季語/栄螺(さざえ)を使った俳句

「栄螺」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「栄螺」について

【表記】栄螺

【読み方】さざえ

【ローマ字読み】sazae

子季語・関連季語・傍題・類語など

・つぶ(つぶ:tsubu)

・拳螺(さざえ:sazae_)

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

栄螺を含む俳句例

食堂の隣の卓の焼栄螺/高木晴子

荒縄を編める袋に栄螺十/小澤實

父の髭痛し栄螺の角痛し/小澤實

春霙栄螺の籠を打ちにけり/大串章

凩や蝉も栄螺もから許り/正岡子規

正装に二の膳遠し焼栄螺/大井貞一

栄螺採る一足毎の月光下/中西舗土

手拭に包み余りし栄螺かな/森無黄

海神の彫琢の作栄螺置く/能村研三

壷焼や栄螺訪ひ寄る宵の人/星野麦人

栄螺取り小さき錨上げて去る/大串章

行秋の店閑散と焼さざえ/久米谷和子

栄螺焼く磯の焚火の板囲ひ/高木良多

栄螺焼裾の寒さの暖簾うち/石川桂郎

栄螺選る無口を楯に島男/古賀まり子

父に聞く父の老後や焼栄螺/中西夕紀

磯掃きて妻の迎へる栄螺舟/相馬沙緻

栄螺焼く男も町も古びけり/鈴木鷹夫

荒磯の栄螺丸味の強かりき/高橋和子

岩鼻に舟あそばせて栄螺突/手島靖一

俳句例:21句目~

雨に焼く栄螺の白さ夏が果つ/中拓夫

栄螺の腸良薬にして弾む酒/高澤良一

不安定なりし安定栄螺置く/石井とし夫

炎天に尻うち据ゑて栄螺割る/矢島渚男

玄海の怒濤湧き立つ栄螺採る/井手芳子

海中に見れば大きな栄螺かな/小川竜雄

すしに添ふ一個の栄螺寒の卓/宮武寒々

尖として栄螺の角のあをみたる/中拓夫

濡れ髪の海女が下げくる栄螺籠/辻芳郎

夕市や地べたの華の海老栄螺/石川桂郎

渦巻くはさみし栄螺も星雲も/奥坂まや

波音も木の国の音栄螺焼く/藤井冨美子

浜で買ふ栄螺がこぼす朝の潮/渡辺和子

早苗饗の土間に届きし栄螺籠/畠山譲二

春一番角を踏ん張る栄螺殻/百合山羽公

松の塵浮みて焼くる栄螺かな/阿部歔木

栄螺焼く匂ひに着きし島渡船/小林一行

江ノ島の風ゆるびいる焼栄螺/山中蛍火

風花とおもいて栄螺蓋ひらく/和知喜八

風道にたまる寒さや栄螺売り/清水基吉

俳句例:41句目~

栄螺の蓋裏返しみてひとり酒/高澤良一

海光のなほまつはりて栄螺籠/鷹羽狩行

半島の出鼻さざゑの水覗突漁/高澤良一

変貌す中年さざえ蓋もたぐ/柴田白葉女

しんかんと栄螺の籠の十ばかり/飯田龍太

栄螺焼く阿鼻叫喚のきこえずや/白岩三郎

村百戸海老を栄螺を初荷とす/鈴木真砂女

熔鉱炉去れば栄螺の眠り欲し/八木三日女

海女の焼きくるゝ栄螺に箸をとり/森田峠

雛菓子の栄螺の角の折れてゐる/田中冬二

壺焼の栄螺の城を落とすべく/大木あまり

安定せざる栄螺の殻を座右にす/中村和弘

火の栄螺噴くに遅速やいますべて/小澤實

栄螺かなし神が創し手をひろげ/橋本鶏二

己煮る壷を立てたる栄螺かな/百合山羽公

己煮る壺を立てたる栄螺かな/百合山羽公

磯桶に栄螺ころばせ三国海女/池内ひろむ

網の中さざえは夜を鳴き合へる/湯本牧人

栄螺提げ来て磯径にすれ違ふ/坊城としあつ

栄螺の殻ふえれば櫻咲きにけり/加倉井秋を

俳句例:61句目~

栄螺の角天地をさして夏に入る/鈴木真砂女

物憂けにひとり栄螺のうなだるゝ/尾崎紅葉

生栄螺しこしこ噛んで夜の怒濤/鈴木真砂女

根緒の海士栄螺あげたり夕焼波/烏越すみこ

荒潮に角を落として伊勢栄螺/長谷川かな女

きな臭きものには倚らず栄螺の腸/高澤良一

栄螺の蓋釦によからむなどと酔ひ/高澤良一

どう置いても栄螺の殻は安定す/加倉井秋を

どこ置いても栄螺の殻は安定す/加倉井秋を

寒栄螺火に乗る生身ちぢませて/長谷川秋子

一と箇所を茜色にし女栄螺か/長谷川かな女

動きゐる湯治みやげの栄螺かな/平山/愛子

夜は泳ぐ栄螺ときくにあはれなり/山田箕好

ふなばたに鬼殻さざゑ揚げられし/高澤良一

今捕りし汐垂りさざえ海女に買ふ/原コウ子

敷る花のなさけ知りたる栄螺かな/中川宋淵

栄螺の殼ふえれば桜咲きにけり/加倉井秋を

焼きさざえに落す醤油や能登の果/細見綾子

栄螺にもふんどしがありほろ苦し/津田清子

能登さざえ生きて届きし大暑かな/細見綾子

俳句例:81句目~

さざえ焼くうしろで海が夜となる/大村龍爪

はるばると海よりころげきし栄螺/秋元不死男

さざえ籠横抱きに来る安房の海女/壺井/久子

栄螺の棘どれかひとつは我を指す/田川飛旅子

烏賊と海胆さざゑちりばむ半島絵図/高澤良一

さし上げし海女の手にある栄螺かな/巻野南風

焼さざえ角ふんばつてゐたりけり/加藤三七子

ロゼワイン栄螺の腸のほろにがさ/佐々木幸子

佗住もたのしきものよ栄螺焼く/阿部みどり女

ころがりてほどよくとまる栄螺かな/大屋達治

栄螺の殼つまめるやうに出来てゐる/加倉井秋を

栄螺の殻つまめるやうに出来てゐる/加倉井秋を

言ひたきを言はず栄螺の尻とがる/山野邊としを

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ