季語/百日紅(さるすべり/ひゃくじつこう)を使った俳句

「百日紅」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「百日紅」について

【表記】百日紅

【読み方】さるすべり/ひゃくじつこう

【ローマ字読み】sarusuberi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・紫薇(しび:shibi)

・怕痒樹(はくようじゅ:hakuyoju)

・くすぐりの木(くすぐりのき:kusugurinoki)

・白さるすべり(しろさるすべり:shirosarusuberi)

季節による分類

・「さ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

百日紅を含む俳句例

真裸の百日紅が東大寺/原田喬

百日紅放哉といふ寺男/中田剛

炎天の花が散るなり百日紅/篠原

大伽藍炎上の跡百日紅/広瀬直人

枝先へ枝先へ花百日紅/星野立子

弟や恋の傘さす百日紅/清水基吉

天辺に百日紅の第一花/山本幸代

口軽く病を語る百日紅/相馬遷子

百日紅雀かくるゝ鬼瓦/石橋秀野

百日紅その一日の真盛り/辻桃子

極楽寺百日紅の夢見時/高澤良一

閻魔庁正門脇の百日紅/高澤良一

裏通り樞の音や百日紅/横光利一

道化師に晩年長し百日紅/仁平勝

百日紅百日前は母在りし/渡辺恭子

うちつけに青竹退り百日紅/齋藤玄

宿坊に女湯のあり百日紅/西村和子

紅不易八雲旧居の百日紅/津田清子

牛喰つて水際白の百日紅/吉田紫乃

篝の炎百日紅を煽りけり/荒井正隆

俳句例:21句目~

寺の門に猿曳憩ふ百日紅/寺田寅彦

年々に澄み勝る白百日紅/高澤良一

百日紅咲く大寺の昼の闇/千原満恵

百日紅町内にまたお葬式/池田澄子

新しき猿又ほしや百日紅/渡辺白泉

百日紅犬の舌低く流れ出し/仁平勝

曇日の彩に安んじ百日紅/高澤良一

物納の土地森閑と百日紅/大山草樹

踏むたびに沈む畳や百日紅/辻桃子

札所寺百日紅に汗退けり/高澤良一

百日紅詩は独断と心得て/高澤良一

死の影より三尺長し百日紅/仁平勝

百日紅空の青さの衰へず/西村和子

一徹に生き蓑笠や百日紅/古舘曹人

三伏の門に二本の百日紅/鈴木花蓑

百日紅何年後は老婆たち/三橋鷹女

涙ぐむ百日紅の花の下/播磨てるみ

百日紅皮の剥落続きをり/高澤良一

百日紅心まづしき月日かな/秦豊吉

百日紅真正面に腰据えぬ/高澤良一

俳句例:41句目~

何恃めとや躍り咲く百日紅/岡本眸

元帥像は今も元帥百日紅/北野民夫

町末の午を過ぎをり百日紅/齋藤玄

畳廊百日紅に突きあたる/高澤良一

出色の百日紅に汗退けり/高澤良一

古寺の片隅占めて百日紅/渡部美峰

堂前に脱ぐ靴下駄や百日紅/原月舟

境内のこれは別格百日紅/高澤良一

墓守や百日紅の下にゐる/岸本尚毅

百日は天に仕へし百日紅/嶋田麻紀

花終へし百日紅に雨烈し/高濱年尾

方丈や前栽のもの百日紅/角田竹冷

烈日の土の息吹や百日紅/小坂かしを

さるすべり美しかりし與謝郡/森澄雄

百日紅心つまづき声からび/石田波郷

さるすべり美しかりき与謝郡/森澄雄

さるすべり懈く亀の争へり/角川春樹

高空を風の音過ぐ百日紅/冨田みのる

颱風の空飛ぶ花や百日紅/水原秋櫻子

風色やてら~として百日紅/鈴木花蓑

俳句例:61句目~

てらてらと百日紅の旱かな/正岡子規

どうしても鈍き頭や百日紅/草間時彦

なんとなく鶏卵とがり百日紅/斎藤玄

赤蜻蛉百日紅の実にとまる/岸本尚毅

赤児百人滴りおちる百日紅/坪内稔典

誘はれて船旅と決む百日紅/横山房子

一刹に草をゆるさず百日紅/古館曹人

百日紅学問日々に遠ざかる/相馬遷子

百日紅盛りなりいざ極楽寺/高澤良一

人厭ふこころ弱りや百日紅/野沢節子

葬送の人の去りたる百日紅/遠藤梧逸

女来と帯纏き出づる百日紅/石田波郷

採血の血止する間の百日紅/高澤良一

葬終へし箒の音や百日紅/鷲谷七菜子

百日紅駅車掌のいない縄電車/仁平勝

百日紅地に燃屑のごとき花/福永耕二

百日紅壺の重さを思ひをり/柿本多映

百日紅天に葬りのある如く/高澤良一

胆洗う水のゆくえの百日紅/橋石和栲

娘もすでに女盛りや百日紅/伊東宏晃

俳句例:81句目~

百日紅動かぬ川を横たへぬ/内藤吐天

朝よりも夕の初心百日紅/後藤比奈夫

百日紅一村湖に映りけり/猿橋統流子

朝顔のちりぢり失せぬ百日紅/齋藤玄

百日紅片手頬にあて妻睡る/加藤秋邨

老い母のまなざしに慣れ百日紅/原裕

葬送のみじかき列や百日紅/山田信夫

寺町は百日紅の盛りかな/今井杏太郎

瑠璃光院百日紅の花いまだ/田村了咲

奈良の樹の間に一樹百日紅/右城暮石

百日紅殉教図より目を外らし/長田等

百日紅覚えてゐしが忘る路/高澤良一

百日紅百日を経て娶らむか/杉山岳陽

百日紅晴天続きに干反る皮/高澤良一

気負なき八十路の生活百日紅/辻正一

百日紅僧門にゐる友ひとり/渡辺立男

百日紅散る潦午後は失し/加倉井秋を

百日紅壁に色浮く雷あがり/林原耒井

僧房の閑に飽きけり百日紅/松瀬青々

幹伝ふ雨となりけり百日紅/西村和子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ