季語/秋時雨(あきしぐれ)を使った俳句

「秋時雨」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋時雨」について

【表記】秋時雨

【読み方】あきしぐれ

【ローマ字読み】akishigure

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

秋時雨を含む俳句例

何色の暗き一色秋時雨/斎藤玄

日光に泣虫山や秋時雨/山口青邨

濁流の瀬波頭に秋時雨/福田蓼汀

勤めより夜の勤めへ秋時雨/林翔

御漁場の鮎網舟や秋時雨/石川桂郎

心身の心の衰へ秋時雨/長屋せい子

花の香の朝市を抜け秋時雨/村田脩

悲しくも美し松の秋時雨/鈴木花蓑

一人旅窓に灯火と秋時雨/落合冬至

秋時雨返さぬままの男傘/谷口桂子

二条晴四条烏丸秋時雨/稲畑廣太郎

竹売つて酒手にわびん秋時雨/北枝

犬にのみ許す心や秋時雨/草間時彦

君が居や楢山負うて秋時雨/瀧春一

峰寺の夜の明けゆく秋時雨/星野椿

御像の鉄より黒し秋時雨/沢木欣一

あはき灯の紙漉工房秋時雨/緑川啓子

秋時雨ありしをとどめ石畳/稲畑汀子

秋時雨ぼそ~寒し楽しまず/富安風生

秋時雨床きしませて異人館/福原実砂

俳句例:21句目~

秋時雨言葉を拒む背中かな/谷口桂子

竹の秋時雨亭とは石ばかり/行方克巳

佛縁のごと人と遇ふ秋時雨/青木重行

借り傘や松江大橋秋時雨/松根東洋城

繭倉を残す丸子の秋時雨/松崎鉄之介

もののはづみの声叱す秋時雨/石川桂郎

やがて来るものの前奏秋時雨/猪子青芽

秋時雨女ばかりの客入り来/鈴木真砂女

秋時雨昨日に似たる昼過ぎに/細見綾子

秋時雨煙るコタンの幾笹屋/金箱戈止夫

秋時雨みちのく老舗蔵づくり/福田蓼汀

空井戸あり人の匂ひの秋時雨/栗林千津

秋時雨傘をたたみて二た三言/稲畑汀子

怒濤よりほかに音なし秋時雨/中村汀女

荷をかゞる真田紐なる秋時雨/久米正雄

虹二つかゝりし耶馬の秋時雨/野川枯木

買はで来し紮染をしむ秋時雨/田中英子

さびしさや那須笹山の秋時雨/大場白水郎

マッチなき暮しいつより秋時雨/橋本榮治

事故の子へ着替へ届ける秋時雨/寺岡捷子

俳句例:41句目~

秋時雨かくて寒さのまさり行く/高浜虚子

秋時雨忽ちにして松濡れし/長谷川かな女

秋時雨時雨ノ亭は無かりけり/松根東洋城

秋時雨柴をかざしの気安さよ/大須賀乙字

日矢こぼしゆける迅さに秋時雨/稲畑汀子

秋時雨音して来たり手向山/長谷川かな女

秋時雨ゴリ網にさゞれ流れ入る/高田蝶衣

秋時雨終焉の地をここと決めん/福田蓼汀

出てゆきし湖舟を追うて秋時雨/松本たかし

洞爺湖のいつもどこかに秋時雨/市の瀬尺水

鶴ばかり折つて子とゐる秋時雨/文挟夫佐恵

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ