季語/朝曇(あさぐもり)を使った俳句

「朝曇」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「朝曇」について

【表記】朝曇

【読み方】あさぐもり

【ローマ字読み】asagumori

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

朝曇を含む俳句例

朝曇芋の下土乾きゐて/篠原

斑牛黒牛牧は朝曇/市川典子

朝ぐもり唖の病者は何思ふ/源義

米粒に跼んで拾ふ朝曇/古舘曹人

朝曇梅干の核に執着し/斎藤空華

朝曇雀十羽のどれが母/野澤節子

杜若咲くや日照りの朝曇り/浪化

放牧の石狩の野の朝曇/野村泊月

佛壇に引戸多しや朝曇/関戸靖子

自己流の太極拳や朝曇/山縣輝夫

牧の馬みな歩きをる朝曇/越央子

草木の吐く息つよし朝曇/中丸涼

あら~に田人出揃ひ朝曇/西山泊雲

前向ける雀は白し朝ぐもり/草田男

大樟に鴉きてゐる朝曇り/上野澄江

朝曇墓群覚むること遅く/下村槐太

棒杭のあたまは平ラ朝曇/三橋敏雄

青田より光湧き出づ朝曇/相馬遷子

炊き上る飯の香甘し朝曇/伊藤京子

朝曇松葉牡丹にすぐ晴るる/清三郎

俳句例:21句目~

照りそめし楓の空の朝曇/石田波郷

片減りの荒砥水吸ふ朝曇/小早川恒

卑近なる記憶還らず朝曇/高澤良一

名曲も美酒も余韻を朝曇/上井正司

大謀網沖に仕掛けて朝曇/毛塚静枝

孟宗のはだへ冷たき朝曇/村上光子

朝曇火を熾しゐる川魚屋/太田壽子

山ケ根に沈める靄や朝曇/西山泊雲

捕虫網持つ子がはやも朝曇/上野泰

旅の金すでにも乏し朝曇/小林康治

甕はその重みに坐り朝曇/村越化石

朝曇相模野は畑黒く延ぶ/宮津昭彦

産院の沈丁ことに朝曇り/飯田蛇笏

朝曇一人砂丘の遊子たり/菊池育子

朝曇蛞蝓の歩がきらきらと/中拓夫

朝曇出航の銅鑼湾わたり/蓑和松徑

黒猫に小さき牙ある朝曇/田中巻子

朝曇鮑をとりに真水持ち/宇佐美魚目

僧千人かくし一山朝曇り/長谷川秋子

葭切のをちの鋭声や朝ぐもり/秋櫻子

俳句例:41句目~

真菰川そよぎ息めて朝曇り/松村蒼石

ふるさとの朝曇にぞ起きにける/窓秋

馬の眸に前髪かかる朝曇/正木ゆう子

大椀に三河の浅蜊朝ぐもり/皆吉爽雨

朝曇り遠くに桐の花咲ける/岸風三楼

幾本か棺に釘うつ朝曇り/榎本冬一郎

富士みえる筈のあたりの朝曇/車谷弘

旅の金すでにも乏し朝曇り/小林康治

朝曇さきほど薬飲んだっけ/高澤良一

朝曇りの生ま木をぶち割る/大橋裸木

朝曇今日ときめある一慶事/高木晴子

朝曇り墓にもの云ふ声聞き過ぐ/秩父

朝曇善とごとくに蕗は濡れ/下村槐太

妊りて跼まる妻や朝ぐもり/杉山岳陽

枕木に噴く錆色や朝ぐもり/平子公一

朝曇山鳩似合ひ啼きにけり/星野立子

枝移る毛虫の列や朝ぐもり/石田波郷

活鯛をしろがね造り朝ぐもり/赤松子

朝曇港日あたるひとところ/中村汀女

鰻池に藁ういてゐる朝ぐもり/桂信子

俳句例:61句目~

蝮裂きし肉のももいろ朝曇/岡本高明

石臼のものうき音や朝曇り/田中冬二

朝曇黄のうちかすむ女郎花/高澤良一

祭まで育ておく鯉朝ぐもり/水谷晴光

湯治茣蓙抱へて出づる朝曇/白井爽風

華やかに鏡の裡の朝ぐもり/影島鏡芝

朝曇り留守居の犬に水替へて/塩川祐子

はぶ草の葉のさめがてに朝曇/木津柳芽

フルートの調べやさしき朝曇/高橋君枝

刃ものより遠く身を置く朝曇/福永耕二

朝曇り牛の群がる塩くれ場/松林千恵子

入坑に気の乗らぬ日の朝曇/戸澤寒子房

朝曇坂に見られてゐるごとく/山西雅子

朝曇壊れぬやうに生きる母/山田みづえ

朝曇り鈍く光れるドアのノブ/高澤良一

朝曇楽土さがしに毛虫行く/百合山羽公

朝曇白足袋はいて出でにけり/増田龍雨

木斛か黐か知らねど朝曇/久保田万太郎

筆の穂のかなしき反りよ朝曇/相馬黄枝

一ところ海が眩しく朝ぐもり/加藤斐子

俳句例:81句目~

唐黍の紅毛噴きだす朝曇り/千代田葛彦

水口は人の顔浮く朝ぐもり/宇多喜代子

皮となる牛乳のおもてや朝ぐもり/草城

河はモネの彩得つつあり朝ぐもり/林翔

泡吹虫泡ふきやまず朝ぐもり/小野喬樹

諏訪口の開きをれども朝曇/八木林之介

病む人に白き嘘言ふ朝ぐもり/堀口星眠

七夕や心もとなき朝ぐもり/高橋淡路女

相馬野の神事ひかへし朝ぐもり/下田稔

朝ぐもり昔は家に火種ひとつ/三橋敏雄

笹餅の笹剥ぐ越の朝ぐもり/上田五千石

糶傷の魚ばかりや朝ぐもり/大木あまり

老い母の違和はすべなし朝ぐもり/遷子

胸反らし刻告ぐる鶏朝ぐもり/大橋敦子

朝ぐもり水面に触れて虫のとぶ/桂信子

朝曇り墓前の土のうるほひぬ/飯田蛇笏

軒雀飛ばずさわげり朝ぐもり/相馬遷子

酒臭きわれは瓜なり朝ぐもり/三橋敏雄

糶あとの雑魚掃きおとす朝曇/長谷川閑乙

沖つ藻は花咲くらしも朝ぐもり/福永耕二

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ