季語/海女(あま)を使った俳句

「海女」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「海女」について

【表記】海女

【読み方】あま

【ローマ字読み】ama

子季語・関連季語・傍題・類語など

・磯人(いそど:isodo)

・磯海女(いそあま:isoama)

・沖海女(おきあま:okiama)

・かずき(かずき:kazuki)

・もぐり(もぐり:moguri)

・磯嘆き(いそなげき:isonageki)

・海女の笛(あまのふえ:amanofue)

・海女の小屋(あまのこや:amanokoya)

・磯桶(いそおけ:isoke)

・陸人(かちど:kachido)

・船人(ふなど:funado)

季節による分類

・「あ」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

海女を含む俳句例

男郎花峠下れば海女の村/東容子

児を膝に海女梳る磯竃/渡辺畦月

片隅に蚊帳の紅紐海女の昼/桂信子

海女焚火淡し頭上へ水柱/香西照雄

砂浜に子供逆立ち海女沈み/上野泰

海女潜き薫風磯に白らみたる/仙臥

春汐や海女が産屋の力綱/野村喜舟

舟人海女深潜きして深嘆き/下田稔

筍を一刀のもと海女部落/古館曹人

海女潜る春潮白きもの流れ/中拓夫

海女葬る砂丘の南風夕なぎぬ/麦南

越前の蓬は粗し海女の径/宮田正和

海女潜る間も一湾の風ひかる/呆介

海女沈み扉の如く海は閉ぢ/上野泰

海女の春礁は海の草繁り/山口誓子

海女沈む海に遊覧船浮む/高浜虚子

海女の家低き廂や干蕨/佐藤由比古

磯焚火海女総立ちに春驟雨/上野泰

海女わらふ潜れば娘十八よ/川崎展宏

海女達の股引赤し町を行く/洞外石杖

俳句例:21句目~

紅梅や礁のうらの海女の墓/岸風三楼

海女の子の母の負籠の中覗く/上野泰

立膝の海女の囲める磯焚火/佐藤露草

海女戻る安乗中学横切りて/茨木和生

空稲架に海女の干しをり命網/築城京

海底の横の明るさ海女潜る/津田清子

春潮や三ケ月型に海女もぐる/知世子

海女として鉄道員の妻として/上野泰

朧夜の樒浸けある海女の桶/山本洋子

よき海女になれる身ごなし磯遊/広波

天日を仰ぎつぎつぎ海女潜く/上村占

命綱たるみて海女の自在境/津田清子

海女小屋に啓蟄の日の荒莚/角川春樹

声太の海女の掛け声村芝居/福井貞子

海女の眼の沖をはなさず磯竈/下田稔

煙立つ海女の焚火か巌がくれ/原柯城

姿体あり潜り返せる時の海女/那須青

ぶつ切の鰡緑蔭へ海女運ぶ/羽部洞然

潮仏海女が真水を供へたり/渡邉珠子

海女潜きいのちの気泡音も無し/林翔

俳句例:41句目~

潜らんと海女の緊迫軽き雷/佐野美智

海女沖に一群浮きて西日惨/石原八束

搗布焚く海女が竃は石固め/信太和風

海女の子の吹く水笛に風光る/ひふみ

日々波に削られ海女の鼻低し/上野泰

日々草ほかに花なき海女の庭/原菊翁

滴れる海女立ち春の雲遠し/西村公鳳

一本の足となりつゝ海女沈む/上野泰

木斛の花に風あり海女の墓/村中/美代

鱶の死に白一団の海女よぎる/友岡子郷

髪乾くまもなき海女の昼餉かな/檜紀代

雨がちに海女の遅れ田稗多し/石田波郷

うご草は海女の絨毯路に敷き/沢木欣一

金盞花畑に立てリ朝の海女/深見けん二

お七夜の海女米袋かつぎ行く/荏原京子

輪島海女乳房に藻屑つけ哀れ/橋本鶏二

身に白衣海女は巡礼かも知れぬ/林昌華

海女若し乳房かくして瓜噛る/中井大夢

越の海卯浪の底へ海女くぐる/沢木欣一

行春の道に佇めば海女の笛/吉岡禅寺洞

俳句例:61句目~

蟹赤し野菜を洗ふ海女の前/米澤吾亦紅

ひえびえと海女の裸に裸の影/飯田龍太

ひざまづき海女目を洗ふ泉かな/上野泰

荒波を見つめ海女等の懐手/沖崎玻瑠子

花大根海女の磯畑一つかみ/鈴木しげを

舟あぐる海女の総立磯かまど/菊池大修

樽に乗り海女黒髪を指で梳く/影島智子

らっきよ漬光の中を海女通り/片山/悌

胸厚いまま海女老いて反る町/伊丹公子

老海女の片肌脱ぎて海を恋ふ/竹中弘明

サンフランシスコ対岸海女歩く/上野泰

群青の空ひるがへし海女潜く/堀/康代

一つ井戸囲む夜濯ぎ島の海女/高田菲路

籠負ひし海女の野茨隠れかな/藤田湘子

五月海女さらさらまとふ白木綿/下田稔

磯海女が売る海光の金盞花/町田しげき

海女のスト巌に高く登りけり/萩原麦草

休漁の海女小屋を抜け松納め/岩田和子

海女もまた報恩講の中にあり/鬼頭進峰

潮じみて重ね著したり海女衣/高浜虚子

俳句例:81句目~

峰雲を蹴りたる海女の双足よ/佐野鬼人

南風が生む星一つ二つ海女部落/杉本寛

磯かまど種火を残し海女潜る/大口蘇峰

夕日沖へ海女の乳房に虻唸り/沢木欣一

底なしに水吸ふ海女の墓洗ふ/田島もり

和布刈海女海に合掌して去りぬ/樋笠文

海女沈む鮫除帯の朱を曳いて/久野一花

彼岸潮白浮びきて海女となる/鈴木鷹夫

御宿の海女あらはれて一刈田/吉田紫乃

潜く海女の片足波の外に立つ/原コウ子

海女が戸の牡丹ぬるゝ虎が雨/富安風生

労働歌聞き終りたる海女沈む/萩原麦草

揚舟に眠る子あづけ海女潜く/松本幹雄

生干しの花烏賊海女の鴉声/柴田白葉女

海女の村仕事始めの畔を焼く/森山治子

撫子や恋知りそめし稽古海女/野中亮介

磯の海女昼顔よりも淡き火を/伊丹丈蘭

磯かまど素顔美し真珠海女/石川星水女

瞭らかに海女妊りて潜りゆく/品川鈴子

灯台に灯が入り海女は行水に/田中田吉

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ