季語/立秋(りっしゅう)を使った俳句

「立秋」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「立秋」について

【表記】立秋

【読み方】りっしゅう

【ローマ字読み】risshu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・今朝の朝(けさのあさ:kesanoasa)

・今日の秋(きょうのあき:kyonoaki)

・秋立つ(あきたつ:akitatsu)

・秋来る(あきくる:akikuru)

・秋さる(あきさる:akisaru)

・秋に入る(あきにいる:akiniiru)

季節による分類

・「り」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

立秋を含む俳句例

暁の雷晴れて今朝の秋/几臺

立秋の雨はや一過朝鏡/汀女

秋立や素湯香しき施藥院/蕪村

蝿取蜘古巣忘む今朝の秋/立詠

立秋の寺昆虫の眼満つ/原田喬

秋たつや小石を掃ふ竹箒/東皐

蝿取蜘古巣忘む今朝の秋/立詠

秋立て柱の蓑の嵐哉/加舎白雄

舷に顔洗ふ人や今朝の秋/瀾水

立秋の水にかげ殖ゆ杉檜/原裕

菅笠を裏返し置く今朝の秋/旭

立秋の心が知つてゐる言葉/汀子

雀きて滴おとせり立秋忌/井上雪

観音に秋立つ朝の水一杯/小澤實

川半ばまで立秋の山の影/桂信子

渋紙の薬袋や今朝の秋/寺田寅彦

水底に青砥が銭や今朝の秋/召波

急ぐ雲急がぬ雲に秋立てり/綾子

秋立つや畳に分つ旅の米/齋藤玄

穂高岳秋立つ空の紺青に/及川貞

俳句例:21句目~

秋立つや一片耿々の志/日野草城

秋立つや素湯香しき施薬院/蕪村

天地の心をわけん今朝の秋/舞閣

立秋の紺落ち付くや伊予絣/漱石

土近く朝顔咲くや今朝の秋/虚子

秋立や雨ふり花のけろ~と/一茶

ひや~と手に秋立や釣瓶縄/也有

けさ秋の一帆生みぬ中の海/石鼎

秋立つや思はぬ山の確と在る/玄

立秋の眼に浮みけり湖の雲/士朗

秋立てり山畑の葱一畝も/小澤實

秋立や木づたふ雨の首筋に/一茶

萩芒草さま~に秋立ちぬ/寺田寅彦

突兀を負ふて札所や今朝の秋/爽波

杉の道秋立つ朴の広青葉/松村蒼石

立秋の大日輪に歩み入る/中川宋淵

立秋や鏡の中に次の部屋/辻田克巳

立秋や納戸に捜る葛根湯/寺田寅彦

秋立つや橋の袂で犬自慢/大塚蓉子

秋立つや何におどろく陰陽師/蕪村

俳句例:41句目~

秋立やおこりの落たやうな空/一茶

立秋や汗ばみて鰹だく男/萩原麦草

指先の影に秋立つ弥勒仏/中村房子

秋立や富士をうしろに旅帰り/鬼貫

立秋の鏡冷き厚みあり/殿村菟絲子

踏脱た足にて着るや今朝の秋/瓢水

洪水の林の星斗秋に入る/飯田蛇笏

桐油合羽ぬぎし心よ今朝の秋/露言

秋立つや紫さめし筑波山/会津八一

立秋の庭石ひそと青蜥蜴/川崎俊子

愛憎を母に放ちて秋に入る/桂信子

秋立つや蜩の鳴く朝の山/松下紫人

引窓や細曳きつたふ今朝の秋/安昌

秋来り魚寄りてくる船の窓/下田稔

手にさはる金の蔓や今朝の秋/斗文

立秋の鏡の中の次の部屋/辻田克巳

口髭の一すぢ白し今朝の秋/森鴎外

秋立つや鑑真和上と雨蛙/角川春樹

秋来る柱の傷を上に見て/柿本多映

沼尻に祭る社や今朝の秋/籾山柑子

俳句例:61句目~

秋立ちぬ土の佛に灯せん/会津八一

けさ秋や瘧の落ちたやうに空/一茶

立秋の鏡の中に風が吹く/橋本寅男

けさ秋や母にさばしる鶉豆/齋藤玄

秋立や風幾たびも聞き直し/千代尼

秋立つと傘の雫を海へ振る/中拓夫

秋たつや何におどろく陰陽師/蕪村

道赤く奥州街道秋立つも/阿部冬樹

微々の秋眇々の秋立ちにけり/瓜人

秋立つと耳に鈴振る海の店/中拓夫

秋立つや富山へ帰る薬売/寺田寅彦

海風に秋立つ島の大鳥居/太田常子

立秋の欅高枝にヘツセ死す/森澄雄

立秋の筏に組まる竹真青/吉野義子

鳥籠や今朝の秋なる水と粟/尾崎迷堂

立秋の麒麟の脚が富士を蹴り/須藤徹

水紋のごとき竹影秋に入る/羽部洞然

秋立つや村正に照る水の色/幸田露伴

水なしの継橋越ぬ今朝の秋/黒柳召波

横河に寝て山越弥陀をけさの秋/青々

俳句例:81句目~

楢紅葉一路在所の秋に入る/中山白峰

松風の畠に落ちて今朝の秋/会津八一

立秋の廂みせたる杣家かな/飯田蛇笏

秋立つや汀の草に鎌をとぐ/寺田寅彦

秋立つや波は波へと戻りゆく/齋藤玄

日南暑し朝を裸で今朝の秋/右城暮石

撃柝に坊の寝覚や今朝の秋/野村泊月

燕も蝉もたしかに秋立ちぬ/塩谷鵜平

立秋の好もしや月望なれば/高濱年尾

白き花赤き花秋立ちにけり/子規句集

うぐひすや翌立秋の嶽の雲/渡邊水巴

草庵や秋立つ雨の聞き心/芥川龍之介

立秋や銀の茶釜の市に出る/寺田寅彦

秋立といふばかりでも足かろし/一茶

飯綱に裾雲翔り今朝の秋/鈴鹿野風呂

庭好も泥鏝を捨てけり今朝の秋/調古

ひと雨のまた笹に鳴る立秋忌/井上雪

雪隠に物落しけり今朝の秋/会津八一

鏡屋の鏡に今朝の秋立ちぬ/尾崎放哉

立秋や一つは白き加賀手鞠/大井雅人

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ