季語/葛掘る(くずほる)を使った俳句

「葛掘る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「葛掘る」について

【表記】葛掘る

【読み方】くずほる

【ローマ字読み】kuzuhoru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・葛引く(くずひく:kuzuhiku)

・葛根掘る(くずねほる:kuzunehoru)

季節による分類

・「く」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

葛掘るを含む俳句例

嶺を落つ水のしろがね葛根掘/中拓夫

葛掘と越ゆる風雨の狛峠/河北余枝子

葛掘に吉野古道ほそりつゝ/山下豊水

金剛の昏みまとひて葛根掘/藤野智弘

後山に葛引きあそぶ五月晴/飯田蛇笏

葛引くや朽ちて落ちたる山筧/原石鼎

首塚の葛の葉引けば山動く/古館曹人

葛掘られ秋ふかみゆく吉野山/伊東宏晃

葛根掘雪の戻りとなりにけり/上村佳与

雲深き宇陀へ下りゆく葛根掘/高橋北斗

山の秋葛蔓引けば引きかへす/皆吉爽雨

掃苔や引けども切れぬ葛の蔓/遠藤梧逸

岨の葛掘りとめどなく土降らす/山下豊水

葛根掘る隠国に雲こもるかな/松崎鉄之介

引きて見む葛の花咲く蔓いづれ/皆吉爽雨

引き残すところどころの葛の花/綾部仁喜

葛の花引くは深山の母を引く/金箱戈止夫

葛の葉や膝のあたりで引き返す/五島高資

いでたちは杣にもあらず葛根掘/津川芸無子

うごめいてゐる葛掘の影となる/鷲谷七菜子

俳句例:21句目~

修羅落しはるかにかゝる葛を掘る/栗原米作

刃こぼれの鍬かつぎゆく葛根掘り/高村俊子

山ひとつ掘りつくさるる葛の花/大木あまり

山冷えや葛の根を掘る国栖の奥/佐久間龍花

葛掘るはたたかひに似て吉野人/加藤知世子

葛掘るや山をはなるゝ根なし雲/藤田あけ烏

葛掘れば荒宅まぼろしの中にあり/赤尾兜子

花もろとも葛引きおろす神の杉/青柳志解樹

葛垂れて吾子がをらねば我が引く/加藤楸邨

山羊の子にやらんと引きて葛咲ける/皆吉爽雨

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ