季語/鮓(すし)を使った俳句

「鮓」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鮓」について

【表記】鮓

【読み方】すし

【ローマ字読み】sushi_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鮨(すし:sushi__)

・すもじ(すもじ:sumoji)

・箱鮓(はこずし:hakozushi)

・柿鮓(こけらずし:kokerazushi)

・散し鮓(ちらしずし:chirashizushi)

・五目鮓(ごもくずし:gomokuzushi)

・稲荷鮓(いなりずし:inarizushi)

・信田鮓(しのだずし:shinodazushi)

・巻鮓(まきずし:makizushi)

・笹巻鮓(ささまきずし:sasamakizushi)

・毛抜鮓(けぬきずし:kenukizushi)

・松の鮓(まつのすし:matsunosushi)

・握り鮓(にぎりずし:nigirizushi)

・飯鮓(いいずし:iizushi)

・早鮓(はやずし:hayazushi)

・一夜鮓(いちやずし:ichiyazushi)

・鮎鮓(あゆずし:ayuzushi)

・鮎の姿鮓(あゆのすがたずし:ayunosugatazushi)

・鮒鮓(ふなずし:funazushi)

・釣瓶鮓(つるべずし:tsurubezushi)

・宇治丸鮓(うじまるずし:ujimaruzushi)

・鯖の馴鮓(さばのなれずし:sabanonarezushi)

・ハタハタ鮓(はたはたずし:hatahatazushi)

・鯖鮓(さばずし:sabazushi)

・ばってら(ばってら:battera)

・昆布巻鮓(こぶまきずし:kobumakizushi)

・松前鮓(まつまえずし:matsumaezushi)

・雀鮓(すずめずし:suzumezushi)

・鱧鮓(はもずし:hamozushi)

・鱒鮓(ますずし:masuzushi)

・蛇の鮓(じゃのすし:janosushi)

・大阪鮓(おおさかずし:osakazushi)

・ばら鮓(ばらずし:barazushi)

・あられ鮓(あられずし:ararezushi)

・鮓圧す(すしおす:sushiosu)

・鮓漬ける(すしつける:sushitsukeru)

・鮓熟れる(すしなれる:sushinareru)

・鮓の石(すしのいし:sushinoishi)

・鮓桶(すしおけ:sushioke)

・鮓売(すしうり:sushiuri)

季節による分類

・「す」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

鮓を含む俳句例

笋の勢にこけたり鮓の石/李由

早鮓に平相国の鱸かな/炭太祇

飯鮨鯉なつかしき都かな/其角

鮓食て先おちつくや祭顔/蒙野

名月や屋台の鮨の美しき/碧童

早鮓や東海の背戸の蓼/子規句集

山崎の使は遅し一夜鮓/大塚甲山

敬老の日の給食の鮪鮨/巌谷小波

鯛鮓や一門三十五六人/子規句集

押鮨に借らばや汝が石頭/谷活東

鯖鮓や縁先は夜の桐畑/岡本高明

鮒鮓や庇の上の彦根城/野村泊月

上方の穴子押鮨春の宵/國島十雨

染付の皿鮎鮓の紅生姜/河野伸子

鮓桶や洗い~し白妙に/尾崎迷堂

船人の近江言葉よ鮓膾/高浜虚子

飯鮓の鱧なつかしき都かな/其角

姿鮨駅弁に鮎姿なさず/石川桂郎

赤貝のひもに終りし夜の鮓/森澄雄

店先の菊美しやあづま鮨/寺田寅彦

俳句例:21句目~

青虫を呑みし岩の脂鮨/高垣美恵子

鮎鮨や子に川筋の話など/今泉貞鳳

三の酉舌に冷たき鮨の貝/野澤節子

早鮓の昼にならぬや初ざくら/和流

鮨くうて皿の残れる春の暮/桂信子

鮎鮨の笹に泳ぎし姿かな/今泉貞鳳

鮎鮓や生きてよし野の瀧の/森鴎外

山々に草木酣けて鮎の鮓/長谷川櫂

信楽や鮒鮓つくる竹の宿/松瀬青々

鮨食べて柿の葉残る戦争や/徳弘純

門前に鮓売る店や門徒寺/寺田寅彦

鮎鮓へ黒き箸また朱き箸/長谷川櫂

鮓売の裏坂すぎぬ竹の月/飯田蛇笏

鮓桶の塗美しき燈下かな/星野立子

鮓の石冷極つて曇りけり/菅原師竹

圧石の力うつりし鮎の鮓/長谷川櫂

憂人の鮓にもすこし初がつを/巣兆

夏柳岸の鮨屋も蔵造り/酒詰万千雄

鮓桶に雀遊べる噴井かな/島田青峰

鮎鮓の駅の山北清水かな/野村喜舟

俳句例:41句目~

鮎鮓に茶の芳しき夕かな/高田蝶衣

湖の鮒鮓の便またむかな/会津八一

鮓うりのかざしにとれや花樗/暁台

婿倅来たりや卒爾の鰯鮓/岩木躑躅

鮎鮓に染付の藍匂ふかな/田阪笑子

鮓宿へ旅人下りぬ日の峠/飯田蛇笏

馴鮓の飯の白妙啖ひけり/日野草城

楽屋団欒して鮓圧せり夏朧/久米正雄

此宿や飛瀑にうたす鮓の石/飯田蛇笏

水重くして寒鯉の鮨うごく/岩田由美

海凍る国に鮭鮓甘きかな/河東碧梧桐

涛声に簀戸堪へてあり鮓の桶/原石鼎

濤声に簀戸堪へてあり鮓の桶/原石鼎

釣瓶鮨ありと聞き来し町暑し/森田峠

燕とび喪服の婦人鮓購へり/宮武寒々

百韻の巻完うして鮓なれたり/森鴎外

砧うてば破れ了りぬ鮓の石/千家元麿

つゝましき暮しながらに祭鮓/山中晋

竹院や野風にさます鮓の飯/松瀬青々

はや鮓の蓋とる迄の唱和かな/炭太祇

俳句例:61句目~

芭蕉忌や残んの菊に鮓寒し/松瀬青々

諸子鮨八荒すぎし比良の相/水野好枝

通し土間奥を灯せる鮒鮓屋/田中英子

一夜鮓廬山を横に眺めけり/松瀬青々

遊学の子とお別れの鮨の宿/吉田きみ

世阿弥忌の乾びはじめし姿鮓/辻桃子

鮎鮨や吉野の川は水痩せて/佐藤鬼房

飯桶を伏せて鮎鮓休みの日/後藤夜半

飯粒の臍もれ白し雀鮓/安斎桜カイ子

今少しなれぬを鮓の富貴哉/高井几董

鮎鮨や山を幾重にわが母郷/近藤一鴻

鮒鮓の桶のゆるびも十二月/草間時彦

手づくりの芹鮓開き湯治客/坪根里杏

鮒鮓やたずねて空気濃き入江/澁谷道

鮒鮓や瀬田の夕照三井の鐘/正岡子規

鮒鮓をねかす月日の波の音/高見岳子

鮒鮨の桶の封切る春まつり/羽田岳水

鮒鮨の譜代伝はる重石かな/橋本鶏二

鮓つくる主婦に宵宮の祭笛/石塚友二

鮓のれん尻切蜻蛉来て止る/萩原麦草

俳句例:81句目~

夕立や鮓売る男しとゞなる/寺田寅彦

鮓の石金輪際に据ゑにけり/前田普羅

天皇誕生日未明に鮨を匂はしめ/林翔

鮓一つつまんで神楽面つける/松本旭

鮓切るや主客五人に違ふ皿/前田普羅

鮓売も人におさるゝ祭かな/横井也有

鮓腹に吉野の山河帰りなむ/皆吉爽雨

鮨にぎる手がガラス越し春霰/桂信子

鮨を食うまで数々の武勇伝/田浪富布

我老いて柿の葉鮓の物語/阿波野青畝

鮨屋へのカレーの出前油照/山口恵子

鮨桶の中が真赤や揚雲雀/波多野爽波

押鮓や一番神輿門を過ぐ/本多ちづ子

鯉はねる音を真近に一夜鮓/森尾仁子

鱒鮨や火山の死活ならべ見る/菅裸馬

鱧鮓を膝に金比羅囃子かな/壺井久子

東の市干鱈/鮓など賣る女/筑紫磐井

松園の絵雛更けゆく温め鮓/大島民郎

あなご鮨うまし夕潮満ち来たり/谷迪子

鮓の香や酢なめ仙人古き画に/野村喜舟

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ