季語/夏の雲(なつのくも)を使った俳句

「夏の雲」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏の雲」について

【表記】夏の雲

【読み方】なつのくも

【ローマ字読み】natsunokumo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏雲(なつぐも:natsugumo)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏の雲を含む俳句例

大隅に湧く夏雲ぞ目に恋し/篠原

遠く湧く夏雲遺書は一俳誌/原裕

吹き反す袖は夏雲都府楼址/林翔

夏雲へ上昇気流青き輪に/杉本寛

夏雲濃し厩の馬に若竹に/飯田蛇笏

連峰の高嶺々々に夏の雲/高浜虚子

夏雲の俄かに昏く汐ぐもり/瀧春一

夏雲を更に遠ざけ製材音/右城暮石

夏雲をきざす晴天海黝む/飯田蛇笏

今はもう遠き立山夏雲に/高木晴子

夏雲の湧く峰ちかく軒雀/木村蕪城

山頂は夏雲の中駅を出づ/平賀淑子

夏雲や大王椰子の幹の瘤/内田百間

夏雲やホース全長水走り/増永安子

濯ぐ妻夜も夏雲は膨れおり/飴山實

夏雲に岬の松は日蔭なる/内田百間

夏雲に根性見せる武甲山/椎橋清翠

濤の面に漣夏雲漣こまか/香西照雄

夏の雲実験室は水止めず/中村汀女

夏雲や夢なき女よこたはる/桂信子

俳句例:21句目~

開発の高原に湧く夏の雲/梅沢信作

夏雲や後肢かろき犬の神/藤岡筑邨

届きゐし若布あぶれば遠夏雲/原裕

峠路の夕や夏の雲はやし/羅蘇山人

三角点ここが県境夏の雲/折上泉情

あるときは一木に凝り夏の雲/原裕

笑ひ仏三尊夏の雲湧けり/土田祈久男

放牛の影ゆるやかに夏の雲/横田光子

コロラドの巨き夏雲車駆る/仙田洋子

大島に来て椿なし夏の雲/高橋淡路女

夢多き日の遠くなる夏の雲/菅原哲男

夏雲や農夫肉群負ふごとく/香西照雄

夏の雲胸に母国を去る願書/有馬朗人

夏の雲湧き人形の唇ひと粒/飯田龍太

夏雲や青墓の出の白拍子/宇佐美魚目

夏雲に夕影早き川面かな/大場白水郎

夏の雲朝からだるう見えにけり/一茶

夏雲に節水のビラ反り返る/下山宏子

夏雲の濃ねず薄ねず奥会津/高澤良一

夏雲や駱駝をわたす大黄河/加藤楸邨

俳句例:41句目~

団三郎術をくらべよ夏の雲/尾崎紅葉

騰る騰る夏雲に山頂はあり/佐野良太

木道の果て夏雲に届きけり/早川暢雪

病む妻の祈る夏雲神に見え/今泉貞鳳

夏雲を髪挿す女島やアテネ近し/林翔

夏雲の湧く山麓に荘傾斜/深見けん二

夏雲の夜も旺んなる山泊り/細井みち

蝶失せし空や夏雲倒れくる/米谷静二

夏雲の底伐木のころがる音/中島斌男

夏雲や八十路初めて患者食/松村蒼石

累卵めく夏雲白樺下枝繁し/香西照雄

夏雲や大漁に湧く地引網/藤本スエ子

夏雲の裾より引ける地曳網/土岡夕焼

夏雲や山人崖にとりすがる/飯田蛇笏

夏雲の運び忘れし草ロール/浜本直子

夏雲の湧き立つ彼方血戦す/久米正雄

海に湧く夏雲何を企らむや/菖蒲あや

夏雲の下ミナス州ゴヤス州/高野素十

夏雲を赭き岩群を踏み下る/中島斌男

異国めく夏雲を負ひ尊徳碑/香西照雄

俳句例:61句目~

夏雲のからみてふかし深山槇/飯田蛇笏

夏雲の下の原爆記念館にわれ/目迫秩父

夏雲の旺んに立てる飛騨の方/京極杞陽

夏雲の湧きてさだまる心あり/中村汀女

夏雲の空港に別れ来たりし手/阿片瓢郎

夏雲の高さにひと日口籠る/津沢マサ子

夏雲へ骨のかたちの膝立てて/谷野予志

夏雲やいるか光りて宙に飛ぶ/池田順子

夏雲や球体二基の瓦斯タンク/秋山未踏

夏雲や諸人弔問のゆきかへり/飯田蛇笏

夏雲をながす風向き空に見き/高澤良一

夏雲生む末の松山松老いて/成瀬桜桃子

玄海に湧く夏雲を野に見たり/筑網臥年

天壇は四方の夏雲率て峙てる/原田青児

山に夏雲かくれてゐるや林檎村/中拓夫

嶺掴みして夏雲の立ち上がる/小澤克己

巨濤幾重沖の夏雲襞もちさく/香西照雄

朝日生み夏雲淡くうづくまる/香西照雄

窓大きくて夏雲の悲喜も見ゆ/友岡子郷

草負ふ人夏雲載せて低まる峯/香西照雄

俳句例:81句目~

薬師堂とは夏雲の湧くところ/山本洋子

あれ夏の雲又雲のかさなれば/広瀬惟然

ふところに花こそ匂へ夏の雲/上島鬼貫

夏の雲の移り易きを好みけり/尾崎迷堂

夏の雲女神は海に出て呼べる/石原舟月

夏の雲種付けし牛静かなり/三浦のぼる

常臥に夏の雲日々ふくれくる/三好潤子

戸障子を美しく住み夏の雲/宇佐美魚目

此の旅の終りを告ぐる夏の雲/高木晴子

熊となり海豹となる夏の雲/法本フミ女

牡丹いけて夏の雲わく伏屋かな/中勘助

犬抱けば犬の眼にある夏の雲/高柳重信

墓へ名刺夏雲の辺で空濃ゆし/香西照雄

夏雲に入るみなかみや大黄河/山本歩禅

夏雲群るこの峡中に死ぬるかな/飯田蛇笏

夏雲の立ち上がりくる地引網/舟越とみ子

夏雲を育ててわが日窶れける/津沢マサ子

大都いま夏雲頭上に伸すばかり/椎橋清翠

霹靂として神去りましぬ夏の雲/石井露月

行幸いま夏雲比叡の背にもなく/岸風三楼

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ