季語/秋の蝉(あきのせみ)を使った俳句

「秋の蝉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の蝉」について

【表記】秋の蝉

【読み方】あきのせみ

【ローマ字読み】akinosemi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・残る蝉(のこるせみ:nokorusemi)

・秋蝉(しゅうせん:shusen___)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の蝉を含む俳句例

秋の蝉川の終りの赤き潮/中拓夫

慧光照無量無量と秋の蝉/原天明

七盛の墓に集る秋の蝉/佐藤紫水

秋蝉や川の終りの赤き潮/中拓夫

秋蝉や征服少女焦げ臭し/岸田稚

電柱の影の細りし秋の蝉/森重昭

秋蝉に渦潮迅し壇の浦/赤堀五百里

喪の幕の端に風ある秋の蝉/岡本眸

学校へ来ない少年秋の蝉/藺草慶子

秋蝉の大樹の下に埋葬す/塚原麦生

秋蝉の己がこゑに躓きぬ/神田如耕

林帯にすわる瑞牆秋の蝉/飯田蛇笏

秋蝉のいりつく様に鳴く時ぞ/山店

秋蝉の穴あり蠣崎波響墓/西本一都

秋蝉や岩を祀りて幣白く/山西雅子

秋の蝉なげきの森を抱きけり/調和

ぬけ殻に並びて死ぬる秋の蝉/丈草

秋の蝉老年壺に生ひ繁る/三橋鷹女

秋の蝉藤樹脱藩像に泣く/西本一都

萱堂に雨声鐘声秋の蝉/百合山羽公

俳句例:21句目~

秋蝉や検温計を抱き眠る/巌谷小波

秋蝉や槐多の裸僧真赤なり/原田喬

秋蝉や温泉プール朝雨す/石原舟月

遠き樹に眩しさのこる秋の蝉/林翔

遠照りに赤松の幹秋の蝉/西村公鳳

学校に来ない少年秋の蝉/蘭草慶子

秋蝉に墨痕著るき掛色紙/飯田蛇笏

秋蝉の声の戻りし水の上/千葉皓史

君が頬に離愁ひらめく秋の蝉/林翔

かぶされる南大門に残る蝉/高澤良一

風吹けば風の声とも秋の蝉/井阪月子

秋蝉の声の図太き鞍馬かな/長倉閑山

神木にすがる他なき秋の蝉/寺岡捷子

磧湯の思はぬ熱さ秋の蝉/鳥越すみこ

秋蝉の声澄む雨後や永平寺/宮下杏華

秋蝉の煩悩幹を這ひのぼる/田中政子

風に来て鳴けり湖畔の秋の蝉/及川貞

地はもと天なり秋の蝉の穴/三橋敏雄

松籟に秋蝉とわが心気のみ/石塚友二

秋蝉の遠く蔵書を死蔵して/高澤良一

俳句例:41句目~

雷に音をひそめたる秋の蝉/高浜虚子

避難者のうと~仰ぐ秋の蝉/渡辺水巴

白樺に鳴く秋蝉も日高き中/福田蓼汀

仰のけに落ちて鳴きけり秋の蝉/一茶

相会うて虚子好き同士秋の蝉/辻桃子

秋蝉も絶えたる木立煉瓦館/大野林火

秋蝉として一日を長びかす/高澤良一

朝日より夕日親しく秋の蝉/飯田蛇笏

地はもと天なり秋の蝉の穴/三橋敏雄

腹へりて銭無き旅や秋の蝉/中野三允

嵩もなく病人眠る秋の蝉/今井つる女

群像は黙せり秋の蝉かすか/福田蓼汀

秋の蝉滝の全身なめらかに/杉崎泰子

秋蝉や卓にちらばる刺繍糸/野澤節子

秋の蝉松根に斧入れしまゝ/川崎展宏

秋蝉や島に古りたる神楽面/荒川優子

秋の蝉我はも何に口ごもる/行方克巳

秋蝉のこゑの器か空濠は/小檜山繁子

秋蝉のこゑ澄み透り幾山河/加藤秋邨

秋蝉や松影に富む池畔亭/下村ひろし

俳句例:61句目~

山坊は雲居に秋の蝉幽し/小松崎爽青

秋の蝉七転八倒の怨み買う/和田幸司

すぐやみし汐先雨や秋の蝉/増田龍雨

鬼てふ現の涯が来てゐる秋の暮/林桂

字足らずのごと黄昏を秋の蝉/石寒太

秋蝉の今生のこゑ炎なす/高山あさ江

秋蝉や車にちらばる刺繍絲/野沢節子

秋の蝉だらうか風の音だらうか/蔦三郎

秋の蝉つかのま鳴きて渓昃る/福田蓼汀

秋の蝉ともしく大嶺雲がくる/飯田蛇笏

ねぎらはれをり秋蝉の声の中/中村汀女

秋の蝉二三の筆を洗ひけり/藤田あけ烏

秋の蝉四人の一人呼びながら/栗林千津

わが膝の手錠両手に鳴く秋蝉/橋本夢道

暮れ残る蝉に墓山下りけり/金尾梅の門

淋しやわれ間髪を秋蝉鳴けり/阿部完市

熊谷に聞く秋蝉となりにけり/石田波郷

父の死後秋蝉声を佳くしたり/萩原麦草

百畳敷まづ秋蝉の入り来たり/松井恭子

秋の蝉帝国ホテルに待たされて/岸田稚

俳句例:81句目~

秋の蝉彌撒の前奏つとめけり/朝倉和江

秋の蝉読まざりし書と退院す/桜井博道

腹を枝にしかとあて鳴く秋の蝉/原月舟

秋蝉に日暑く茘子あからみぬ/石原舟月

秋蝉に榧搾めらるる如くなり/下村槐太

秋蝉に茘枝日暑くあからみぬ/石原舟月

詰られてゐて髪痒し秋の蝉/鈴木真砂女

転げ墜つところが墳や秋の蝉/高澤良一

秋蝉に鳴かれてのぼる菩提梯/飯田蛇笏

秋蝉のあかるみ向いて唖かな/室生犀星

合掌の手の冷やかに秋の蝉/米沢吾亦紅

秋蝉のなきしづみたる雲の中/飯田蛇笏

ひしがれし思ひを秋の蝉鳴けり/瀧春一

ただあたたかき真中に秋の蝉/金田咲子

秋蝉のひりりと榧を離れざる/高澤良一

秋蝉の一縷のこゑの入水かな/野澤節子

秋蝉の壁成すごとし風絶えき/高澤良一

秋蝉の声もろともに母葬る/成瀬桜桃子

秋蝉の声を限りに他郷の地/村野鶴諒子

秋蝉の茨に鳴くや姉の家/長谷川零餘子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ