季語/立夏(りっか)を使った俳句

「立夏」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「立夏」について

【表記】立夏

【読み方】りっか

【ローマ字読み】rikka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏に入る(なつにいる:natsuniiru)

・夏立つ(なつたつ:natsutatsu)

・今朝の夏(けさのなつ:kesanonatsu)

・夏来る(なつくる:natsukuru)

季節による分類

・「り」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

立夏を含む俳句例

白樺の棒縞密に夏来る/富安風生

岩峰を空へ連ねて夏立てり/皇竹

てにをはの手習ひ鴎夏来る/原裕

ひかる夏来るよ並び石仏/村越化石

白樺の中より楽や夏来る/岸風三樓

夏立つや欅の風は夜に及ぶ/村田脩

橡欅雲美しと見る夏来たり/及川貞

蠍座の心の星燃え夏来る/福田蓼汀

夏立つや衣桁にかはる風の色/也有

日輪のもと獣檻に夏来る/飯田蛇笏

遠のけば沈む橋立夏の海/西山泊雲

夏来る煉炭の灰の一孤城/宮津昭彦

象洗う水のかがやき夏来る/森正美

山山の傷は縦傷夏来たる/三橋敏雄

女教師の肌焦す夏来りけり/樋笠文

燈台に濤のざらつく立夏かな/原裕

白波の聖者行進夏来る/上田日差子

白鳥の胸の翳りや夏来る/永方裕子

雲映す防弾硝子夏に入る/櫂未知子

海が又吾子誘惑す夏の来し/堀恭子

俳句例:21句目~

夏来たる街に全き橋かかり/徳弘純

新しき展示計画夏に入る/稲畑汀子

夏立つや強く脂噴く桜の木/小澤實

夏に入る等身鏡の吾に喝/長友千穂

放牛に雨粒太き立夏かな/水野爽径

夏来る樹影の黒と土の白/香西照雄

冬帽子急に汚し夏に入る/京極杞陽

人生の夏の来向かふ初暦/西村和子

三界の首枷二人夏に入る/石塚友二

黒牛にかつと夏来て桑畑/臼井千鶴

鯉洗ふ立夏の水を存分に/白岩三郎

金網影踏みて白鶏夏に入る/伊藤京子

亡骸と雲を遠くに夏立つ日/金田咲子

窯変は牡丹色なり夏に入る/水田晴子

働いて遊ぶたのしさ夏来る/吉田小幸

衿洗ふこと丹念に立夏かな/嶋田麻紀

海原は鯤の背隆と夏が来て/高澤良一

喬槻に渓のとどろき夏来る/飯田蛇笏

紺と白わが好む色夏来たる/稲畑汀子

草も樹も水明りして夏来る日/中村燦

俳句例:41句目~

柚の花咲きて岬は夏に入る/田中冬二

松籟の息の長さの夏に入る/村越化石

胎内の水音聴いてゐる立夏/中村苑子

夏来たり工場黒きもの流し/岸風三楼

夏来たる市井無頼の青眼鏡/佐藤雅男

夏来たる煉炭の灰の一孤城/宮津昭彦

夏来たる砲台の中空つぽで/加藤絹子

あをあをと硝子の馬に夏来る/曽野綾

日も風も星も山荘夏に入る/福井圭児

夏来てもただ一つ葉の一葉かな/芭蕉

指くめば心音の波立夏かな/野澤節子

夏立つや禿山すかす不浄門/飯田蛇笏

数へみる六本辻や夏に入る/小口理市

夏立つや貝を研ぎ出す若狭塗/浜明史

美濃といふ立夏の水の奔る国/福島勲

軽鴨の黄濁ゆるす夏来たり/伊藤淳子

夏に入る束ねて投げる纜も/廣瀬町子

立夏とは木々に山鳩山鴉/神尾久美子

夏来る回転寿司の彼方より/櫂未知子

夏に入る壁画残欠鷺図かな/金田咲子

俳句例:61句目~

立夏てふ中途半端な装ひに/伊藤凉志

夏に入る去年の殺虫剤二罐/石川桂郎

姉上は何枚脱いで夏に入る/桑原三郎

真榊を山より移す立夏かな/小林行石

試走車の色鮮やかに夏来る/河野南畦

ふるさとの山を盾とす立夏かな/原裕

へだてかね夏に入りけり西瓜売/調試

西國の駅に夜明を待つ立夏/田中裕明

松籟や百日の夏来リけり/中村草田男

陶窯の火の色驕る立夏かな/木下夕爾

陣痛の人人並び夏立ちぬ/八木三日女

夏が来た隣へたつも霞だけ/上島鬼貫

あさら井に蓼の葉浸し夏来る/田中冬二

彼岸より庭木動かし夏に入る/高浜虚子

一語しかもたぬ鴉ら夏に入る/森田智子

上げ潮の香や大阪の夏が来る/西村和子

おそるべき君等の乳房夏来る/西東三鬼

原色にだんだん近く夏に入る/稲畑汀子

婚約のブラウス白く夏に入る/池田秀水

山岳書増えて書棚も夏に入る/河野南畦

俳句例:81句目~

村夏に入る水光は樹むらにも/飯田龍太

橡の葉の筋目正しく夏に入る/岩岡中正

湾曲し膨張し長江夏に入る/上野さち子

さそり座の心の星燃え夏来る/福田蓼汀

さらし干す夏来にけらし富士の雪/宗因

さゐさゐと鱗吹かれん風立夏/永末恵子

牡丹の実王冠の如し夏に入る/内藤吐天

ながめたつ立夏の雲の小神鳴/飯田蛇笏

現職にだんだん近く夏に入る/稲畑汀子

田水よく流れて村に夏が来し/松本巨草

真向へばほそき面や夏に入る/高橋馬相

磬の音の一つに夏の来りけり/尾崎迷堂

筍のすっくと夏に入りにけり/倉田紘文

粽出て菓子の歳時記夏に入る/鈴木栄子

雲夏に入るや自裁は謎のまま/飯田龍太

ビル街の細き横丁夏来たる/成瀬正とし

傘雨忌もて夏来夕爾忌もて秋来/安住敦

兀として鳥居立ちけり冬木立/夏目漱石

塀塗つて立夏一日よごれけり/荒井正隆

夏来たり宮衙貯蓄の旛垂らし/岸風三楼

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ