季語/荒布(あらめ)を使った俳句

「荒布」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「荒布」について

【表記】荒布

【読み方】あらめ

【ローマ字読み】arame

子季語・関連季語・傍題・類語など

・皺搗布(しわかじめ:shiwakajime)

・二叉搗布(ふたまたかじめ:futamatakajime)

・またかじめ(またかじめ:matakajime)

・荒布舟(あらめぶね:aramebune)

・荒布刈る(あらめかる:aramekaru)

・荒布干す(あらめほす:aramehosu)

季節による分類

・「あ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

荒布を含む俳句例

一瞥の荒布より海滴れる/斎藤玄

荒布干す女の力子の力/塩谷秀行

荒布焚く日覆の下の大竃/森本嘯天

夫婦舟妻が棹さす搗布採り/阿部啓史

岩窪に深き海ある黒菜かな/山口誓子

浮び来し腰に荒布や荒布刈/白井麦生

水ぎはに日没の宮荒布干す/佐野美智

湾内も白き波立つかじめ干/杉崎あさ

伊豆の国は南へ尖り荒布干す/菅裸馬

打ち揚げし荒布拾ふも掟あり/林南歩

沖波を一瞥もせず荒布干す/鈴木圭子

搗布干す浜に女の揃ひけり/清水教子

搗布焚く海女が竃は石固め/信太和風

搗布焚く神火の島の礁波/小田中柑子

荒布干す女の他は磯動かず/大野林火

荒布干す道の曲つて岬まで/中井一雄

打ち上げし荒布の乾く岩の上/太田常子

わが髪も荒布の浜に荒布並み/津田清子

オホーツク渚を滑りをる荒布/高澤良一

シードラゴン搗布林を散策す/高澤良一

俳句例:21句目~

冬ざれや汐木にからむ荒布屑/重利帆南

搗布焼いて舟底焼かず秋の暮/野村喜舟

夕東風や荒布たゞよふ濤の色/吉川漁子

縁先に波くつがへり荒布宿/坂口かぶん

荒布干す岩は地の果えりも岬/岩田汀霞

荒布塚たてり浜木綿群落す/鈴鹿野風呂

荒布寄す和寇の島を縁どりて/中村祭生

夫無くて海女万貫の荒布刈る/津田清子

月のぼり搗布の山の並ぶかな/大谷三笑

殉教の浜の白無垢荒布干す/加倉井秋を

夕浪の皺腕に掻く荒布かな/島村元句集

雁引くや荒布色なる島の子ら/高澤良一

鳶の眼や搗布の桶を横抱きに/古館曹人

波の上の桶にあふれて搗布かな/請井花谷

波の列乱るるところ搗布生ふ/小川背泳子

濡れし身は無敵荒布を抱き運ぶ/津田清子

濡れ荒布まとひ流人の裔ならず/勝亦年男

白良浜良き名を灼きて荒布干す/宮津昭彦

祭祀かな千切れ荒布を片寄せて/伊藤敬子

秋浪に追はれつ荒布よろひ来る/羽部洞然

俳句例:41句目~

笊茄の搗布つ喰ひに手が伸びて/高澤良一

かじめ切る背へ着膨れ子どつと泣く/柏禎

倒しあるヨツトの陰の荒布かな/依光陽子

荒布刈る男鹿の訛りは風まじり/畠山素空

句にならぬ淋しき磯の干し荒布/大森碧水

啓蟄の脛ましろなるかじめ採り/松村蒼石

荒布干す一郭天にちゅうする香/古屋秀雄

夕凪ぎて荒布いろなる家の中/福田甲子雄

夕市に搗布を刻み刻み売る/水野/すみこ

荒布干す婆下垂胃を日に晒らし/熊谷愛子

鷹も翼重き日あらむ荒布乾らぶ/成田千空

荒布干す薄ら日なれど磯まぶし/植竹春鳥

大いなるけふの浪音荒布干す/平尾楽山人

奥能登のもう搗布刈始めしと/谷村喜美子

身を入れてかじめを刻む時雨市/古舘曹人

怒濤来てゆるがす磯の荒布干/水原秋櫻子

水中眼鏡荒布の海の既知と未知/津田清子

手に痛きほどに荒布の乾きをり/橋本志げの

浜の日を濁して焚きし荒布かな/島村元句集

海に克ちて渚に立てば荒布かな/島村元句集

俳句例:61句目~

海女の背に一すぢかゝる荒布かな/高梨花人

辺つ浪のくだけに荒布拾ふなり/鈴鹿野風呂

上ぐるより縄つきまとふ荒布かな/松藤夏山

沖かけてものものしきぞかじめ舟/石塚友二

干潮にかじめひらひら蝶を追う/長谷川かな女

老臭は死臭の稀釈みづからに嗅ぎつつ慣れむ死にあらかじめ/高橋睦郎

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ