季語/朝寒(あささむ)を使った俳句

「朝寒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「朝寒」について

【表記】朝寒

【読み方】あささむ

【ローマ字読み】asasamu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・朝寒し(あささむし:asasamushi)

・朝寒み(あささむみ:asasamumi)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

朝寒を含む俳句例

朝寒や関の扉の開く音/蝶夢

朝寒く鎖は軋る船二つ/楸邨

朝寒や蟾も眼を皿にして/一茶

朝寒や看板残る氷店/正岡子規

朝寒や白粥うまき病上り/草城

朝寒や垣の茶笊の影法師/一茶

獣の鼾聞ゆる朝寒ミ/正岡子規

朝寒や雑巾あてる門の石/一茶

朝寒や自ら炊ぐ飯二合/夏目漱石

朝寒の翡翠覗く池の面/石塚友二

朝寒の蒸気をまとう連結子/林徹

朝寒の寺へ花売車来て/細川蛍火

川西の故郷も見へて朝寒み/一茶

朝寒や歯磨匂ふ妻の口/日野草城

朝寒や青物洗ふ高瀬川/村上霽月

朝寒や柱に映る竈の火/佐藤紅緑

朝寒の露も下りざる芒かな/石鼎

朝寒や手を放したる刎釣瓶/魯丸

朝寒や寒水石の手水鉢/寺田寅彦

朝寒の混浴女向うむき/高澤良一

俳句例:21句目~

朝寒のけふの日南や鳥の声/鬼貫

深川の家尻も見へて朝寒き/一茶

朝寒や鬼灯垂るる草の中/龍之介

朝寒の今日の日南や鳥の声/鬼貫

朝寒の潮来夜寒の鹿島かな/素十

朝寒き弓ひく音や塀の内/会津八一

朝寒や汽罐車ぬくく顔を過ぐ/風生

朝寒の日当る門や杉の奥/野村泊月

朝寒き貝より薄き骨拾ふ/古館曹人

朝寒く夜寒く人に温泉あり/たかし

朝寒の牛の鞦つけにけり/松瀬青々

朝寒や大魚動かず淵の底/正岡子規

朝寒し適塾を守る拭掃除/岩崎照子

朝寒や万年青一鉢舟住居/野村喜舟

朝寒や阿蘇天草とわかれ発ち/龍太

朝寒の枕頭にあり新聞紙/島田青峰

朝寒の桂離宮の御門かな/成瀬正俊

朝寒の大き足音牛乳来る/沢木欣一

朝寒の家鴨流るゝ小川哉/寺田寅彦

朝寒も夜寒も人の情かな/夏目漱石

俳句例:41句目~

二日咲く木槿となりて朝寒し/暁台

朝寒や車引き込む大根畑/寺田寅彦

高原や朝寒の天張りつめて/有働亨

大内山思ふ朝寒夜寒かな/岩崎照子

陸橋に満つ朝寒の女学生/草間時彦

朝寒や花一すじの水引草/野村喜舟

寺子屋の門うつ子あり朝寒み/太祇

松風や朝寒顔の小鰺売り/村山古郷

朝寒を土におどろく佐官哉/森鴎外

朝寒や花より赤き蓼の茎/内藤吐天

朝寒の人各々の職につく/高浜虚子

朝寒の撫づれば犬の咽喉仏/草田男

朝寒の仏頂面を洗ひをり/村山古郷

朝寒や音羽へ下りる鼠坂/野村喜舟

朝寒の冷水浴を難んずる/夏目漱石

朝寒や鞭ふりならす羊飼/寺田寅彦

朝寒の穴ぼこのごと旅鞄/内田美沙

朝寒や雨滴落ちの捨柚釜/会津八一

朝寒き壷や千年毒ねむり/加藤楸邨

朝寒や太鼓に痛き五十棒/夏目漱石

俳句例:61句目~

朝寒や富士を向ふに大根畑/寺田寅彦

朝寒や山と静けきわが心/東洋城千句

朝寒や幹をはなるゝ竹の皮/室生犀星

朝寒や息かけて捺す出勤印/皆吉爽雨

朝寒や手をもみ初めて菊のはな/風斤

朝寒や泥をつめ込む壁の穴/寺田寅彦

朝寒や洗ひ上げたる舟に乗る/上野燎

出勤簿朝寒の顔来ては去る/石田海市

朝寒や生きたる骨を動かさず/漱石)

朝寒や白きかしらの御堂守/村上鬼城

朝寒や胸につかへし茄玉子/田中美沙

朝寒や菜屑ただよふ船の腹/杉田久女

朝寒や薩摩絣のめでたくも/野村喜舟

朝寒や見て戻りたる魚市場/奥田彩雲

旅立ちや朝寒の息弾ませて/高澤良一

日本の朝寒夜寒煮こぼれる/坪内稔典

朝寒や豆腐の外に何もなし/井上井月

朝寒う波打際をあるきけり/寺田寅彦

朝寒き水の豆腐の真つ四角/佐野良太

朝寒や起つて廊下を徘徊す/正岡子規

俳句例:81句目~

朝寒や起てしはぶく古ごたち/炭太祇

朝寒や通夜から戻る二人連/内藤鳴雪

朝寒や青菜ちらばる市の跡/正岡子規

朝寒となりしか常の父の音/能村研三

朝寒にある明るさに始る日/高木晴子

朝寒に凛たる初心勤めにも/香西照雄

朝寒や鳩に餌を撒く寺の庭/寺田寅彦

朝寒や鼻血おさへし旅の人/子規句集

朝寒を覚ゆる杖に庭あるき/高濱年尾

柱鏡に風見えてゐる朝寒し/臼田亞浪

閑ヵとは児の寝姿や朝寒み/野村喜舟

朝寒の喇叭を聞くや城の下/寺田寅彦

朝寒の噴煙折るる飛騨の方/水谷晴光

朝寒の地蔵湯に湯を使ふ音/高澤良一

朝寒の大きな星が残りけり/山本洒石

朝寒の子に縁側の光りをり/星野立子

朝寒の山水満つる木賊かな/中島月笠

朝寒の教室にもう誰かゐる/行方克巳

朝寒の杣が届けし端書かな/野村泊月

朝寒の来し郵便は父にのみ/中尾白雨

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ