季語/朝曇(あさぐもり)を使った俳句

俳句例:101句目~

修羅くぐる夢いくたびも朝曇り/長谷川双

朝曇り気概ばかりが雄々しくて/高澤良一

梅の実の朝曇りせるはしづかなり/秋櫻子

馬立ちて運河にうつる朝曇り/榎本冬一郎

白薔薇おもおもしくも朝ぐもり/飯田蛇笏

いつもゐる俥屋みえず朝曇/久保田万太郎

わが泣けば鴉が喘ふ朝ぐもり/鈴木真砂女

かかへゆく牧草の香の朝ぐもり/中村四峰

店はなにきらずの匂ふ朝ぐもり/荒井正隆

朝ぐもり不法人居に似たるかな/角川源義

すつぽん田水うつうつと朝曇/長沼冨久子

朝曇午後は灼くべし頭のほてり/石塚友二

朝ぐもり窓より見れば梨の花/高村光太郎

朝曇晴れかゝりては萵苣をかく/早船白洗

朝曇蓮咲く景を置きにけり/久保田万太郎

朝曇ネクタイといふ莫迦なもの/細川加賀

鐘鳴れば雀よろこぶ朝ぐもり/稲垣きくの

雉子鳴くや持ちこたへたる朝ぐもり/麦水

梶の葉の朝曇りせるもとに倚る/八木林之介

朝ぐもり海岸日傘ひとつひらく/相生垣瓜人

俳句例:121句目~

朝ぐもり海盤車の形に南瓜咲く/百合山羽公

朝曇り生きるかなしさ人に会ふ/河野多希女

朝ぐもり紅茶におとすひとりごと/野口光江

今日といふ日が動き出す朝ぐもり/刀根双矢

水鶏ゆくや育良の山の朝ぐもり/日夏耿之介

朝曇げんのしようこに目を据ゑて/石澤道郎

声すでに樹上の子らよ朝ぐもり/千代田葛彦

伽羅の香のかすかはいとし朝曇/河野多希女

ふるづけに刻む生姜や朝ぐもり/鈴木真砂女

葭切りのをちの鋭声や朝ぐもり/水原秋櫻子

みちのべに葦子ふとさよ朝ぐもり/木津柳芽

道草を浸す田水や朝ぐもり/五十崎古郷句集

かしこまでていねいに書く朝曇/工藤眞智子

なみつるるこれの鵜籠に朝ぐもり/飯田蛇笏

紀の川をのぼり来る船朝ぐもり/古賀まり子

門を掃く箒がおもし朝ぐもり/五十崎古郷句集

みみずももいろ土の愉しき朝ぐもり/柴田白葉女

タイトルとURLをコピーしました