季語/遍路(へんろ)を使った俳句

「遍路」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「遍路」について

【表記】遍路

【読み方】へんろ

【ローマ字読み】henro

子季語・関連季語・傍題・類語など

・遍路宿(へんろやど:henroyado)

・善根宿(ぜんこんやど:zenkonyado)

・遍路道(へんろみち:henromichi)

・遍路笠(へんろがさ:henrogasa)

・遍路杖(へんろづえ:henrozue)

・四国巡(しこくめぐり:shikokumeguri)

・一国巡(いっこくめぐり:ikkokumeguri)

・島四国(しましこく:shimashikoku)

季節による分類

・「へ」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

遍路を含む俳句例

養花天鏡一面遍路宿/黒田杏子

老遍路寺の厠を心あて/小澤實

雲辺の寺へ遍路の鈴二つ/岡崎伸

秋遍路瓦一枚寄進せる/室谷幸子

延命水遍路杖にも一雫/手塚美佐

舷の子遍路の手やはらかし/麦草

獄中の畳を歩く秋遍路/角川春樹

兄自殺母水死吾夢遍路/星野石雀

遍路杖こまごまと物固結び/林徹

同道に仙薬頒つ秋遍路/山縣輝夫

失明の夫労り冬遍路/常石いつ子

同宿は会津訛の老遍路/西岡栄子

白遍路番外終へて一切終ふ/秋を

磴登る足軽々と秋遍路/高市幸子

逆縁に秋の遍路を志す/辻口静夫

夕遍路雨もほつほつ急ぎ足/素十

透明の合羽に遍路衣かな/小澤實

童顔の残る遍路と道連に/森白象

先ぶれは遍路の鈴や仏舞/林和子

布浅黄女人遍路の髪掩ふ/草田男

俳句例:21句目~

遍路宿海の入日に波斯猫/山本源

塩田に遍路の鈴の遠音あり/舟月

潮臭き宿毛の雨に徒遍路/高澤良一

堂縁に離れて座り夏遍路/川口茂子

塩田を雲とへだてゝ遍路ゆく/青畝

夏遍路四万十川に足浸す/塚本弘満

夕ぐれを仏貌して秋遍路/大庭星樹

百畳に善男善女遍路宿/武内婦美子

松籟や撞木の揺れと秋遍路/飴山實

笠をとり女となりし秋遍路/山本允

大山の沢で浄めし遍路杖/河相瑛子

麦踏みの大足がゆき遍路みち/原裕

海近き遍路寺なり夕詣り/岡井省二

白皙の青年なりし遍路笠/松島千代

お遍路が一列に行く虹の中/渥美清

風通しよき山門に夏遍路/上崎暮潮

我も亦秋の遍路の心もて/高濱年尾

鈴音の谺しみ入る秋遍路/黒木幸子

野の風に念仏申し秋遍路/佐野八洲

遠ざかる遍路の鈴や捩花/有馬朗人

俳句例:41句目~

お遍路に一歩の力花槐/河野多希女

遍路笠脱ぎて仰げり山桜/沢木欣一

むすめ遍路に雪割櫻夕櫻/黒田杏子

椿咲く岬遍路の撞く鐘か/田中千恵

方言を違へて次の遍路衆/湯川河南

お遍路の後姿の父に似し/河野久栄

遍路宿蒟蒻桶の水凍る/栗田やすし

遍路宿小学生のとびだせり/小澤實

遍路一団睡り落つ後の月/黒田杏子

遍路一人落花一幹明星来/黒田杏子

秋遍路声を低めて物語/成瀬正とし

一日の遍路疲れの杖洗ふ/佐藤灯光

一枚はお遍路さんの花筵/南冨美子

三状の寺一白の遍路の衣/高橋柿花

極月の遍路に灯る長珍屋/黒田杏子

方丈に帷子積んで遍路寺/氷川殉子

二階まで軋む階段遍路宿/塩野邦江

装束を雲より白く秋遍路/鷹羽狩行

宿賃の宵勘定や遍路宿/合田丁字路

袋より袋を出せり秋遍路/和久利甫

俳句例:61句目~

俳遍路東風三丁の廻り道/中野三允

元日にかはいや遍路門に立つ/一茶

先達の腰鈴やさし遍路坂/村上洋子

先頭の遍路が海の入日見る/桂信子

蜩やてんでに洗ふ遍路杖/稲荷島人

桑青し秩父遍路も蜂起跡/佐藤佳郷

私有地を通す接待遍路道/石河義介

舷窓に白らむ濤音秋遍路/伊藤敬子

春風や遍路飯くふ仁王門/正岡子規

甲板の月光に立つ秋遍路/豊田蕗花

波音を同行として秋遍路/芳西兌子

島遍路干潟歩きて近道す/芳野正王

木の情石のこころに秋遍路/岡本眸

川尻の冬枯ここも遍路道/角田独峰

残生の躬一つ支ふ遍路杖/伊東宏晃

磯鵯に秋の遍路の影法師/飯田龍太

名水に屯して秋遍路かな/宮内春燈

君たちや俄か遍路の秋日傘/岸田稚

黒潮や渓に沿ひ来る夏遍路/林晴美

あまりにも波打際を遍路行く/大牧広

俳句例:81句目~

渦潮の橋渡り来る島遍路/池内けい吾

大風に花蘂降れり夕遍路/大石香代子

大食堂遍路が砂を零しけり/伊沢/恵

渡り来て海へ合掌島遍路/江頭けい子

涸滝に遍路数珠揉み経唱ふ/石原栄子

おのが曳く影をだいじに秋遍路/黛執

笈摺もみな手作りと老遍路/久住文子

姦しき浪花の人と遍路かな/京極杞陽

笈の荷の風に重たき冬遍路/堺/昭治

窓占めて夏山迫る遍路宿/長戸ふじ子

稀にあふ逆の遍路や室戸道/高浜虚子

泣かむには遍路の袖の袂無し/岡本眸

格好の母に似てゐし秋遍路/保坂伸秋

秋遍路跼みて恵まるる何か/黒田杏子

お遍路に路傍の石も仏顔/山本くに子

子遍路の叱られてゐる夕蛙/吉野桜午

子遍路の杖に雨泌む結願寺/神谷翠泉

秋遍路泊めて流転の話など/森本久平

秋遍路日暮は潮の匂ひする/児玉輝代

秋遍路急がぬ杖を磴につき/高濱年尾

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ