季語/青饅(あおぬた)を使った俳句

「青饅」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「青饅」について

【表記】青饅

【読み方】あおぬた

【ローマ字読み】aonuta

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「あ」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

青饅を含む俳句例

青饅の正に青かり岩木川/齋藤玄

青饅や尼僧に似たる翁僧/森澄雄

青饅や大小斎の食卓に/稲畑廣太郎

青饅や島に泊れば波の音/草間時彦

青饅や夫婦の夫の誕生日/石川桂郎

青饅や母の譲りの青九谷/吉井莫生

青饅や旅の半ばに月痩せて/上村占

青饅に酢の乏しはた恋遠し/大石悦子

旧家とは青饅皿も古九谷/篠塚しげる

青饅や介添取れし母の箸/古賀まり子

青饅を好きの嫌ひの三世代/太田貞雄

草深く青ぬた食すや中納言/高浜虚子

青饅や怒りの中の気弱音/能村登四郎

青饅や家路の果に家はあり/友岡子郷

青ぬたや夕餉の卓に若き客/吉田道子

青饅やこの世を遍路通りゐる/森澄雄

青饅や新居に古き皿小鉢/松倉ゆずる

青饅や暮色重なりゆく故山/加藤燕雨

青饅や母の好みは父好み/丸山美智子

青饅や貧交了るいつの日ぞ/山口草堂

俳句例:21句目~

青饅や電球徐々に白熱す/波多野爽波

青饅やうとまれそめし年の功/大島民郎

青饅やふる里遠く住み古りて/河野伊早

青饅や夫婦無韻の箸づかひ/柴田白葉女

青饅や志野の器の紅さして/松田ひろむ

夢さめてただ青ぬたの古草廬/飯田蛇笏

大皿の青饅のなか独活の紅/瀧澤伊代次

月うるむ青饅これを忘るまじ/石田波郷

青ぬたに焼きさましなる鯵古し/原月舟

青饅にはっと気付ける親不孝/高澤良一

青饅や波郷ゆかりの隅の椅子/角川春樹

青饅に酢を打ちすぎて離職妻/皆川白陀

青饅や雨ともならず夜の曇り/大野林火

青饅も馴れにし上方作りかな/中村若沙

青饅に恋の勝利者とは言へず/鈴木真砂女

青ぬたや生涯ひとの意を意とし/大石白夢

青饅や亡き師語ると箸措きて/肥田埜勝美

青ぬたや仏へ日供の一とつまみ/麻田椎花

異動発表青饅はつつましくあり/中北綾子

青饅や尾のある星が北に飛び/野沢しの武

俳句例:41句目~

青ぬたや午にはたかぬ宿の飯/久保田万太郎

青ぬたやまだ見えてゐる伊賀の国/岡井省二

青饅やいとけなかりし母の酔ひ/山田みづえ

青ぬたやかためにたきし昼の飯/片山鶏頭子

青饅や情におぼれて足掻く日日/稲垣きくの

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ