季語/鶯(うぐいす)を使った俳句

「鶯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鶯」について

【表記】鶯

【読み方】うぐいす

【ローマ字読み】uguisu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鶯の初音(うぐいすのはつね:uguisunohatsune)

・鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり:uguisunotaniwatari)

・飼鶯(かいうぐいす:kaiuguisu)

・春告鳥(はるつげどり:harutsugedori)

・経読鳥(きょうよみどり:kyoyomidori)

・禁鳥(とどめどり:todomedori)

・匂鳥(においどり:nioidori)

・黄粉鳥(きなこどり:kinakodori)

・花見鳥(はなみどり:hanamidori)

・歌詠鳥(うたよみどり:utayomidori)

・人来鳥(ひとくどり:hitokudori)

・黄鳥(きちょう:kicho)

・流鶯(りゅうおう:ryuo)

季節による分類

・「う」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

鶯を含む俳句例

鶯に終日遠し畑の人/蕪村

鴬や雀よけ行く枝移り/去来

鶯や女車の加茂詣/正岡子規

鶯も元気を直せ忘れ霜/一茶

春雨や鴬這入る石灯籠/杉風

物申や鶯答ふまばら垣/朱英

町内の鶯来たり朝櫻/泉鏡花

藪医師や鴬啼いて捨枕/調古

鴬や二升五合の藪年貢/曲翠

逢坂や鴬きかば小関越/尚白

鶯を魂にねむるか嬌柳/芭蕉

鶯や障子に透る春の色/萬客

鴬や根笹をつたふ湯立/素牛

鶯や物の紛れに夕鳴す/暁台

鶯や白雲は影残さざり/直人

鶯や翠嵐楼の森の中/上村占

鶯や藪を隔てゝ朝日寺/召波

鴬を雀歟と見しそれも春/蕪村

鶯や髪結うて居る朝飯後/篠原

六月の藪鶯や光悦寺/岸風三楼

俳句例:21句目~

四方に鶯十一面観世音/上野泰

鶯の細脛よりやこぼれ梅/才麿

鴬の鳴き口中の生臭し/岸田稚

鴬や朝粥白く光あり/後藤夜半

はつ市や鶯買うて戻る人/其由

鴬を檳榔林に聞かんとは/篠原

桔梗や秋の鴬籠にゐる/龍岡晋

鴬の声白梅歟紅梅か/松岡青蘿

星雲や藪に鶯ひそませて/原裕

鶯の庭をありくや雨の後/雨遠

鶯の卯の時雨に高音かな/几董

紺克明に鶯の谷渡り/大坪重治

鶯の一声濃しや杉襖/長谷川櫂

鴬や茨くゞりて高う飛ぶ/蕪村

鶯のあかるき声や竹の奥/番因

鶯も笠きていでよ花の雪/利休

蔓ひけば谷の鶯臈たけし/原裕

鴬のたまたま啼や花の山/蕪村

鶯や山門もなき石畳/野村泊月

鶯や昼迄鎖す柴の門/藤野古白

俳句例:41句目~

鴬や洞然として昼霞/高浜虚子

鴬に終日遠し畑の人/與謝蕪村

雀より鶯多き根岸哉/正岡子規

鶯や手斧削りの太柱/田宮房子

鶯に名園雪を敷きにけり/鶏二

鶯の鳴き口中の生臭し/岸田稚

青天は一枚の絹鶯に/有馬籌子

鴬の茶畠に鳴く四月かな/船山

鶯が梅の小枝に糞をして/鬼貫

鶯やはね橋かくる藪屋敷/成美

鴬に啼いて見せけり鷦鷯/許六

鶯や枕に遠き籠の音/会津八一

鴬の聲遠き日も暮にけり/蕪村

今朝なりけり鴬雑煮霞礼/一鉄

鶯や山畑拓く朝仕事/石井露月

鶯や紫川にひびく声/野村喜舟

鶯の身を逆にはつねかな/其角

鶯や薬を秤るものしづか/静塔

二月の籠鶯の緋總かな/原石鼎

鶯や歌の中山清閑寺/藤野古白

俳句例:61句目~

鴬や野中の墓の竹百竿/蕪村遺稿

人間に鴬啼や山ざくら/蕪村遺稿

鶯の眦さむし花八ツ手/渡邊水巴

鶯の遠音と父の記憶力/栗林千津

鶯の浅井をのぞく日影かな/蕪村

切株に鴬とまる二月かな/原石鼎

切株に鶯とまる二月かな/原石鼎

鶯の籠入口に盆栽展/今井真寿美

新墾は大道無門鶯鳴く/成田千空

古庭に鶯啼きぬ日もすがら/蕪村

鶯の谺す淵を覗きけり/鈴木花蓑

鴬の鳴き破つたる紙子かな/許六

鶯や一沫あげぬ室戸岬/遠藤梧逸

鴬や衣張つづく枝つづき/何某女

鶯もとしのよらぬや山の酒/一茶

夜鶯闇の新樹は閃きぬ/小池文子

鶯や木に竹ついで行もどり/百池

鶯やその日~の窓一つ/鈴木花蓑

鶯や曲りつつなほ畳廊/皆吉爽雨

鶯の脛の寒さよ竹の中/尾崎紅葉

俳句例:81句目~

池水に響き鶯遠のきぬ/久米正雄

鶯の声もさかるや藤の花/千代尼

清拭やかの鶯を耳の辺に/齋藤玄

渓わたる鴬十声夕仙丈/近藤一鴻

鶯の声の大きく雨の中/飛弾桃十

鶯の声に一山失せにけり/上田操

鴬の小がろきなりややぶ椿/微房

玄関へ奥の鶯の谺かな/西山泊雲

鶯の啼くや小さき口あいて/蕪村

鶯や暁光射せる杉の谿/伊東宏晃

鴬や書院の雨戸走る音/服部嵐雪

白樺に鶯鳴くや上高地/野村泊月

鶯の付子育つや小商ひ/松瀬青々

鴬の日枝をうしろに高音哉/蕪村

智恵詣鶯鳴いて山浅き/藤田子角

箸置に箸鶯の幼なごゑ/高澤良一

鶯や慈姑煮上る薄萌黄/小澤碧童

母も吹く鶯笛や旅の春/岸風三楼

羽洗ふ鴬も見ゆ帋屋河/高井几董

鶯のこゑ前方に後円に/鷹羽狩行

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ