季語/水木の花(みずきのはな)を使った俳句

「水木の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「水木の花」について

【表記】水木の花

【読み方】みずきのはな

【ローマ字読み】mizukinohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「み」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

水木の花を含む俳句例

水木咲き枝先にすぐ夕蛙/森澄雄

千仭の谷や水木の花翼/武居余史

花水木紅ゆゑに人目ひく/野村久雄

あはあはと浄土のみどり花水木/林翔

おしなべて山の空なり花水木/高橋龍

霄壌や谷は日を断つ花水木/古館曹人

花みづき川は疲れて芥溜む/巌谷小波

花水木のみ震災の前のまま/三村純也

客間に客そして家裏花水木/阿部完市

家裏に廻る夕日や花みづき/草間時彦

花水木駅前通り真つ直ぐに/石川泰子

生国やいまのまぼろし花水木/齋藤玄

鳩を見てをれば妻来て花水木/石田波郷

くれなゐの影淡くゆれ花水木/小島花枝

会うために生れきし朝花水木/高澤晶子

夜は星の子と語るかな花水木/渡部良子

教会の聖書ぼろぼろ花水木/大木あまり

水売のようにそよいで花水木/阿部完市

水木咲き市民虚ろの目をさらす/有働亨

水木咲く下の暗がり水鳴りて/田山諷子

俳句例:21句目~

真昼間の空を押しあげ花水木/伊藤敬子

素性よき樹木といはむ花水木/高澤良一

臨終の目にてもの言ふ花水木/三森鉄治

花水木咲かせ妖精飛び立ちぬ/岡本一代

花水木咲き清潔な夜が来る/向野由貴子

花水木降りしきる雨陽のさして/中拓夫

花水木風の行方の夕ぐれて/小林喜美子

花水木散りこむ池やゴルフ場/左右木韋城

花水木明日なき恋といふに遠し/西村和子

田を守る水木の花もをはりたる/六角文夫

石上や修羅ともならず花水木/磯貝碧蹄館

水木咲く乙女聖尼を誓ふ日は/秋月すが子

水木咲いて中宮門主の恋古りし/渡辺水巴

一つづつ花の夜明けの花みづき/加藤楸邨

花水木待たるることのある如し/西村和子

花水木浮きつ浮かせつ顔ひとつ/小檜山繁子

田仕事のひとりふたりや水木咲く/森田公司

庭を掃く水木の花のあかるさに/宮川きしを

これよりの谷の深さや花みづき/飯田波津恵

かはたれの水木の花のうすなさけ/松本光太郎

俳句例:41句目~

花みづき十あまり咲けりけふも咲く/水原秋櫻子

むかし清瀬にあまたの悲恋花水木/七田谷まりうす

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ