季語/桜鯛(さくらだい)を使った俳句

「桜鯛」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「桜鯛」について

【表記】桜鯛

【読み方】さくらだい

【ローマ字読み】sakuradai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花見鯛(はなみだい:hanamidai)

・乗込鯛(のっこみだい:nokkomidai)

・姿見の鯛(すがたみのたい:sugataminotai)

・烏賊鯛(いかだい:ikadai)

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

桜鯛を含む俳句例

櫻鯛爼厚く新しく/岡田耿陽

急雨の桜山即桜鯛/攝津幸彦

信より船酔早し桜鯛/細谷定行

青柳の糸にや釣らん桜鯛/一十

大渦を離れて小渦桜鯛/渡たみ

俳諧の松山生れ桜鯛/深川正一郎

八方へ鱗ちらして桜鯛/木内怜子

お七夜の皿に余りて桜鯛/堤京子

苞解いて大額なり桜鯛/皆吉爽雨

南天の一枝飾りて桜鯛/高木晴子

桜鯛桜に遠き漁村かな/羅蘇山人

桜鯛料る尾が飛び鱗散り/たかし

法外に糶値飛ばせし桜鯛/辻萍花

庖丁も厨もゆだね桜鯛/中村汀女

舷をおさへて買へる桜鯛/浜秋邨

春雷や暗き厨の桜鯛/水原秋桜子

桜鯛持て来弁慶顔をして/辻桃子

潮煮やむかしをくぐる桜鯛/丸露

絶て荷とふや渚の桜鯛/井原西鶴

俎板に鱗ちりしく桜鯛/正岡子規

俳句例:21句目~

桜鯛かなしき眼玉くはれけり/茅舎

うろこ飛ぶ男料理の桜鯛/中村純代

滅びたる平家の裔か桜鯛/西川織子

こま~と白き歯並や桜鯛/川端茅舎

渦潮にもまれし色の桜鯛/浅野白山

浦里や米のまづさに桜鯛/小杉余子

水道の水のはげしさ桜鯛/日野草城

渦潮の青を身に刷く桜鯛/内田雅子

まなこより大きな鱗桜鯛/島津教恵

桜鯛目に深海の藍を溜め/岡田貞峰

桜鯛包丁にある息ぐもり/今瀬剛一

料理して今日もくらしつ桜鯛/重頼

桜鯛小さきを供へ地鎮祭/有賀玲子

桜鯛はねつぎ秤定まらず/菅本政子

安宿とあなどるなかれ桜鯛/森田峠

定年の夫にとどきし桜鯛/佐藤芙陽

小鳴門に泊り重ねて桜鯛/奥山梅村

尾道の花はさまでも桜鯛/後藤夜半

尾道の花はさまでも櫻鯛/後藤夜半

桜鯛と座は少し燈の暗し/鈴木鷹夫

俳句例:41句目~

桜鯛江戸海流に峡いくつ/鷹羽狩行

囀りのこぼるる海の桜鯛/大屋達治

桜鯛揚げて虹生む船生簀/松本幹雄

灯の下に大桜鯛運ばるゝ/星野立子

皿選ぶ夕たのしも桜鯛/石田あき子

皿選ぶ夕たのしも櫻鯛/石田あき子

砂の上曳ずり行くや桜鯛/高浜虚子

桜鯛掬ひて客の買ふ気読む/岡田拓

桜鯛庖丁にある息ぐもり/今瀬剛一

腸を牡丹と申せさくら鯛/高井几董

花よりも実こそ欲しけれ桜鯛/兼載

朝網の桜鯛とて明石より/日下小波

明石屋に落ち合ふ昼餉桜鯛/堀恭子

紫の背びれ尾びれや桜鯛/上崎暮潮

桜鯛ひと切買ひて妻ならず/谷口桂子

桜鯛と名付けて食へば桜鯛/竹本健司

桜鯛言葉少なに糶られたり/品川鈴子

海に日の生まれて睦む桜鯛/八木荘一

海流の冷え残りたる桜鯛/石田美保子

あかときの渦潮の紅さくら鯛/加藤守

俳句例:61句目~

しきたへの光琳笹や桜鯛/相生垣秋津

白浪はもと来た海へ桜鯛/磯貝碧蹄館

トトトトと鳴る徳利や桜鯛/京極杞陽

刃いま匂ひたつなり桜鯛/上田五千石

包丁を取りて打撫で桜鯛/松本たかし

磯料理ばかりか生きの桜鯛/稲畑汀子

夕餉まだ日のあるうちや桜鯛/森澄雄

夫婦箸の在り処おぼろや桜鯛/草田男

宇宙より暗き眼のあり桜鯛/大石雄鬼

帰朝子につづく箸やり桜鯛/皆吉爽雨

岬山の雨のけむれる桜鯛/石田阿畏子

庖丁を取りて打撫で桜鯛/松本たかし

茜が寺を通りのたうつ桜鯛/西川徹郎

醜男ども手鉤な打ちそ桜鯛/日野草城

桜鯛さげて少女の瞳の涼し/阪本謙二

ふるさとの海のにぎやか桜鯛/松林慧

鱗見て大桜鯛なるを知る/山口波津女

料られて桜鯛まだ生きてをり/高木桂史

けむり吐くやうな口なり桜鯛/藤田湘子

天然のものしか召さず桜鯛/藤本安騎生

俳句例:81句目~

壱岐対馬泊りかさねて桜鯛/小原菁々子

喪の家の焼いて縮める桜鯛/大木あまり

板の間にはねけり須磨の桜鯛/正岡子規

桜鯛砂へ刎ねたるいさぎよさ/日野草城

桜鯛かなしき目玉くはれけり/川端茅舎

桜鯛量らるる眼のしづかなる/那須乙郎

桜鯛釣れしと夕餉待たさるる/朝倉和江

跳落ちし計量の上の櫻鯛/広瀬/みのる

身をひたす闇やひしめく桜鯛/横山康夫

ぴしぴしと鱗をとばし桜鯛/小檜山繁子

青空より跳ねて来たりし桜鯛/柿畑文生

風荒れしひと日の宿の桜鯛/山口いさを

たっぷりとつかはれる水桜鯛/木下野生

桜鯛もつとも跳ねて買はれけり/木村風師

渡し場に釣れてまさしく桜鯛/佐野まもる

さくら鯛死人は眼鏡ふいてゆく/飯島晴子

婚決めし夜を水入らずさくら鯛/荒井正隆

濡れし目はまだ海のもの桜鯛/柴田佐知子

大いなるうろこ飛び散る桜鯛/山口波津女

在り馴れて夕な焼くなる桜鯛/佐野まもる

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ