季語/万緑(ばんりょく)を使った俳句

俳句例:201句目~

万緑やはづしてしまひたき頭蓋/吉原文音

奈落めく万緑の谷蝶ただよふ/鷲谷七菜子

万緑や青年耶馬の陶に生く/阿部みどり女

万緑や山羊のきづなも草がくれ/栗生純夫

万緑やおもへばながき冬ごもり/西本一都

万緑や巨岩の孤独はじまれる/殿村菟絲子

橋揺れてきて万緑の揺れはじむ/古館曹人

万緑や御座船の朱ケゆるぎ無く/岡本差知子

ガイドブック手に万緑の寺めぐり/小松和子

わがこころ万緑に開け放ちけり/石井とし夫

万緑をしりぞけて滝とどろけり/鷲谷七菜子

万緑を下降すケーブルカーに坐し/右城暮石

万緑を吹きなびかせて雨来たる/池口美奈子

みしみしとみしみしと夜の万緑/高野ムツオ

またたびの葉の万緑をひらめかす/大橋敦子

ぱつちりと血や万緑の中に喀き/千代田葛彦

万緑やこけし笑まわす筆さばき/田畑はつ枝

万緑や太初の言葉しづかに炎え/野見山朱鳥

二の腕細き遺児よ万緑左右に迫り/香西照雄

使ひ捨てカメラ万緑あふれしむ/北見さとる

俳句例:221句目~

矢放たれ万緑に吸ひこまれゆく/今井千鶴子

万緑の旅のやうやく身に温泉の香/皆吉爽雨

万緑やおどろきやすき仔鹿ゐて/橋本多佳子

長く生きこの万緑のたかぶりに/関口みぐさ

登れども登れども万緑界を出でず/福田蓼汀

夜をはなれ行く万緑の牧場かな/中田佳都美

万緑や火を焚けばなにか寒さあり/斎藤空華

万緑の森に入る目をガラスにして/正木ゆう子

抽象具象の量感万緑のまつただ中/河野多希女

万緑無情こと切れし吾に口きく海の底/橋本夢道

万緑暗し一石路罪なき命、召し捕らる/橋本夢道

万緑の声あげて「南無妙法蓮華経」かな/橋本夢道

万緑日本よ宣戦布告なきベトナム侵略の共犯者/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました