季語/万緑(ばんりょく)を使った俳句

俳句例:101句目~

万緑のしたたる谿に温泉あり/上村占

万緑の墨のごとしや海芋咲き/山口青邨

万緑の山高らかに告りたまへ/奥坂まや

万緑の底の峡の温泉一人占め/小谷渓子

万緑の狭間の海や船ゆけり/藤田鶴之丞

万緑へ山小屋の鍵ひびかせり/渡辺桂子

万緑やこぼさぬやうに産湯桶/鷹羽狩行

万緑やまだ炭の香の廃れ炭窯/川村紫陽

万緑やみどり児の掌に生命線/都筑智子

万緑やわが恋川をへめぐれる/巌谷小波

万緑やわが額にある鉄格子/橋本多佳子

万緑や一塔とほき世より立つ/西川織子

万緑や一語づつ読むマタイ伝/田島佑子

万緑や乱れ許さぬバツハの譜/吉原文音

万緑や人はその日の色を著て/嶋田一歩

万緑や伏せ甕の罅地にとどく/内藤吐天

万緑や動かぬ山の近づき来/永田耕一郎

万緑や地より剥がせし青目石/西本一都

万緑や外から見れば暗き團居/香西照雄

万緑や山もろともに渡来せる/和田悟朗

俳句例:121句目~

万緑や抱きしめてのち納骨す/法水有里

万緑や揮毫の全紙老を乗せ/赤松ケイ子

万緑や木の香失せたる仏たち/伊藤通明

万緑や森の鳥語はみな愛語/藤原たかを

万緑や死は一弾を以て足る/上田五千石

万緑や水につながる死者生者/加藤耕子

万緑や波をつくりて紙を漉く/近藤静輔

万緑や温泉あるゆゑの山の駅/石山佇牛

万緑や溢れせしもの水と恋/河野多希女

万緑や火の山鳴りが押しわたる/中條明

万緑や真っただ中にいる乞食/対馬康子

万緑や筋交ひ打たぬ家もなし/西本一都

万緑や鈴の緒いたむ弁天堂/中村冨美子

万緑や雲に分け入る僧一人/金箱戈止夫

鯉の跳ね万緑一瞬緋の入りぬ/尾崎弘子

万緑や高舞ふ一羽鷹と見し/米田双葉子

万緑をゆくうらごゑをきき覚ゆ/中田剛

万緑を来る風若さは白き皿/柴田白葉女

万緑を統べて神話の塔高し/稲畑廣太郎

万緑にゆだねしごとき命かな/青木重行

俳句例:141句目~

万緑に五重の塔の朱をこぼす/松本澄江

万緑に加はりてあり千枚田/嶋田摩耶子

万緑に吾が眼鏡澄み吾が非力/楠本憲吉

口開けて死が待ってゐる万緑/栗林千津

万緑に坐せし新聞凹みしまゝ/右城暮石

咳止みて万緑滾りゐる寝覚め/斎藤空華

万緑に朴また花を消すところ/皆吉爽雨

万緑に沈む夕日の朱を見たり/福田蓼汀

万緑に火をうち込みぬ登り窯/落合水尾

万緑に頬ふくらませ吹く喇叭/福田蓼汀

万緑のあの世この世を風来坊/大口元通

万緑のあまりに激し眩みをり/杉山岳陽

万緑のところどころに天の窓/山本歩禅

海境なし万緑の志摩と伊勢/百合山羽公

万緑のひとつの幹へ近づきぬ/桜井博道

濁世なれども万緑の山河あり/見田英子

万緑の一葉を毟り取りにけり/行方克巳

牛乳を飲む万緑に負けぬやう/辻美奈子

万緑の中や吾子の歯生え初むる/草田男

目つむれど尚万緑の中に在り/森田幸夫

俳句例:161句目~

肘若し万緑に弓ひきしぼり/野崎ゆり香

腕を上げ万緑の枝つかみけり/松尾隆信

万緑の中層々と贋アカシア/橋本多佳子

万緑の吊橋一人でも揺るる/長谷川秋子

万緑や「死」に入るごとき櫓門/藤岡筑邨

万緑となる東京や髭伸びつつ/榎本冬一郎

万緑に淵のしづけさ極まりぬ/岡本まち子

死の肯定万緑のなか水激ぎつ/鈴木しづ子

オホツクの風万緑に吹きすさぶ/右城暮石

万緑や巨石の孤独はじまれる/殿村莵絲子

万緑や許せぬものも四囲に満つ/香西照雄

万緑や貧者も得たる母子手帳/磯貝碧蹄館

万緑や悲しみをもて胸充たす/殿村菟絲子

万緑や我れを忘れて汝となる/山崎十死生

万緑や一樹吹きしぼられてをり/串上青蓑

万緑の賞味期間の真つただなか/櫂未知子

万緑の中や三井寺荒れにけり/野見山朱鳥

万緑をもつて秘したる修験道/加倉井秋を

万緑やラインに絵巻のごと古城/関森勝夫

万緑を一蝶浅くめぐりゐる/阿部みどり女

俳句例:181句目~

祓い塩白し万緑おしひらき/長谷川かな女

万緑や牛飼ひの掌のひろく優し/成田千空

火葬のとき熱いのはこまる万緑/栗林千津

万緑や撲たれしごとき身の火照り/岡本眸

万緑のこの静けさに囲まるる/阿部ひろし

万緑や日月われをめぐるのみ/野見山朱鳥

万緑のおのれ亡き世のごときかな/岸田稚

万緑の深みにはまりゐたりけり/徳永球石

万緑に硬山かむろなすところ/夏秋仰星子

万緑や生きるためのみ口あける/対馬康子

万緑に浮びし長谷の舞台かな/小竹梅堂子

逃げ足をちどりに鹿と万緑と/赤松けい子

万緑や木曾路はすべて山の中/今井杏太郎

道坂となりて万緑もりあがり/成瀬正とし

何釣るでなく万緑を釣つてをり/岩岡中正

万緑にレーニンの禿本を読む/大木あまり

倒れ木は朽つるままなり万緑裡/山本歩禅

万緑にあげて祝詞は言葉の祖/赤松ケイ子

宝庫とても半ばは闇や日の万緑/香西照雄

万緑や死はもろもろの管とれて/三嶋隆英

タイトルとURLをコピーしました