季語/馬鈴薯(じゃがいも/ばれいしょ)を使った俳句

「馬鈴薯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「馬鈴薯」について

【表記】馬鈴薯

【読み方】じゃがいも/ばれいしょ

【ローマ字読み】jagaimo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・じゃがいも(じゃがいも:jagaimo_)

・じゃがたらいも(じゃがたらいも:jagataraimo)

・八升芋(はっしょういも:hasshoimo)

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

馬鈴薯を含む俳句例

頂上や月に乾ける薯畑/前田普羅

馬鈴薯の宅送届く紋別産/高澤良一

薯畑にただ秋風と潮騒と/山本健吉

金堂の壇にて馬鈴薯を頒つ/右城暮石

馬鈴薯のゑくぼ大きは男爵か/千葉仁

赤茶けし馬鈴薯畠鶏ひらめく/桜井博道

掘るほどに広き馬鈴薯畑なる/石倉京子

未来語る馬鈴薯菓子の紅の上/古沢太穂

雷雨あと馬鈴薯露呈臍も二三/香西照雄

じやがいもの北海道の土落す/中田品女

馬鈴薯の白さを秘めし土のまま/稲畑汀子

馬鈴薯累々と机辺遽かに土臭し/栗生純夫

幸福の靴首にかけ馬鈴薯を掘る/山口青邨

馬鈴薯掘る土の匂ひの日の出前/山崎明子

蔓引くや馬鈴薯童子連なりて/坂本香寿子

万有引力あり馬鈴薯にくぼみあり/奥坂まや

火山灰原の静かな生活馬鈴薯を掘る/関歳子

馬鈴薯収穫童子童女らころころと/栗生純夫

馬鈴薯を夕蝉とほく掘りいそぐ/水原秋櫻子

馬鈴薯の湯気立ててゐる野分かな/岸本尚毅

俳句例:21句目~

愛と憎じゃがいもの皮剥いている/望月一美

かなしくて馬鈴薯を掘りさざめくも/石田波郷

馬鈴薯ふとり光りつ土をまろび出し/江良碧松

馬鈴薯を掘りて積みゆく二頭馬車/鈴木洋々子

マダムの外寝馬鈴薯個々にころがり/赤尾兜子

幸を掘るごとし馬鈴薯さぐり掘る/瀬沼はと江

火山灰かぶりたる馬鈴薯掘りにけり/広中白骨

じやがいもの荷を解き土の匂ひたつ/池田順子

じやがいもを児の手引っ張りつつ運ぶ/堀葦男

茹であがる馬鈴薯塩をふきあげて/大野雑草子

男を女をじゃがたらのごとゴヤ描けり/上林裕

あらせいとう葱じやがいもや老夫妻/八木林之介

じゃがいもでありし落とせし紙袋/伊津野/朝民

じやがいもは煮たり焼いたり土の神/小檜山繁子

土間の馬鈴薯家温に馴染みそめしなん/栗生純夫

じやがいも売り且秋の薔薇たばね売る/小池文子

馬鈴薯に創こころはやれるは妻ならん/栗生純夫

馬鈴薯掘るやメシヤ天より現れずに地より/宮津昭彦

肉/葱/馬鈴薯ごつた煮にして走り梅雨/能村登四郎

朝日がタッチ舗道に見つけた無疵な馬鈴薯/磯貝碧蹄館

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ