季語/油虫(あぶらむし)を使った俳句

「油虫」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「油虫」について

【表記】油虫

【読み方】あぶらむし

【ローマ字読み】aburamushi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・ごきぶり(ごきぶり:gokiburi)

・御器噛り(ごきかぶり:gokikaburi)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

油虫を含む俳句例

電灯を傾け探す油虫/右城暮石

灯すや飲喜走りの油虫/細川加賀

灯すや歓喜走りの油虫/細川加賀

遁走の夜の高級車油虫/嶋田麻紀

油虫高熱地獄覗き去る/小林康治

食堂車にも足早の油虫/品川鈴子

油虫窺はれゐて窺ふよ/飯島静子

母が家や母が叱する油虫/岸田稚

一家族初ごきぶりに動顛す/林翔

油虫途中で笑ひ消えし顔/岸田稚

油虫瓦斯の焔が美しく/嶋田みつ子

風呂場寒し共に裸の油虫/西東三鬼

ごきぶりに涙と思ふ齢かな/秋澤猛

油虫多きわが家に妻迎ふ/茨木和生

油虫外は月光隈なくて/山口波津女

油虫出づ鬱々と過す人に/山口青邨

拭きあげて広き厨や油虫/岩本初子

刃の上を走りて逃げし油虫/長田等

命令で油虫打つ職にあり/守屋明俊

売文や夜出て髭の油虫/秋元不死男

俳句例:21句目~

逃げず打たれず南国の油虫/品川鈴子

油虫打たず憐むにもあらず/亀井糸游

百姓の楽寝のそばに油虫/百合山羽公

異端夜にきざす髭立て油虫/古舘曹人

油虫跋扈厨に隣る妻の閨/磯貝碧蹄館

油虫紙よりうすき隙くぐる/右城暮石

甲羅へて只憎まるゝ油虫/百合山羽公

太古より生きて髭振る油虫/柴田奈美

油虫死ぬ触角を伸し切り/八木三日女

油虫死して触角風に動く/山口波津女

油虫打たれた後の絨毯なり/四ッ谷龍

油虫仕留めて心よろこばず/遠藤梧逸

くらがりに悪を働く油虫/山口波津女

油虫追ひ打つ音の続けざま/山川能舞

ねむたさの襷をかけぬ油虫/雛津夢里

油虫ネオンの赤き夜に会ふ/右城暮石

油虫くみし易しと髭振れる/行方克巳

油虫追ひつめられぬ胸に詩/小林康治

影を出て影を曳き出す油虫/鷹羽狩行

油虫人をうかゞひゐる如く/豊東蘇人

俳句例:41句目~

更けて寧し礦夫長屋の油虫/小林康治

抽出の中の野明りあぶら虫/栗林千津

髭振りつ次はどうでる油虫/高澤良一

僧を過ぎ女人の方へ油虫/鈴木六林男

あるはずのなき隙間へと油虫/土生重次

油虫殺すいちめんの夕日いろ/加藤楸邨

翅持たぬ仔を置きざりに油虫/右城暮石

見逃してまた憎み見る油虫/百合山羽公

遅き帰宅油虫を妻打擲せり/中戸川朝人

ひとの家の油虫妻抱くときも/細川加賀

ものを書くわれに髭ふり油虫/下村梅子

出でてすぐ逃ぐる気配の油虫/中村秋晴

夜寒さや吹けば居すくむ油虫/富田木歩

我いまだ寝ても居らずよ油虫/鈴村寿満

文学は遠し油虫に這ひ寄られ/藤木清子

夜寒さや吹けば居すくむ油蟲/富田木歩

油虫しつかと打ちて婚十年/矢口由起枝

油虫われを嫌がらせて走る/山口波津女

油虫ヨーチン丸く塗りて少女/香西照雄

油虫手を施すも出るには出る/高澤良一

俳句例:61句目~

油虫かくまひ燈下の青瓜どち/香西照雄

かくながき飛翔ありしや油虫/山口波津女

こほろぎが油虫らの夜に替る/百合山羽公

逃ぐるとき身の透き暁の油虫/北原志満子

夫が逃げわれの打ちたる油虫/吉田/麗子

ねむたさがからだとらへぬ油虫/中村汀女

ねぶたさがからだとらへぬ油虫/中村汀女

つとめ読む書は飽き易し油虫/五十嵐哲也

油虫にぶくなりしをもう追はず/山口誓子

油虫したたか打たれ酔ふごとし/行方克巳

愛されずして油虫ひかり翔つ/橋本多佳子

油虫暗きに居ればゆるしけり/山口波津女

ごきぶりの右往左往の鞭の修羅/河野南畦

身を護るため油虫桟より墜つ/山口波津女

淑女には遠しごきぶり打ち据ゑて/林明子

ごきぶりの銭より光るとろろ汁/古舘曹人

ごきぶりも同じ驚きなりしこと/下田実花

あぶらむし明るき雨にぬれそぼつ/白川京子

ごきぶりの何と大きく舞ふ雪夜/殿村莵絲子

うたたねの猫の鼻先ごきかぶり/藤井寿江子

俳句例:81句目~

ごきぶり取器小物ばかりが掛りけり/樋笠文

ごきぶりを見とがめし妻さあ大変/高澤良一

ごきぶりを見しより疑心兆したる/西村和子

ごきぶりを打馴れてゐて打洩らす/高澤良一

ごきぶりを前にわくわくする一打/高澤良一

ごきぶりや氷河を滑り来たる艶/小檜山繁子

燈をつけしことにうろたへ油虫/山口波津女

ごきぶりの棲み古る家に吾も住み/田中暖流

ごきぶりのどうでもよきが髭を振る/高澤良一

抜糸して四日ごきぶり打ちすゑたり/中山純子

ごきぶりよ溲瓶あやまついかにせん/小林康治

ごきぶりを天敵として友として/坊城としあつ

ごきぶりをどうしてくれやう丑満刻/高澤良一

ごきぶりの追ひつめられて壺酒を楯/亀井糸游

ごきぶりや妻の怒りははげしきもの/森川暁水

あぶらむし尻立てて夏至くもりけり/佐野俊夫

ごきぶりや孤りのこころ試されて/徳田千鶴子

ごきぶりも乗りたるノアの箱船に/副島いみ子

ごきぶりの夜ごとの罠に二匹づつ/赤松けい子

ごきかぶりゲストのやうに現はるる/高澤良一

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ