季語/高山祭(たかやままつり)を使った俳句

「高山祭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「高山祭」について

【表記】高山祭

【読み方】たかやままつり

【ローマ字読み】takayamamatsuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「た」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

高山祭を含む俳句例

祭膳春慶塗の箸かろし/上村占

高山に空町がある春まつり/原裕

屋台提灯遅々と高山宵祭/高澤良一

棟梁の高山祭に攫はるる/山上寿衣

櫺子窓高山祭の灯を洩らす/関俊雄

海峡荒れ先帝祭へ人の渦/高山幸子

雪解の飛騨は高山祭かな/和田碧洞

高山の夜も澄む空に祭笛/高澤良一

からくりの翁の手振り春祭/石寒太

空町はひそと静けし春まつり/原裕

山車囃甘甘棒は飛騨の菓子/上村占

あざやけき雪代鱒を祭膳/藤田湘子

からくりの翁の手ぶり高山祭/石寒太

父が語りし高山祭まのあたり/大牧広

高山祭一夜に賭けて切なかり/林朋子

乗鞍岳へ唐子が跳んで春祭/黒田杏子

日がわたる高山祭の山車の上/三和千秋

嶺の雪の照り合ふ高山祭かな/金尾梅の門

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ