季語/入学(にゅうがく)を使った俳句

「入学」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「入学」について

【表記】入学

【読み方】にゅうがく

【ローマ字読み】nyugaku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・入学式(にゅうがくしき:nyugakushiki)

・入学児(にゅうがくじ:nyugakuji)

・新入生(しんにゅうせい:shinnyusei)

・一年生(いちねんせい:ichinensei)

・入園(にゅうえん:nyuen)

・新教師(しんきょうし:shinkyoshi)

季節による分類

・「に」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

入学を含む俳句例

紺服の芯の細頸新入生/林翔

手毬のせ一年生の文机/上野泰

雛祭一年生もすぐ終り/上野泰

海彦と山彦そろふ入学期/原裕

凸凹に鉛筆削り入学す/上野泰

神に守られ混血児入学す/本橋仁

進学生襟足青く上京す/篠宮信子

砦なす一風垣より入学児/岸田稚

沢蟹と一年生は水の中/中山保夫

前髪を眉に揃えて入学す/きよみ

入学の少年母を掴む癖/右城暮石

学帽を耳に支へて入学す/上野泰

逗子開成一年生や白絣/長谷川櫂

草笛を吹き一年生担任す/林直入

一生の友の従兄と入学す/上野泰

8といふ数字は眼鏡入学す/上野泰

入学の日の雀らよ妻と謝す/岸田稚

大ぶりに進学塾の七夕竹/高澤良一

入学の朝の洗面水をはね/皆吉爽雨

六甲の裾まで青し入学す/西村和子

俳句例:21句目~

入学の母系の碧き瞳かな/武藤万瓢

正門へ廻り道して入園す/尾崎純雄

時計台皆仰ぎつゝ入学す/田島烏山

父無き子年々殖えて入学す/樋笠文

愛犬の見送つてをり入学す/上野泰

一本の前歯がぬけて入学す/上野泰

一礼に遅るる一人入学式/西村和子

入学の鞜下長し名士の子/久米正雄

大足の大股に行き入学す/細川加賀

森が抱く春禽の数入学期/野澤節子

大梯子掛け入学者発表す/佐伯哲草

顔波の中に吾子あり入学す/上野泰

入学に迄あと四日今日も雨/上野泰

傘かしげ一年生や花の雨/河野静雲

入学や遊動木に兄は居し/松藤夏山

道端に鶏の喧嘩や入学す/村山古郷

土地変り入学の子に朝桜/宮津昭彦

入学の顔の輝き揃ひけり/稲畑汀子

花の下入学式の列まがり/岸風三楼

肩いからせ最も小さき入学生/林翔

俳句例:41句目~

第三の志望なりしが入学す/上野泰

これはさて入学の子の大頭/山口誓子

末の子の入学式に参りけり/島田青峰

たどり読む本も入学近き雨/原田種茅

木の言葉聞きに新入生移動/杉野一博

予備校の机の傷へ入学す/田川飛旅子

兄入学兄の絵本を読んでをり/上野泰

兄入学相撲の相手今日より犬/上野泰

入学す戦後饑餓の日生れし子/上野泰

頭にあまる入学帽子黙送す/清水基吉

鍬持つて農学校へ入学す/石井とし夫

入学の祝の一つ肥後の守/下城/宇良

入学の組一番の背なりけり/細川加賀

入学の釦皆嵌め手持無沙汰/右城暮石

大人びて昨日の園児入学す/石塚友二

舌を出す癖がとれずに入学す/上野泰

赤飯や入学の子の薄化粧/佐野青陽人

入学も近き遊びに紙せがむ/原田種茅

入学の子の顔頓に大人びし/高浜虚子

入学や尼となる気は更になく/森白象

俳句例:61句目~

入学や山国雪を降らせつゝ/相馬遷子

見守られ入学児より退場す/西村和子

入学や父兄のなかの僧一人/河野静雲

入学祝い杉花粉見る顕微鏡/土屋明美

城谷の松の間を縫ひ入学す/橋本鶏二

入学の吾子の頭青く後前す/石川桂郎

栴檀の花散る那覇に入学す/杉田久女

入学をして四五日目蝶の昼/後藤夜半

入学の桜吹雪ぞ綺羅の中/冨田みのる

入学の子をもつ親の君と我/久米正雄

富士山の絵を描き覚え入学す/上野泰

入学児真中にのせて綱渡舟/和田和子

鉄棒の影段ちがひ入学す/上田日差子

銀行に口座開きて入学す/堀之内和子

入学の子に随ひて上洛す/五十嵐播水

入学の吾子人前に押し出だす/石川桂郎

入学の子が跳び妻がわたる畦/石川桂郎

入学の子に丘がある雲がある/原田青児

入学の子に見えてゐて遠き母/福永耕二

入学の少女らすでに芝を得て/岸風三楼

俳句例:81句目~

入学やはじめて手にす定期券/村上桂月

入学や赤きザイルの懸りゐる/宮坂静生

入学や軍艦冨士を校舎とし/大橋櫻坡子

塾かなし入学の子に喇叭吹き/田村了咲

入学を誓ふ聖書に手を置きて/品川鈴子

入学児母に押されて前に出づ/成瀬虚林

入学児脱ぎちらしたる汗稚く/飯田龍太

入学処女微笑む四人掛けの椅子/楠節子

入学式の真中何か落ちる音/衣斐ちづ子

入学祝オリオン全形窓ぬちに/川口重美

母がつきゆく入学を父送る/波多野爽波

夭折のさだめと知らず入学す/秋山卓三

妻許せ末子入学に落ち泣ける/河野静雲

小さき唇結びなほして入学す/藤田千代

島の子の帽子大きく入学す/山根きぬえ

弱き子に入学の日は遠からず/高木晴子

強肩を取り柄としたり入学す/能村研三

日本人と珍しがられ入学す/千本木溟子

母なき子の入学老犬先立たせ/菖蒲あや

炭坑の汽車に乗り来て入学す/山口誓子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ