡禅寺洞

刈られねば萩けぶるなり好日を/宮津昭彦

刈萩の根にひこばえや小六月/五十嵐播水

萩叢を刈ろと思へど日向ぼこ/吉岡禅寺洞

官邸を去る日の近し萩を刈る/山内年日子

思ひつくことの俄かや萩を刈る/山田弘子

萩刈りて木賊は未だそのままに/田中冬二

ふりかぶる塵のきよらに萩を刈る/亀井糸游

萩を刈ることがのこされ冬隣/阿部みどり女

いつ刈ると問はるる萩を不憫とす/後藤夜半

萩刈つてやさしき棘を貰ひたり/山田みづえ

萩刈りてすこしづつ消す萩明り/後藤比奈夫

萩刈つて内を強むることねがふ/田川飛旅子

萩刈りて好き日なりしと思ひけり/後藤夜半

枯萩のいつまで刈らであることか/高浜虚子

萩刈りて折りてなほ丈なせりけり/皆吉爽雨

俳句例:81句目~

白萩といひ十五夜に刈りしといふ/高濱年尾

刈らぬ萩だん~惜しく十二月/長谷川かな女

萩刈つて風を失くしてしまひけり/竹内定子

萩寺と呼ばれ萩刈ることも作務/藤木呂九艸

逢ひたくて萩刈りつめる手暗がり/宮坂静生

ピアノの音湯宿の萩も刈られたり/桜井博道

みづうみの籬の萩は刈らでおく/中井冨佐女

ほろほろとあがる蝶あり萩を刈る/植田浜子

いま刈りし萩の束ね香かろきかな/星野麦丘人

萩を刈ることは手馴れておはしけり/後藤夜半

いくそたび時雨るゝ萩を刈りにけり/岸風三楼

枯萩の西日揺らして刈られけり/阿部みどり女

萩刈つてしばらく置きぬ枯草に/阿部みどり女

萩刈つて夜風がしろくなりにけり/千代田葛彦

萩刈りしゆゑのさびしさのみならず/上林白草居

刈られたき枯萩揺れてみせにけり/鍵和田ゆう子

萩刈りてあるじがなせしごとくする/阿部みどり女

あるものは萩刈日和木瓜の実を二人つみつつ相恋ひにけり/島木赤彦

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ