季語/晩稲(おくて)を使った俳句

「晩稲」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「晩稲」について

【表記】晩稲

【読み方】おくて

【ローマ字読み】okute

子季語・関連季語・傍題・類語など

・おく(おく:oku)

・おしね(おしね:oshine)

・室のおしね(むろのおしね:muronoshine)

季節による分類

・「お」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

晩稲を含む俳句例

狼のこの比はやる晩稲かな/支考

晩稲刈雲の端々夕焼けて/橋本榮治

山川の淋しき国や晩稲刈/村山古郷

電燈を一人が持ちて晩稲刈/堤京子

晩稲かぜ蝕月の雨頬に落つ/宮武寒々

巌あれば巌に手をつき晩稲刈/上村占

夕空に身を倒し刈る晩稲かな/零余子

大屋根を風の楯とし晩稲刈/橋本榮治

晩稲田に垂れて信濃の鉛空/草間時彦

枯山の影の来てゐる晩稲刈/草間時彦

晩稲刈る颪のつのる田一枚/石原舟月

一ところ照る曇り日や晩稲刈/及川貞

下校子も加へ一家の晩稲刈/羽吹利夫

大山の雪も間なけむ晩稲刈/石塚友二

水底を風吹いてゐる晩稲刈/岡本高明

湿田の晩稲未だに青かりし/河野伸子

牙立ちて暗き沖見ゆ晩稲刈/皆川白陀

百姓に停年はなし晩稲刈る/中川正太

蒼き喰ひ晩稲を刈りにゆく/本宮哲郎

陰暦八月虹うち仰ぐ晩稲守/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

山よりの風の硬さや晩稲刈る/飯村周子

晩稲刈り急ぐ宵々の星あまた/山名菅村

峠ゆく雲が晩稲の黄に馴染む/田中青濤

晩稲扱く心胆あつき老ならん/成田千空

念仏にはげまされつゝ晩稲刈る/林正之

晩稲刈るかたへを河の急ぎをり/長谷岳

憩ふなる鎌稲架に刺し晩稲刈/皆吉爽雨

晩稲刈るひとりを峡の雨景色/草間時彦

月照らす勤め了へての晩稲刈/沼澤石次

山に火の見えて晩稲の孕む闇/西村公鳳

榛の木に晩稲掛けたり道の端/正岡子規

晩稲田の色濃き雨に故郷あり/宮津昭彦

泥と血で結ばる晩稲田の兄弟/齋藤愼爾

浪白き日や晩稲刈はかどれる/宮津昭彦

晩稲刈る誰も齢に追はれゐて/本多静江

さっぱりと晩稲も刈られ残る畦/及川貞

晩稲刈かたへに雀あそばせつ/加藤楸邨

刈る程に山風のたつ晩稲かな/飯田蛇笏

夕されば馬帰り来る晩稲かな/角川春樹

藁傷の皸となりつゝ晩稲刈る/立川史朗

俳句例:41句目~

蝗飛んで日に~稔る晩稲かな/高浜虚子

姨捨に晩稲を刈りて畳みおく/古舘曹人

雨吸ひし築地にそヘる晩稲刈/下村槐太

山の空夕澄む晩稲刈り急ぐ/金子伊昔紅

霧卍木曾の谷間の晩稲刈り/加藤知世子

風の音ばかり峡田の晩稲刈/柴崎久太郎

鵙鳴くや晩稲掛けたる大師道/子規句集

愛鷹の裾ひき映ゆれ晩稲刈/長谷川かな女

早稲は黄に晩稲は青し能登に入る/森澄雄

晩稲刈る一人が低き日に泛ぶ/千代田葛彦

晩稲刈る一隅つよき火を焚けり/成田千空

晩稲刈る思ひがけなき日和かな/山本洋子

田の端の芦も晩稲も刈られけり/水谷晴光

晩稲刈る新婦の頭上あたたかし/飯田龍太

細りつつ日ぐれ晩稲田薬師みち/古沢太穂

耶馬渓の岩に干しある晩稲かな/杉田久女

脛に立つ水田の晩稲刈る日かな/子規句集

晩稲刈る日は雲上に在りとのみ/木下夕爾

晩稲苅るこつくりとした日影中/久米正雄

晩稲田や畦間の水の澄みきりて/飯田蛇笏

俳句例:61句目~

暴風雨くる夜の人ごゑは晩稲刈/加藤楸邨

月いでて早稲も晩稲もなくなりぬ/彷徨子

あらしくる夜の人ごゑは晩稲刈/加藤楸邨

こゝよりや備中にして晩稲刈る/青戸暁天

刈るほどに山風のたつ晩稲かな/飯田蛇笏

山風にゆられゆらるゝ晩稲かな/飯田蛇笏

ひとつ家を出でしが晩稲刈となる/皆吉爽雨

横降りの木曾の晩稲は人も来ず/大峯あきら

鶴来ると早稲も晩稲も熟れいそぐ/邊見京子

ルオーの王のごとき農夫や晩稲刈/草間時彦

片頬なる日のやはらかに晩稲刈/軽部烏帽子

晩稲刈真赤なものを置きにけり/大峯あきら

晩稲架けて風雨の秋をつくしけり/石原舟月

橋に架け木にかけ晩稲刈りいそぐ/篠田悌二郎

晩稲田に音のかそけき夜の雨/五十崎古郷句集

くわんのんを裏より拝み晩稲刈る/中村風信子

晩稲の黄と瀬音見おろす朝日とわれ/古沢太穂

みちのくや何処も晩稲のまだ青し/細木芒角星

ひと夜さに鴨のつきたる晩稲刈る/西川柚黄翁

草の戸に晩稲の日波よするなり/吉武月二郎句集

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ