季語/青胡桃(あおくるみ)を使った俳句

「青胡桃」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「青胡桃」について

【表記】青胡桃

【読み方】あおくるみ

【ローマ字読み】aokurumi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・生胡桃(なまくるみ:namakurumi)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

青胡桃を含む俳句例

明方の水の迅さや青胡桃/黛執

追分の二た筋道や青胡桃/瀧春一

樹の下にしばし旅人青胡桃/森澄雄

青胡桃村のひかりの製材所/森澄雄

青胡桃白雲は夜も太りをり/伊東肇

流水に夕焼こゞる青胡桃/相馬遷子

青胡桃穂高は朝の雲放つ/伊藤淳子

ルーベンス満喫ふとる青胡桃/林翔

酒飲んで男は話す青胡桃/廣瀬直人

旅二日霧の隙より青胡桃/橋本義憲

旅人に影濃く広く青胡桃/座間友子

青胡桃ながれて来り衣川/菅野孝夫

青胡桃垂れ川の名の雫石/古舘曹人

青胡桃山のあはひに雲沈め/岸田稚

青胡桃日の縞生死談笑に/片山桃史

青胡桃明王が負う火炎上/和知喜八

嶺を去る雲あり夜明青胡桃/岡田日郎

石仏寺守る一戸の青胡桃/つじ加代子

青胡桃テラステラスによべの雨/林翔

まのあたり雀斑親し青胡桃/富安風生

俳句例:21句目~

青胡桃太るや銀河明りにも/山田弘子

青胡桃役に立たずよ男の子/柳沢桂子

青胡桃流水の音はつねに力/大野林火

三条の町や屋根覆ふ青胡桃/山口青邨

青胡桃遠くの沼が夕暁けて/五味酒蝶

青胡桃はじかれ簗の水激す/館岡沙緻

夕映の木曾の川瀬の青胡桃/岡田日郎

天竜の本流となる青胡桃/須山おもと

少年は痣を気にせり青胡桃/佐川広治

尿前の御番所跡や青胡桃/小松崎爽青

山の雲通へばさわぐ青胡桃/山口青邨

山国の闇ごつごつと青胡桃/酒井弘司

石走る水ぎざぎざや青胡桃/岡田日郎

青胡桃にぎり風三樓忌かな/池田秀水

蛞蝓のはかなき西日青胡桃/飯田蛇笏

朝の瀬の清浄はしる青胡桃/高柳聖子

青胡桃音さき立てて山の雨/高田秋仁

木曾馬に山坂ばかり青胡桃/大野林火

水音をあつめて木曾の青胡桃/長田等

沢風の沢のぼり来る青胡桃/加古宗也

俳句例:41句目~

炎日の厚み繞れり青胡桃/千代田葛彦

炎昼の雲きそひたつ青胡桃/飯田蛇笏

牛寄りて憩ふ水場の青胡桃/細井光男

雪渓を源流とせり青胡桃/冨田みのる

ゆるゆると空へ浮く夢青胡桃/井上康明

一閃の雷火のなかに青胡桃/阿波野青畝

三叉路の一つは海へ青胡桃/鍵和田釉子

鷹の剥製夜は飛びたつ青胡桃/寺田京子

青胡桃旅を栖といふことば/稲垣きくの

青くるみ猿の出る山明け易し/中山純子

青胡桃木曽にむかしの風の音/千手和子

青胡桃母馬はすぐ仔馬かばひ/田中英子

青くるみ亡父の時計が抽斗に/寺田京子

旅の握手さらりと固し青胡桃/中村明子

青胡桃身を乗り出せり盆の月/佐藤干城

青胡桃垂るゝ窓辺に又泊つる/山口青邨

木曽びとの乗車短し青くるみ/桂樟蹊子

逢ふときはいつも雨なる青胡桃/田中裕明

たつぷりと午後の刻あり青胡桃/二羽光枝

青くるみ目も越えがたき槍穂高/桂樟蹊子

俳句例:61句目~

児の眉目日々に新たや青胡桃/上田日差子

余呉の日の水面をあふれ青胡桃/橋本榮治

青胡桃この木とことん優しき木/高澤良一

昼月の下部あいまいに青胡桃/加倉井秋を

賛美歌の洩るる窓辺に青胡桃/松沢満里子

しつかりといまを遊べと青胡桃/清水基吉

青胡桃雲にちかぢか学ぶ子等/中村草田男

青くるみ学ばんと思いつつ歩く/金子皆子

青胡桃みちのくは木でつながるよ/平畑静塔

たわわ青胡桃無言にしやべりだす/寺田京子

青胡桃地にぬくもりて拾はるる/橋本多佳子

青胡桃落ちしを拾ふ魂あるうち/加倉井秋を

青胡桃しなのの空のかたさかな/上田五千石

育てしは男の子ひとりや青胡桃/久保山敦子

夕富士に向い割るなり青胡桃/長谷川かな女

青胡桃はるかな人もさだかな道/大峯あきら

青胡桃風こそばゆく過ぐるかな/鷲谷七菜子

青胡桃飛ばして栗鼠ぞ木がくるゝ/石塚友二

風がきてことりことりと青くるみ/幸田昌子

青胡桃見るたび殖やし旅はじまる/田中水桜

俳句例:81句目~

青胡桃たわわなり日も濡れにけり/千代田葛彦

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ