季語/木槿(むくげ)を使った俳句

「木槿」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「木槿」について

【表記】木槿

【読み方】むくげ

【ローマ字読み】mukuge

子季語・関連季語・傍題・類語など

・木槿垣(むくげがき:mukugegaki)

・白木槿(しろむくげ:shiromukuge)

・紅木槿(べにむくげ:benimukuge)

・花木槿(はなむくげ:hanamukuge)

・きはちす(きはちす:kihachisu)

季節による分類

・「む」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

木槿を含む俳句例

花木槿北岩倉の一番戸/船山

発心の人見送るや木槿垣/路曳

盲児の端居淋しき木槿哉/白雄

木槿咲く籬の上の南部富士/青邨

花木槿美作に来て汗白し/森澄雄

木槿にも松にも露の一夜哉/米園

花木槿裸童のかざし哉/松尾芭蕉

木槿垣本所区を野へ出る処/子規

朝井汲む妻も木槿も露の中/麦南

朝皃にうすきゆかりの木槿/蕪村

忽然と迂闊の道に花木槿/斎藤玄

繩ふしの猶気結りや木槿垣/芦角

この窓に雨美しき白木槿/吉屋信子

白木槿うかべて野路の月いまだ/翔

尻腐る畑の籃や花木槿/石島雉子郎

残酷に少年老ゆる花木槿/稲野博明

底紅や物の怪のたつ髪の宮/松本進

町角に咲く白木槿一之町/毛塚静枝

鬼貫の町木槿から木犀へ/伊丹公子

鎌倉の辻の多さよ木槿垣/星野立子

俳句例:21句目~

木槿咲く朝を疾走救急車/高澤良一

生垣にはさまれてさく木槿哉/正白

帷子の置き洗濯や木槿垣/中村史邦

物洗ふ音や木槿の垣の内/寺田寅彦

西国の山々ゆるぶ花木槿/村沢夏風

藪入や皆見覚えの木槿垣/正岡子規

金沢に残る迷路や花木槿/向井清子

墓地越しに街裏見ゆる花木槿/木歩

無造作に重ね盛装白木槿/香西照雄

涙かと思ふ木槿の雫かな/仙田洋子

小包は木槿挿木の棒ばかり/飴山實

宗祗忌や旅の残花の白木槿/森澄雄

片時の木槿揺るれば秋の風/斎藤玄

一日のまた夕暮や花木槿/山西雅子

夕暮の一本道の木槿かな/小川軽舟

一日一章一花一日白木槿/吉野義子

花木槿戸山ケ原にほとり住/原月舟

白木槿芯まで白し加賀女/沢木欣一

二日咲く木槿となりて朝寒し/暁台

掛花の宗旦木槿蕊つつむ/伊藤敬子

俳句例:41句目~

水の面の雨脚せつに白木槿/岸田稚

白木槿朝日が蘂にすべりこみ/林翔

今年また同じ所に白木槿/瀧井孝作

実朝の海を南に白木槿/大木あまり

朝顔にうすきゆかりの木槿哉/蕪村

木槿たる証拠の花よ月日長し/耕衣

木槿垣萩の花垣むかひあひ/泉鏡花

人呼べば風にのる聲白木槿/渋谷道

白木槿下京に足損ねけり/山本洋子

弔問や門辺の木槿白極め/大橋敦子

鯉幟夕ベたれけり木槿垣/飯田蛇笏

尻ながき客に木槿の露けさよ/間石

催眠の花を百とす白木槿/松山足羽

白木槿言葉短く別れけり/石井露月

遠泳あと海ふりかへる白木槿/中拓夫

針置くや夕日残れる木槿垣/千手和子

日本の虫喰ひ木槿祭司館/加藤かけい

霧籬木槿は花を尽くしけり/西島麦南

食拒み死にゆく母か白木槿/平松鉦重

昼過ぎし蕎麦屋の閑や花木槿/森澄雄

俳句例:61句目~

曲家の籬木槿の咲きみちて/山口青邨

けふの花木槿落ちけり終戦日/及川貞

この街に残る繭の香白木槿/木村蕪城

高野へと心急かるゝ白木槿/川崎展宏

書屑出し農婦が投書花木槿/香西照雄

せせなぎの端とり廻す木槿かな/貝寿

月今宵木槿は木槿出づるなく/齋藤玄

落つる音白し深夜の花木槿/林原耒井

町中や雨やんでゐる白木槿/松村蒼石

生ひ立ちの底紅木槿婚近し/伊藤敬子

照る雲と降る雲の間の白木槿/渋谷道

泳ぎ道木槿漸く花を終ふ/鈴鹿野風呂

一日を今生として底紅も/後藤比奈夫

夕風の息の継穂の白木槿/望月たかし

亡き父の剃刀借りぬ白木槿/福田蓼汀

木槿垣人も通らぬ小道かな/子規句集

木槿咲て里の社の普請かな/子規句集

木槿咲く頃はいつもの旅心/西村和子

僧若し頭に木槿から来た蚊/金子兜太

北国の日の衰へし花木槿/青柳志解樹

俳句例:81句目~

厨女が唱歌うたふや花木槿/永井龍男

哀史秘む草生の里の白木槿/伊東宏晃

園丁の得たりと話す木槿垣/武田忠男

地引網すたれし伊勢の木槿垣/上村占

坂本の湖辺伏屋の木槿かな/尾崎迷堂

型染めの伸子一張白木槿/白澤よし子

墓多き小寺の垣や花木槿/河東碧梧桐

木槿咲くや六代御前田越川/尾崎迷堂

家問へば木槿の垣の三軒目/中村楽天

木槿咲かせて木曾人の無愛想/森澄雄

棟上の赤飯とどく夕木槿/石田あき子

山庭にいま抽ん出て白木槿/滝井孝作

山影のさす停車場や木槿垣/滝井孝作

山鳩のこえの靄より白木槿/和知喜八

川音や木槿咲く戸はまだ起きず/北枝

底紅の花に傅く忌日かな/後藤比奈夫

底紅やあすは忘るる怒りとも/関清子

底紅や少女とをりて刻の過ぎ/岸田稚

底紅や黙つてあがる母の家/千葉皓史

潦いくつもありて木槿咲く/館岡沙緻

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ