季語/秋の暮(あきのくれ)を使った俳句

俳句例:201句目~

喪服着て越す踏切の秋の暮/池田秀水

秋の暮家路はいつも坂上り/山田弘子

落し物糸瓜一本秋のくれ/百合山羽公

桟橋に打返す浪や秋の暮/大場白水郎

天水に炊ぎ火を燃す秋の暮/福田蓼汀

あちらむきに鴫も立たり秋の暮/蕪村

煙出しより煙出て秋の暮/片山由美子

地をすりて戻る巻尺秋の暮/木内彰志

横町へ曲るすなはち秋の暮/草間時彦

遅れゆく一羽必死よ秋の暮/高澤良一

いつのまに橋をわたりし秋の暮/杞陽

秋の暮大きな貌の牛に遇ふ/児玉南草

古町の路くさぐさや秋の暮/芝不器男

秋の暮原稿用紙切らしけり/石川桂郎

子の恩をひしと妻いふ秋の暮/上村占

秋の暮力を出して母を訪ふ/永田耕衣

潮騒のしみ入る森の秋の暮/松村蒼石

此の柿は核一つなり秋の暮/会津八一

子規庵の暮秋の畳明りかな/高澤良一

悲しめば瀬も号泣す秋の暮/福田蓼汀

俳句例:221句目~

秋の暮何も思はぬ淋しさよ/籾山柑子

近すぎて自分が見えぬ秋の暮/岡本眸

学校の鶏鳴いてゐる秋の暮/辻田克巳

秋の暮川の向ふに子守歌/秋元不死男

えいやつと活た所が秋の暮/小林一茶

家売た金なくなりぬ秋の暮/五車反古

転生の犬/猫の瞳や秋の暮/安東次男

寄席出でて方向音痴秋の暮/辻田克巳

赭き岳野に遺されつ秋の暮/相馬遷子

海峡を歩くほかなし秋の暮/和田悟朗

対岸に牛が背を張る秋の暮/野澤節子

死にもせぬ旅寝の果てよ秋の暮/芭蕉

淋しさに二通りあり秋の暮/三橋敏雄

かげ口は男子に多し秋の暮/加藤郁乎

かれ枝に烏のとまりけり秋の暮/芭蕉

秋の暮一人旅とて嫌はるる/夏目漱石

燃え立ちて竃火親し秋の暮/松村蒼石

がまぐちに狸化けたり秋の暮/龍岡晋

山の童の遊びは何ぞ秋の暮/角川春樹

水音を踏んで歩くや秋の暮/草間時彦

俳句例:241句目~

癌の妻より遠き声出づ秋の暮/斎藤玄

山越えて目がしら熱し秋の暮/齋藤玄

山門をぎいと鎖すや秋の暮/正岡子規

岡釣りの後すがたや秋の暮/榎本其角

秋のくれ屋根に烏の評議哉/正岡子規

峠道見えゐて消ゆる秋の暮/小林康治

谿とざす葛の光や秋の暮/佐野青陽人

西方に浄土の富士や秋の暮/渡辺水巴

さかしまに泣顔のある秋の暮/岸田稚

我をしたふ女やはある秋のくれ/蕪村

巌消えし巌のありどや秋の暮/岸田稚

痙攣て何がなにやら秋の暮/石原八束

水に触れ一鳥ひかる秋の暮/舘岡沙緻

西天に引かれて歩む秋の暮/相馬遷子

巻つくす枕絵甘し秋のくれ/立花北枝

表札は松永とあり秋の暮/鈴木しげを

我庵は隣もちけり秋のくれ/角田竹冷

火をもつて分くる闘犬秋の暮/下田稔

磯の井の覗けば深し秋の暮/酒井美幸

甲斐駒に日の没りてすぐ秋の暮/遷子

俳句例:261句目~

猫も手に頤のせてをり秋の暮/森澄雄

硬球を打つ青年の秋の暮/鈴木六林男

石棺の朱におどろくや秋の暮/飴山實

木の下に下駄脱いである秋の暮/敏雄

行く水に小鍋沈みて秋の暮/藤野古白

灯さず最後の部屋の秋の暮/福田蓼汀

用のない老人がゐて秋の暮/草間時彦

石塀を三たび曲れば秋の暮/三橋敏雄

石二つ相寄るごとし秋のくれ/原石鼎

後から猫が鳴きけり秋の暮/中川四明

蚊の声の誰尋ねてか秋の暮/横井也有

石の影石にをさまる秋の暮/矢島渚男

産室の牛がものいふ秋の暮/相馬遷子

蒼空や桑くゞりゆく秋の暮/渡辺水巴

道に出て饅頭を売る秋の暮/橋本榮治

手で拭う口のあたりの秋の暮/徳弘純

灯を点けて顔驚きぬ秋の暮/小川軽舟

重荷負ひ山路急ぐか秋の暮/福田蓼汀

沈黙の臓器いづこも秋の暮/高澤晶子

鈍色の淡海のうみや秋の暮/石塚友二

俳句例:281句目~

手を打ちて己嘲る秋のくれ/竹本健司

なわとびの打擲つづく秋の暮/的野雄

門に立てば葬禮通る秋の暮/寺田寅彦

色落ちの母親を抱く秋の暮/桑原三郎

舟待て背戸もさゝれず秋のくれ/一鼠

門出でて十歩すなはち秋の暮/安住敦

秋の暮大魚の骨を海が引く/西東三鬼

門川に得てし小漁や秋の暮/芝不器男

膝抱いて顔もてあます秋の暮/岡本眸

限りある命のひまや秋の暮/蕪村遺稿

雨上る地明りさして秋の暮/鈴木花蓑

看経や鉦はやめたる秋の暮/正岡子規

雲の中すこし雲燃ゆ秋の暮/山口青邨

電柱のありて人住む秋の暮/奥坂まや

考へて泣いて疲れて秋の暮/森田愛子

青空に指で字をかく秋の暮/小林一茶

青空の光つてゐたる秋の暮/千葉皓史

美声少し子守に使ふ秋の暮/増山美島

紅燈に水惹かれゆく秋の暮/澤田緑生

頬杖のとけずなりをり秋の暮/齋藤玄

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ