季語/秋澄む(あきすむ)を使った俳句

「秋澄む」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋澄む」について

【表記】秋澄む

【読み方】あきすむ

【ローマ字読み】akisumu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・空澄む(そらすむ:sorasumu)

・物の音澄む(もののねすむ:monononesumu)

・清秋(せいしゅう:seishu)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋澄むを含む俳句例

瀬田川の秋澄む宿の裏表/慶有

高野馬車秋澄む空へ蹄音/碧露

水涼し秋澄む関のかざり鎗/蓼太

秋澄むや合鑑とある関所札/照子

草花帖菓物帖に秋澄めり/辻桃子

歌垣の空澄みまさり初筑波/原裕

鐘一つ打つて秋澄む女身かな/美沙

秋澄むや荒船山頂水流れ/原田清正

秋澄むや橡の木早き実を落す/桐明

一病に快感をよぶ秋気かな/浜明史

縞の帯低めに結び秋澄む日/ハルヱ

淅瀝と第一火口秋気澄む/西本一都

水郷に漕ぐ波に近き秋気かな/素琴

秋澄むや楸邨遺墨雄渾に/伊東宏晃

かづら橋渡れば秋気否冷気/橋本榮治

秋澄むやひろげて銀の舞扇/藤村克明

秋澄むや音を一つに夫婦滝/高橋悦男

秋澄むや紙漉く里の水の音/稲垣一雄

秋澄むや湖のひがしにもぐさ山/澄雄

一笛に秋気澄みゆく野外能/平賀扶人

俳句例:21句目~

一筋に木曾谷をゆく秋気かな/かずや

人かならず仏竜門秋気澄む/河野南畦

秋澄んで銀燃ゆる蜘蛛の糸/石塚友二

空澄めり兵舎の桜あおむまで/三谷昭

秋の空澄たるまゝに日暮れたり/亜洒

胴の葉のかさなる影も秋気かな/流蛍

指圧教室畳広らに秋気充つ/高澤良一

地鎮祭秋気秋爽あらたまる/河野南畦

秋気満つ金閣を出て銀閣へ/高澤良一

秋気澄む伊能忠敬的散歩/佐々木六戈

蜻蛉の空澄みわたる上へ~/高濱年尾

霧晴れて岩場の修羅も秋澄みぬ/吐天

青々と夕空澄みて残暑かな/日野草城

馬の尾の一振りに秋澄みにけり/黛執

宝石は一粒の海秋澄めり/和田耕三郎

屋台倉漆喰秋気帯びゐたり/高澤良一

峡盡きて炭焼く峯の空澄めり/及川貞

秋澄むや山を見回す人の眼も/大串章

秋澄むや天平よりの機の音/宇咲冬男

秋澄むや天上希求埋葬図/文挟夫佐恵

俳句例:41句目~

春慶塗箸買ふ旅の空澄む日/高澤良一

秋澄むやせり上り咲く蔓の花/銑太郎

水枕干して秋澄む田廬かな/宮武寒々

秋澄むや傾きざまに山の空/角川春樹

渡りたる隼の空澄みにけり/稲畑汀子

秋澄むや香取は黒き宮居にて/中村明子

冬瓜の切口にたつ秋気かな/織田烏不関

句心に過ぎし思い出秋澄めり/吉川明子

囃されて赤子の一歩秋澄める/村井光子

好日のわけても杉の空澄む日/石塚友二

秋気澄む外人墓地に汽笛かな/竹内柳影

子規庵に車座となり秋澄める/野田禎男

宗ト亭客まうけして秋気満つ/宮武寒々

松飾り妻は玻璃拭き空澄ます/今村米夫

産土神を村の高みに秋気澄む/川勝ミヨ

白鷺ゆき極月の田居空澄めり/西島麦南

秋澄みて緋鯉は人に親しかり/高橋利雄

秋澄む日さし入りがたし黒部川/秋櫻子

秋澄めるものの一つの土蔵かな/不破博

秋澄める暁雲といふものの紅/飯田蛇笏

俳句例:61句目~

松の実のから~と秋気澄みにけり/翠影

稲架竹の尖の空澄み鳥翔ちし/河野南畦

空澄みて今年もすだち贈る頃/藤江駿吉

空澄みて光り増したる冬銀河/中村仏船

空澄むに大根引のうつろさよ/松村蒼石

秋澄みて一連なりの山のいろ/高澤良一

空腹のここちよきまで秋澄みぬ/森澄雄

恐龍の骨に触れたり秋澄む日/対馬康子

村の空澄み切ってゐて風花す/斉藤友栄

秋澄むや己が声聞く留守電話/山下典子

落葉松に巣箱秋気が湖からも/河野南畦

気多若宮一人憩へば秋気充つ/高澤良一

道のべの掃溜菊も秋澄む日/鈴木しげを

金の鯉泳ぎていよよ秋澄めり/影島智子

山鳥を聴きたし秋気湖へ抜け/河野南畦

門口に研師来てゐる秋気かな/太田昌子

日ひとつに空澄みわたり草の花/中田剛

秋澄むに白杖を身の光りとも/村越化石

頬赤の鈴割れごゑや空澄む日/堀口星眠

熊笹に午後の日のある秋気かな/辻桃子

俳句例:81句目~

馬駆つて分かつ暁光秋気澄む/丹羽啓子

実を仰ぐ榧のその空澄めるかな/及川貞

鳩笛の古墳に吹き寄す秋気配/山下一冬

空澄みて水澄みて比良遥かなり/成宮紫水

眸に稔るものの数々秋澄めり/大岳水一路

秋気澄む露天湯五体浮きたがる/三井静女

空澄めり土にはじけて小豆つぶ/松村蒼石

湯花咲く湯川のうへの空澄めり/高澤良一

秋澄むや偸安紙魚を飼ふごとし/小林康治

秋澄むや古き映画に連れ立ちて/織田耀子

黙契のごと秋澄める石と居り/鷲谷七菜子

秋澄むや問診に亡き父母のこと/中原昭子

秋澄むや天に定まり富士山の丈/松浦孤舟

秋澄むや空映しては閼伽流る/島崎なぎさ

見下して秋澄む湖のえり模様/岡本まち子

交差点のまん中に来て秋澄めり/辻美奈子

秋澄めり百猿の序のおのづから/西本一都

吊つてある薬草の束秋澄みぬ/藤田あけ烏

塔やけふ秋澄みたりし羽黒山/鷲谷七菜子

奥入瀬の水に樹にたつ秋気かな/吉田冬葉

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ