季語/曼珠沙華(まんじゅしゃげ)を使った俳句

「曼珠沙華」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「曼珠沙華」について

【表記】曼珠沙華

【読み方】まんじゅしゃげ

【ローマ字読み】manjushage

子季語・関連季語・傍題・類語など

・彼岸花(ひがんばな:higambana)

・死人花(しびとばな:shibitobana)

・幽霊花(ゆうれいばな:yureibana)

・捨子花(すてごばな:sutegobana)

・狐花(きつねばな:kitsunebana)

・三昧花(さんまいばな:sammaibana)

・したまがり(したまがり:shitamagari)

・まんじゅさげ(まんじゅさげ:manjusage)

季節による分類

・「ま」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

曼珠沙華を含む俳句例

曼珠沙華捨犬の脚休まずに/原裕

曼珠沙華一村一寺一如来/河村昇

地の霊の鬨一斉に曼珠沙華/原柯城

古戦場昼の篝と曼珠沙華/福田蓼汀

長雨に火力衰ふ曼珠沙華/高澤良一

仏心の疑わしくて彼岸花/和田悟朗

西国の畦曼珠沙華曼珠沙華/森澄雄

裸にて焔と化すや曼珠沙華/中勘助

この畦は仏の通る曼珠沙華/宮本澄

空中に回転扉曼珠沙華/磯貝碧蹄館

体内に水流れをり曼珠沙華/小島健

曼珠沙華男の鋭鎌潔し/殿村莵絲子

石卓の雨滴長柄の曼珠沙華/上村占

生國や冬真青な曼珠沙華/柿本多映

宿外れ一本咲きの彼岸花/高澤良一

山麓声なくて初曼珠沙華/岡井省二

川の中の一水脈や曼珠沙華/中拓夫

燕みな海に送りぬ曼珠沙華/森澄雄

抜刀隊の上陸近し曼珠沙華/仁平勝

彼岸花は紅笄や尼寺の跡/高井北杜

俳句例:21句目~

燃え殻の夕雲を置く曼珠沙華/原裕

彼岸花中の莟を囲み老い/高木晴子

彼岸花莟ばかりのお仏壇/高澤良一

満潮の海動きをり曼珠沙華/中拓夫

春なれや猛き緑は彼岸花/岩田由美

殉教の島の光の曼珠沙華/青木重行

曼珠沙華絶叫しては遠ざかる/岸田稚

踏切があれば必ず曼珠沙華/原田青児

もの乞ひの唇赤し曼珠沙華/岩田昌寿

曼珠沙華南河内の明るさよ/日野草城

曼珠沙華吉凶共に黒衣着て/田中政子

空堀に人ゐて曼珠沙華日和/鈴木鷹夫

まんじゆさげ百万本の茎襖/高澤良一

曼珠沙華鮮人穴居せる如く/久米正雄

黒々とうしろ立山曼珠沙華/山路紀子

さらに一歩傾けば捨身彼岸花/竹中宏

黄道や白道や葉の曼珠沙華/池田澄子

曼珠沙華蕊奔放をこころざす/石嶌岳

魂の炎か魄の炎か曼珠沙華/赤井淳子

夭折の兄妬ましき曼珠沙華/金森三猪

俳句例:41句目~

駈けり来し大烏蝶曼珠沙華/高浜虚子

船長の肺活量や曼珠沙華/大木あまり

曼珠沙華闇に描かば地獄変/福田蓼汀

空事の紅もまじりて曼珠沙華/斎藤玄

老人に観念の海曼珠沙華/田川飛旅子

蛇穴に入る時曼珠沙華赤し/正岡子規

蛇わたる野川の岸や曼珠沙華/中勘助

初鵙の一と鳴きに群れ曼珠沙華/原裕

咲く前の姿幼し曼珠沙華/古賀まり子

曼珠沙華蕊反り勁き古戦場/加藤水万

曼珠沙華大川に橋突と見ゆ/松村蒼石

縄文の土器を抱けば彼岸花/大西泰世

曼珠沙華遠い処を逍遥す/百合山羽公

童らの鞄がさわぐ曼珠沙華/津田清子

曼珠沙華身体髪膚仮のもの/佐藤鬼房

曼珠沙華竹数幹の向ふにて/細川加賀

曼珠沙華突然に咲き天凹む/岸風三樓

曼珠沙華祭の杜に畦つなぎ/茨木和生

秋燕の目に恐ろしき曼珠沙華/原石鼎

曼珠沙華みな山に消え夜の雨/森澄雄

俳句例:61句目~

神奈川県足柄郡の曼珠沙華/池田秀水

青空は山国にのみ曼珠沙華/鷹羽狩行

堤防は叢のステージ曼珠沙華/南/孝

東京も弁慶橋の曼珠沙華/鈴鹿野風呂

曼珠沙華わが満身に罪の傷/木下夕爾

番長の裾長にして曼珠沙華/牧野桂一

大いなる秋の入日や曼珠沙華/原月舟

大江山いく野の路や曼珠沙華/原月舟

大秋と謂ひ早世す曼珠沙華/飯田蛇笏

男打つ鞭にと曼珠沙華の茎/三好潤子

奪衣婆へ千の直立曼珠沙華/山本秋穂

生涯の恋の数ほど曼珠沙華/大西泰世

曼珠沙華前後人なき柳生道/丸山哲郎

曼珠沙華足くび細く女立つ/三好淡紅

理智光寺跡の烏と曼珠沙華/永井龍男

寺坂に海が夕づく曼珠沙華/松村蒼石

寺大破いたる所に曼珠沙華/野村喜舟

曼珠沙華浄土の雲に紅移す/平畑静塔

曼珠沙華巌頭へ出て流人村/松山足羽

曼珠沙華一本見ゆる奥座敷/柿本多映

俳句例:81句目~

青空に無数の傷や曼珠沙華/藤岡筑邨

匂ひなく百姓通る曼珠沙華/梶井枯骨

約束のごと一本の曼珠沙華/細見綾子

川岐れ風別れゆく曼珠沙華/荒井書子

極楽の近道こゝか曼珠沙華/大谷句佛

工場はタオル靴下曼珠沙華/佐藤春夫

平服の医師に薬臭曼珠沙華/奈良文夫

年々に見て刻々の曼珠沙華/吉野義子

父倒れし今年の庭に曼珠沙華/下田稔

彼岸花にも芋虫の這ひ移る/岸本尚毅

休耕や野の墓聚む曼珠沙華/河野南畦

曼珠沙華約稿旅の身を縛り/藤田湘子

一面に祖霊一面の曼珠沙華/森尾雀子

遠くから妻の墓見え彼岸花/鶴原虎児

彼岸花も夜泣石も雨に濡れ/田中冬二

照どしの土を荒しと彼岸花/松村蒼石

半開の洋傘のすそ曼珠沙華/羽部洞然

彼岸花傷つきやすき空の紺/菖蒲あや

彼岸花彼岸の色を薄めけり/高澤良一

曼珠沙華沼に月光ひろがりぬ/中田剛

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ