季語/刈田(かりた)を使った俳句

「刈田」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「刈田」について

【表記】刈田

【読み方】かりた

【ローマ字読み】karita

子季語・関連季語・傍題・類語など

・刈小田(かりおだ:karioda)

・刈田道(かりたみち:karitamichi)

・刈田面(かりたづら:karitazura)

・苅田原(かりたはら:karitahara)

季節による分類

・「か」で始まる秋の季語

・「秋の地理」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

刈田を含む俳句例

木枯や刈田の畔の鉄気水/惟然

刈田ゆく袖を四角に紺絣/桂信子

剛直に北国の虹刈田より/森澄雄

湖かけて星夥し刈田の湯/木村蕪城

沈金の一条を足し刈田虹/吉田紫乃

凶作の刈田電柱唸り立つ/西東三鬼

刈田光即身佛は口開く/秋元不死男

大国の刈田の果や曇り勝/石井露月

刈田の暮子等外灯を弄ぶ/右城暮石

晩年の風は樹々より刈田道/所山花

櫨紅葉刈田の中に小き沼/寺田寅彦

鶏走る犬猫走る刈田かな/野村喜舟

鴉らに刈田掴まれ昼を酔ふ/飴山實

二村は刈田二枚に三世帯/高浜虚子

徒組は割喰う旅や刈田村/高澤良一

湖に出島の刈田さびしけれ/上村占

越後路や刈田に残る墓一基/桑原光代

富士颪まともに刈田鴉かな/石塚友二

刈田とは暗き景色や烏とぶ/高木晴子

刈田跡白鳥の日の珠となり/橋本榮治

俳句例:21句目~

落日や刈田万畦胸ひらく/千代田葛彦

茶の花や刈田の塚に水の音/巌谷小波

腰叩く刈田の農夫誰かの父/西東三鬼

かね平が塚渺々と刈田かな/上島鬼貫

男行く刈田の影の湿りつつ/野沢節子

藪寺の大門晴るゝ刈田かな/村上鬼城

水しろく曳き昏睡の大刈田/河合凱夫

ところ~菜畠青き刈田かな/子規句集

大刈田下総上総ひといろに/斎藤節子

刈田へと明るく開く非常口/寺井谷子

夕刈田ふはりと鷺を浮かせたる/黛執

黒人が刈田の畦を来つつあり/皆吉司

声なり刈田の果に叫びおる/西東三鬼

刈田尽き荒磯の白き波上る/山口青邨

一望の刈田の中に己が田も/米澤勝廣

木食の鉦地よりきく刈田寒/吉田紫乃

鶴巣村刈田越しなる円空堂/高澤良一

月山の間近にみゆる刈田かな/山形理

三四日見ぬ間に広き刈田哉/正岡子規

心得のかたみに新た刈田道/徳弘喜子

俳句例:41句目~

ドライブの金毛の肱刈田寒/香西照雄

一切の終り刈田を歩きけり/太田土男

鮭撲つてをり大刈田前にして/岸田稚

高稲架に刈田と湖と水平ら/高濱年尾

剛直にみちのくの虹刈田より/森澄雄

雲流れ道志七里の刈田道/伊藤いと子

ほそぼそと雨の刈田の御陵這/上村占

門前の刈田風吹く忌中札/鈴鹿野風呂

信濃路の牛の糶立つ刈田中/本田照子

影法師刈田に沈み畦にうき/高浜虚子

金色の日輪一つ乾く刈田/柴田白葉女

道暮れて右も左も刈田かな/日野草城

何鳥か翔けて刈田の月明り/荻野泰成

夜月照り水ある刈田なき刈田/下村槐太

大白く刈田の暮色抜けきたり/宮津昭彦

天皇へ旗振りにゆく刈田かな/神/庸子

妻湯浴む闇の刈田のあをあをと/中拓夫

うすうすと刈田の匂ひ日に残り/上村占

姨捨をゆくまなうらも刈田いろ/渡辺昭

寂庵のすなはち刈田明りかな/有馬朗人

俳句例:61句目~

山かげの虫田も今は刈田かな/寺田寅彦

かたまつてゐる臆病な刈田風/高畑浩平

待ちかねて雁の下りたる刈田かな/一茶

御宿の海女あらはれて一刈田/吉田紫乃

榛の禽刈田は雨となりにけり/西島麦南

母の忌の刈田とろりと月あゆむ/中拓夫

ごつごつと刈田を猫の渡りけり/日原傳

発破音刈田に足を踏み入れぬ/桜井博道

藁火はや風にゆだねし夕刈田/平子公一

越後いま刈田に水の音ばかり/角川春樹

近づけば野鶴も移る刈田かな/杉田久女

道うねり頭やさしき刈田かな/永末恵子

醤油壜鳴らし刈田を睥み来し/石塚友二

風負うて緩歩ゆるさぬ刈田道/奈良文夫

ゆく年の羽に嘴埋め刈田鷺/鷲谷七菜子

馬が瞬く刈田の闇にみどりの畦/中拓夫

鴉来て歩を試める刈田あり/相生垣瓜人

ガラス越し刈田人生四十過ぐ/津田清子

鶏むしる男に見られ刈田行く/大野林火

一天の安騎の大野の刈田かな/平井照敏

俳句例:81句目~

一握の刈田明りや木曽山中/鷲谷七菜子

谷底の刈田に霧の一握りほど/佐野良太

両側に刈田のつづく鳥居かな/山西雅子

佐原囃子刈田の闇を熱くせり/毛塚静枝

信濃追分刈田の畦の石赤らむ/桜井博道

刈田で烏の顔をまぢかに見た/尾崎放哉

刈田には刈田の色の雨が降り/成海/静

刈田には生々しさの漲れり/相生垣瓜人

刈田の香刈田に戻る闇夜かな/廣瀬直人

刈田ゆく西の茜へどこまでも/堀口星眠

刈田明り受けてしづかな風車/太田鴻村

刈田焼く火の一列に暮れ残る/佐藤麗子

刈田遠くかがやく雲の袋かな/飯田蛇笏

刈田風もう帰らない棺の白さ/館岡誠二

刈田風禽は高きへ吹かれけり/星影美紗

刈田駅杜氏の顔となりて発つ/相馬沙緻

土佐も果刈田の多き岬のみち/高濱年尾

山路を下りて刈田を横ぎりぬ/高浜虚子

夕刈田水のかけらの光りけり/高井北杜

夕雲の彩の移りし大刈田/阿部みどり女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ