季語/梔子の花(くちなしのはな)を使った俳句

「梔子の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「梔子の花」について

【表記】梔子の花

【読み方】くちなしのはな

【ローマ字読み】kuchinashinohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花梔子(はなくちなし:hanakuchinashi)

季節による分類

・「く」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

梔子の花を含む俳句例

月光の届き梔子窶れけり/樋笠文

山梔子を乾かしありぬ一筵/夕芽

梔子を一輪浅井忠の墓/岡田史乃

我宿の山梔子しろし杜宇/松岡青蘿

山梔子の尚莟持つ薄暑哉/小澤碧童

梔子に横顔かたき修道女/三宅一鳴

顎剃る至近山梔子はありぬ/中田剛

山梔子や都を遠く女学校/桑原三郎

山梔子に提灯燃ゆる農奴葬/飯田蛇笏

膵病めば梔子色に春の月/土岐錬太郎

山梔子の花の矢車平らかに/高濱年尾

城ちかき山梔子の花凋みたり/中田剛

くちなしや北前船の羅針盤/吉田紫乃

登窯隅まで梔子の風通ふ/柴崎左田男

山梔子や築地の崩れ咲きかくし/麦水

花梔子経消壺のあをあをと/柚木紀子

くちなしの花びら汚れ夕間暮/後藤夜半

くちなしや細き声にて子守唄/松藤夏山

くちなしや医者の頭の中思ふ/松本文子

くちなしの香や尼寺はこのあたり/黛執

俳句例:21句目~

くちなしの錆花沈め安徳陵/松崎鉄之介

梔子やできぬ約束してゐたり/浦川聡子

くちなしの花一色に埋れたし/竹田小時

淀殿の墓山梔子の白似合ふ/池田とみ子

梔子やみどり子の白怖しし/文挟夫佐恵

梔子の香のうかがへる天守閣/進藤一考

山梔子の香り流れし闇の路地/今泉貞鳳

黄昏へ山梔子は白離さじと/河野多希女

風生れ来るくちなしの花の中/入江雪子

山梔子や合壁に人形師仏壇師/福田蓼汀

薄月夜花くちなしの匂ひけり/正岡子規

山梔子や家をはなるること二日/中田剛

山梔子や植木畑を田のかこみ/石川桂郎

朝筵くちなしの黄を乾し並べ/大島葭人

くちなしを手折る女の腋くらし/岸田稚

梔子の匂ひをくぐる静けさよ/岩田由美

山梔子の花青ざめて葉籠れる/木村滄雨

くちなしや禁欲の肌ねつとりし/吉野義子

くちなしを艶なりといふ肯はず/高浜虚子

今朝咲きし山梔子の又白きこと/星野立子

俳句例:41句目~

山梔子にいりあひの宙闢くなり/飯田蛇笏

山梔子のねばりつくごと闇匂ふ/森島幸子

山梔子の火が晴天をまねきけり/平井照敏

山梔子の蛾に光陰がたゞよへる/飯田蛇笏

山梔子の賤しからざる旧居かな/清崎敏郎

山梔子の香の掴むほど朝の卓/猪俣千代子

山梔子の香の馥郁と消えまじく/稲畑汀子

山梔子は萎えぬすずろに汗匂ふ/太田鴻村

月の夜を経し山梔子は月色に/永井東門居

山梔子のやつるる刻の愛痛し/長谷川秋子

秘めし忌や花梔子は雨ごもり/古賀まり子

錆びてより山梔子の花長らへる/棚山波朗

くちなしに触れ淡々と汲取夫/殿村莵絲子

くちなしの匂ふこの家に今暫し/京極杞陽

くちなしの夕べの花のふと匂ふ/杉本山盧

くちなしの無意識界の白浮ぶ/殿村菟絲子

くちなしの白きに遠き想かな/岡本/求青

くちなしの花さき闇の月贏せぬ/飯田蛇笏

くちなしの花より暁けて接心会/中川宋淵

くちなしの花剪り呉れし坊の妻/椎橋清翠

俳句例:61句目~

用もなき山梔子を干す余寒かな/小澤碧童

あさきゆめ梔子の香が濃かりけり/平井照敏

山梔子の香に眠り落ち女どきなる/山田弘子

山梔子の花ほど白き帯のなし/長谷川かな女

山梔子の香に今年また逢ひ得たり/福井玲堂

山梔子の咲き初め梅雨に戻りたる/小澤碧童

花山梔子おのが匂ひに傷みけり/佐藤美恵子

くちなしの匂ふに花のよごれけり/松村蒼石

山梔子のにほひ爛れてをりにけり/高澤良一

くちなしの強烈にして語尾を噛む/伊藤敬子

汗疹の子あそぶ山梔子にほひけり/石原舟月

くちなしの辺を行く父の後ろ見え/野澤節子

くちなしの白きを園のあはれとす/田上石情

くちなしの逢魔が時をしろじろと/下村梅子

くちなしの花の錆びたる閻魔さま/斎藤夏風

くちなしのしづくをこぼす匂ひかな/田中裕明

山梔子や葉のくらやみに浮び咲く/廣江八重櫻

風葬を思へり山梔子夜をあきらか/河野多希女

山梔子の香を籠め濡れてゐる空気/井上花鳥子

くちなしにいくたびかはる風のみち/相馬沙緻

俳句例:81句目~

くちなしの花色なして梅雨のランプ/内藤吐天

くちなしに傘さしいづるあめのおと/飯田蛇笏

くちなしや死者のさしぐむ涙拭く/赤松ケイ子

山梔子の一花なれどもひたむきに/長谷川秋子

山梔子の褪せどき老いの労りどき/加倉井秋を

くちなしに飛ぶ白蝶の白からず/阿部みどり女

花くちなし錆びて果せぬことばかり/渡辺恭子

八重梔子書くために読む本の嵩/鍵和田のり子

プールサイドに梔子の花載せ泳ぐ/能村登四郎

くちなしのまぬがれがたく黄ばみそむ/下村梅子

くちなしの香を嗅ぎて寄るひとのあと/山口誓子

くちなしやひととの約はメモに書かず/鈴木栄子

くちなしの香もこそ人をおもへとや/成瀬桜桃子

夜をこめて八重くちなしのふくよかさ/渡辺桂子

老い無惨ともいとしとも花くちなし/柴田白葉女

山梔子や吹雪とこもる一顆あり/『定本石橋秀野句文集』

梔子の花ふくらみし下に来て今日言ふ言葉いひためし居り/伊藤保

しどけなく心のめりてゆくならずや罠のごとくに梔子匂ふ/蒔田さくら子

くちなしのみどりをすべて食みたりしあはれ身の隅までを青虫/坂出裕子

寒雁の声岬風に消えにけり/乙字句集/大須賀乙字、岩谷山梔子/名和三幹竹選輯

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ