季語/華鬘草(けまんそう)を使った俳句

「華鬘草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「華鬘草」について

【表記】華鬘草

【読み方】けまんそう

【ローマ字読み】kemanso

子季語・関連季語・傍題・類語など

・華鬘牡丹(けまんぼたん:kemambotan)

・けまん(けまん:keman)

・瓔珞牡丹(ようらくぼたん:yorakubotan)

・藤牡丹(ふじぼたん:fujibotan)

・鯛釣草(たいつりそう:taitsuriso)

・黄華鬘(きけまん:kikeman)

・紫華鬘(むらさきけまん:murasakikeman)

季節による分類

・「け」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

華鬘草を含む俳句例

風塵に紫華鬘幾菩薩/木村蕪城

川波に紫華鬘咲き隠る/石原八束

黄けまんや色失ひて巌の肌/岸田稚

華鬘草腰を埋めて仏たち/川畑火川

けまん草森は泉の音に酔ひ/河野南畦

白華鬘菩薩の慈悲を偲ばせて/坂井建

みよし野の杉山深し華鬘草/稲畑汀子

藪ふかく甘藷竃古る華鬘草/富安風生

華鬘草草庵の春たけなはに/富安風生

黄華鬘や人肌さます沢の風/青木重行

華鬘なる花鳥雲に春の塵/佐々木六戈

石垣に黄華鬘細い夜の手足/飯島晴子

あだし野の破鐘ひびく華鬘草/桑島桑亭

分去れや風分けきれず華鬘草/池上樵人

ほとけにも九品の別や華鬘草/清水基吉

一面を悪女と見られ華鬘草/小島千架子

煤梯子触れて奏づる華鬘あり/山本梅史

逢ひにゆく華鬘なす螢火の中/小林康治

朝からの何の供養ぞ華鬘草/後藤比奈夫

機音のちかくなりたる華鬘草/西村さち

俳句例:21句目~

けまん咲きいよいよ貧しき寺男/泉春花

膝ついて土やはらかし華鬘草/大石悦子

華鬘草塔の礎石に及びけり/加藤三七子

ほぐれそめしは花の緑や華鬘草/仁尾小葉

山羊の子の角ぐみそめし華鬘草/鈴木貞雄

持ち帰りゐしは吉野の華鬘草/稲畑広太郎

水尾を消す風のにはかに華鬘草/辻三枝子

自画像のごとき羅漢や華鬘咲く/山口苔石

華鬘咲き思ひにあまること多し/勝又一透

華鬘咲き田を打捨ての植木村/水原秋櫻子

けまん咲き道の絶えけり安寿塚/桂樟蹊子

遠き世へゆらぎつつ鳴る華鬘草/伊藤敬子

鯛釣草うらはらの世を明るうし/高澤良一

けまん咲く径消えがちに殉教地/桂樟蹊子

華鬘草咲けば晩年めきにけり/山崎ひさを

けまん草風にはぢらふかに揺るる/上村占

華鬘草咲きゐたらずや岨の雪/水原秋櫻子

和蘭塀干割れかなしく華鬘生ふ/下村ひろし

卑弥呼美貌なりしや紫華鬘摘む/岡部六弥太

華鬘咲く今日遊びゐるわが影に/大岳水一路

俳句例:41句目~

春日野の藤を華鬘となしたまふ/水原秋桜子

黄華鬘の立ちそよぐ雨黄なりけり/堀口星眠

語り歩きにいや遠く来ぬ華鬘草/鳥羽とほる

けまん群れ墓石の如く壁炉冷ゆ/殿村莵絲子

雪の夜の華鬘といふ語消え去らず/平井照敏

ことの忌の雨のむらさき華鬘かな/鈴木しげを

黄華鬘や海女の着替へは髪つつむ/八木林之助

幼さないに花むしらるるけまんかな/伊賀-一鷺

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ