季語/秋澄む(あきすむ)を使った俳句

俳句例:101句目~

子が無くて夕空澄めり七五三/星野麦丘人

空澄みてまんさく咲くや雪の上/相馬遷子

四万十川底の石まで秋澄める/山本八重子

空澄みて今日焚く塵に菊の屑/古賀まり子

水垢離や女身を秋気つつみつつ/坂上香菜

空澄みて拝むほかなき枯野かな/渡邊水巴

空澄めば世にあらぬ汝をうたがひつ/瀧春一

空澄めば飛んで来て咲くよ曼珠沙華/及川貞

秋澄むや湯釜の濁りとこしへに/水原秋櫻子

秋澄みて若布のにほふ観世音/鍵和田ゆう子

空澄めり穂高は雪をとく待てる/石橋辰之助

ひとの手に足のせて秋澄めるなり/金田咲子

てつぺんの空澄んでゐる焦土寒む/清水基吉

洗はれてコップに秋気響き合ふ/長谷川秋子

秋澄めばカーテン白しわが家なる/中尾白雨

秋澄むや八瀬の山柿つぶらなり/山口みちこ

秋の日に空澄みつゝも暮れて行く/天野聾兎

柿紅葉焚くけむり立ち空澄めり/水原秋櫻子

玻璃戸みな火の山据ゑて秋澄めり/野上水穂

秋澄むやまのあたりなる八ケ岳/五百木飄亭

俳句例:121句目~

明け方の空澄みのこり咲くすもも/渡辺水鶏

振向かれしことを秋気の背に感じぬ/草田男

秋澄むと掌にのる硯買ひにけり/北見さとる

巖の昼餉に綺麗な禿頭秋澄む海/田川飛旅子

空澄みて深まなざしの桔梗咲く/古賀まり子

臥てひとり秋澄む午下を呆けゐる/中尾白雨

ヘリポートある市役所や秋澄めり/後藤真佐子

空澄むをうべなうて野の枯れゆけり/松村蒼石

旅人の眼に酒が秋澄み滲む/青愁/佐竹草迷宮

強東風の空澄みきつてゐたりけり/鈴木真砂女

とある夜は秋澄むいろに金魚玉/五十崎古郷句集

からたちの芽張りし空澄み主婦を忘れ/河野多希女

空澄みて寒きひと日やみづうみの氷の裂くる音ひびくなり/島木赤彦

タイトルとURLをコピーしました