季語/赤貝(あかがい)を使った俳句

「赤貝」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「赤貝」について

【表記】赤貝

【読み方】あかがい

【ローマ字読み】akagai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蚶(きさ:kisa)

・血貝(ちがい:chigai)

季節による分類

・「あ」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

赤貝を含む俳句例

赤貝のからや乗初餓鬼大将/濯資

場違ひの赤貝貧し雪催/鈴木真砂女

赤貝のひもに終りし夜の鮓/森澄雄

赤貝の身内に溜めて薄き泥/小澤實

数の帆は赤貝とりや揚雲雀/野村喜舟

赤貝と一声今日は上客にて/鳴島ナミ

赤貝の大根おろしの霙かな/久米正雄

赤貝の紐を噛むなり神楽坂/佐川昭吉

ひやひやと赤貝のぬた春の雪/長谷川櫂

赤貝は毛ものでありし笊に笹/山田尚良

赤貝の割れし殻もて進みをる/山田真砂年

赤貝の剥かれて赤さ増しにけり/鈴木久美子

赤貝をよく噛みのちのつれづれや/津森延世

赤貝をめんこのやうに打ちつける/小口たかし

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ