季語/バナナを使った俳句

「バナナ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「バナナ」について

【表記】バナナ

【読み方】ばなな

【ローマ字読み】banana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・甘蕉(みばしょう:mibasho)

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

バナナを含む俳句例

透明な沖の残光青バナナ/河合凱夫

舷を叩くが習ひバナナ売り/吉田鴻司

バナナ採る梯子かついで園案内/篠原

大温室全開バナナに風入れて/高澤良一

やや青きバナナの房ゆちぎりあふ/篠原

青バナナ逆立ち太る硝子の家/西東三鬼

バナナむき食む夜暑し犬の影/瀧井孝作

温室にバナナ実れる野分かな/岸本尚毅

丑三つの厨のバナナ曲るなり/坊城俊樹

バナナ熟れ礁の月は夜々青し/神尾季羊

兵舎の黒人バナナ争う春の午後/島津亮

バナナ食ぶ月海上に泛びけり/河村すみ子

南米産バナナは台湾バナナの横/高澤良一

一房の皿はみ出してバナナ盛る/小谷久子

バナゝ噛むや明治大帝の御ン勲/尾崎迷堂

闇汁のバナナゆるゆる煮えてきし/辻桃子

美しくバナナの皮をたゝみけり/高浜朋子

竹富島竹なしバナナ実らせて/鈴木真砂女

病室の湯呑みの脇にバナナの斑/高澤良一

留守番のバナナよく減る夏休み/二村典子

俳句例:21句目~

バナゝ揺るゝ夢も朧よ復覚むる/林原耒井

バナナむく吾れ台湾に兵たりし/鈴木栄一

一本のバナナ分け喰ふ山湖かな/尾崎木星

海は照り青きバナナの店ならぶ/田村木国

村をゆくバナナ包みが香を放ち/飯田龍太

安バナナ花びらのごと子へ開く/香西照雄

虚子が詠む変な俳句のバナナかな/筑紫磐井

赴任先からとバナナの送られし/稲畑広太郎

青さ残るバナナ手にせり戦火近し/村沢夏風

青バナナ子に買ひあたふ港のドラ/細見綾子

バナナむく器用不器用なかりけり/稲畑汀子

バナナ剥く夏の月夜に皮すてぬ/芥川龍之介

バナナ食ふ女のエゴはゆるすべし/行方克巳

愚に近き日日やバナナは色づきて/金子兜太

川をみるバナナの皮は手より落ち/高浜虚子

川を見るバナゝの皮は手より落ち/高浜虚子

打ち傷のあるバナナより食べらるる/坂井建

撓みふかく冬の茶房にバナナの房/宮津昭彦

日本人と見れば日本語バナナ売/吉良比呂武

枯野人バナナを出して子をあやす/岸本尚毅

俳句例:41句目~

涅槃像バナゝがあげてありにけり/河野静雲

あかつきの霧のながるるバナナ市/千代田葛彦

なるほどバナナ/形からしてバナナ/木村聡雄

油塗る肌つやゝかやバナナもぐ/長谷川かな女

バナナ下げて子等に帰りし日暮かな/杉田久女

バナナの香フルーツパーラ昼暗く/松本たかし

焦土来てバナナ売る灯を突切つたり/石川桂郎

瓦斯の灯にバナナを買ふや漁夫親子/加藤楸邨

バナナの葉うなづき星はまばたきて/香西照雄

傷バナナ七つのかなしみありました/松本恭子

夜の航武器のごとくにバナナを持ち/金子兜太

バナナすんなり剥けて観戦大リーグ/高澤良一

バナゝ下げて子等に帰りし日暮かな/杉田久女

これやこの珍のバナヽをそろそろ剥く/日野草城

傷バナナに七つのかなしみありました/松本恭子

泣きメロン泣きバナナ棺詰めてをり/赤松けい子

バナナの皮剥いてバナナのありにけり/小林草吾

バナナにもありしその季の廻り来し/相生垣瓜人

一度のみ子規もバナナを詠みをれり/相生垣瓜人

バナナづたひ真珠のネックレスちらり/伊東達夫

俳句例:61句目~

バナナ食むや背戸の時雨を折り句にて/内田百間

バナナ瑞葉地にとどきたり氷久の棲家/香西照雄

バナナ持ち洗濯機の中のぞきこむ/しらいししずみ

バナナ/コレラを花鳥と呼べりさう思ヘ/筑紫磐井

バナナの値月に糶られてゐたりけり/久保田万太郎

黒くなつたバナナがありよれたネルを着/喜谷六花

朝市の涼一とくるみバナナの葉///ジャワ/高澤良一

ゆつたりと泊船を入れバナナの葉///八丈島/高澤良一

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ