季語/秋の雲(あきのくも)を使った俳句

「秋の雲」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の雲」について

【表記】秋の雲

【読み方】あきのくも

【ローマ字読み】akinokumo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋雲(しゅううん:shuun)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の雲を含む俳句例

一片の又一塊の秋の雲/上野泰

崑崙の人と筆談秋雲下/下田稔

苅株や水田の上の秋の雲/洒堂

珍しき山容ち旅秋の雲/上野泰

待宵や流浪の上の秋の雲/惟然

秋雲やいよいよ遠き末弟子/林翔

山荘の鏡に移る秋の雲/松本澄江

灰色をふくみ大塊秋の雲/上野泰

脱帽の浅間や秋の雲離す/渋谷道

今朝秋の雲の影あり築地川/梓月

校庭の土俵均され秋の雲/塩谷康子

秋の雲尾上の薄見ゆるなり/泉鏡花

校塔の時問は古し秋の雲/小川軽舟

閉店の昨を船出の秋雲に/久米正雄

栄転も母には別離秋の雲/中村稔子

夕空の秋雲映ゆる八重葎/飯田蛇笏

教官の帽子の上や秋の雲/内田百間

秋雲や庇曲りし診療所/瀧澤伊代次

徒らに古塔ぞ聳ゆ秋の雲/臼田亜浪

王陵に牛を放つや秋の雲/三好達治

俳句例:21句目~

桑畑に綿の白さの秋の雲/細見綾子

時計台白し秋雲尚白し/佐藤夫雨子

あら海や波をはなれて秋の雲/暁台

深山木や斧に湿ふ秋の雲/尾崎紅葉

雪線の十字架かなし秋の雲/有働亨

秋雲や釣人によき礁伸び/宮津昭彦

鉄棒の少年見てる秋の雲/大西健司

逃るため登る鉄階秋の雲/対馬康子

秋雲と索道天にやすみなき/瀧春一

秋雲を浮かべ美ケ原といふ/轡田進

秋雲の厚きところは山に触る/篠原

竹林を出て洛北の秋の雲/佐藤光風

秋の雲担いて王位継承者/対馬康子

ねばりなき空に走るや秋の雲/丈草

秋の雲峡の吊橋渡りけり/八十島稔

丘に住んで秋雲長き晝寝哉/内田百間

係累のある旅秋雲追ふ秋雲/香西照雄

秋の雲杣木の棚のみづみづし/瀧春一

秋の雲浮かべてやがて厨水/吉屋信子

窓あけば家よろこびぬ秋の雲/小澤實

俳句例:41句目~

峡中に入る秋雲の一片と/上田五千石

峰の松秋雲掠め掠めゆく/鈴鹿野風呂

二色の絵具に足るや秋の雲/黒柳召波

逝く秋の雲翔りたり五稜郭/佐藤春夫

枕出せ裏屋にまはる秋の雲/内藤丈草

梨棚の上へ秋雲ひりごり来/関夫久子

引汐や蘆間にうごく秋の雲/永井荷風

松の幹人を倚らしむ秋の雲/山口青邨

秋雲の下に広ごる沃野かな/西村和子

秋雲の凝り上京の意の如し/杉山岳陽

秋雲の白き見つづけ部屋くらし/篠原

秋雲は老の心にさも似たり/高浜虚子

秋雲やふるさとで売る同人誌/大串章

秋雲や羅天ラをわたるなる/尾崎迷堂

夜の秋の雲たむろして馴れし町/雅人

秋雲を縫う岩燕見えそめぬ/飯田蛇笏

今はたゞ敵機仰がむ秋の雲/深田久彌

苅かぶや水田の上の秋の雲/浜田酒堂

凩のまじりて吹くか秋の雲/中村史邦

すい~と流れて早し秋の雲/幸田露伴

俳句例:61句目~

吉野気の離れて白し秋の雲/上島鬼貫

水禍田の一望の黄に秋の雲/宮武寒々

炭竃のみな煙りをり秋の雲/前田普羅

目路の果青田の果の秋の雲/原コウ子

石に踞し仰で秋の雲を見る/寺田寅彦

秋の雲一刷き利根の大曲り/加藤耕子

網干唄の浦山つゞき秋の雲/中川四明

秋の雲大仏の上に結び解け/高浜虚子

秋の雲奥の大湖を今見たり/大森桐明

秋の雲故宮の空に放たるる/西村和子

噴煙はゆるく秋雲すみやかに/橋本鶏二

山国へ秋雲も歩を早むかな/冨田みのる

岩に坐せば秋雲膝に平らなり/内藤吐天

日の入りしあとに秋雲むらがれる/篠原

猿あそぶ嶽の秋雲きえゆけり/飯田蛇笏

虹如す秋雲二点白きは白鳩か/香西照雄

秋雲や昼寝の友のとかさぬ髪/古沢太穂

一族と弟子残し逝く秋の雲/柴田白葉女

日蝕せんとして秋の雲黄なり/寺田寅彦

稚児隼の帰巣や秋雲より一気/奈良文夫

俳句例:81句目~

秋の雲ピント硝子に映りけり/籾山庭後

秋雲離々赤牛を汝が墓標とす/岡田日郎

雌阿寒の噴く秋雲は赭きかな/久米正雄

停りてほぐれつつあり秋の雲/高野素十

秋の雲太虚の風に乗りにけり/日野草城

少しづつゐざる景色や秋の雲/村上鬼城

秋雲は空の溜息かも知れず/後藤比奈夫

秋雲の移りや藪に小さき墓/松根東洋城

秋雲の地球の円に従へり/阿部みどり女

学僧のすめるまなざし秋の雲/河野静雲

夕富士のかくれゐる空秋の雲/高木晴子

秋の雲歳月はやくながれけり/飯田蛇笏

秋の雲気象の青旗は昏れのこり/井上雪

貌の小さい猫と秋雲国ざかい/中島斌雄

秋の雲立志伝みな家を捨つ/上田五千石

秋の雲雨ならむとして海の上/永井荷風

秋の雲飛天のごとく流れゆく/野村美恵

峰を出てそこら遊ぶや秋の雲/立花北枝

昇れば昇る程富士高し秋の雲/高濱年尾

糸巻きに母の色あり秋の雲/長谷川秋子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ