季語/芭蕉の花(ばしょうのはな)を使った俳句

「芭蕉の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「芭蕉の花」について

【表記】芭蕉の花

【読み方】ばしょうのはな

【ローマ字読み】bashonohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花芭蕉(はなばしょう:hanabasho)

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

芭蕉の花を含む俳句例

夏帽に屋上園の花芭蕉/石原舟月

南洋の雨は大粒花芭蕉/河合いづみ

味うて珍の芭蕉の花の蜜/高澤良一

島庁や訴人もなくて花芭蕉/日野草城

義仲寺に文蔵二つ花芭蕉/古田とき女

芭蕉咲く平家名残の見張台/川勝ミヨ

花芭蕉仰げば蟻のかくれゆく/辻雪子

葉を透きて海の夕陽の花芭蕉/林蓬生

太陽へさかのぼる水花芭蕉/磯貝碧蹄館

泣ける子に芭蕉の花の粒が落つ/中條明

粉糠雨溜めて芭蕉の花暮るる/池田日野

花芭蕉むかしの波の音きこゆ/澤木欣一

花芭蕉母の電話の祖母のこと/対馬康子

実をつけて芭蕉の花のぶらさがり/菅直桑

島の子と花芭蕉の蜜の甘き吸ふ/杉田久女

帰環者に千の狂者と芭蕉の花/鈴木六林男

絶え間なく風の吹き来る花芭蕉/高木晴子

芭蕉咲き甍かさねて堂立てり/水原秋櫻子

花芭蕉九万九千日の知らせあり/渡辺竹子

花芭蕉風なき蟻をこぼしけり/篠田悌二郎

俳句例:21句目~

誰彼の死や水芭蕉の花ほんのり/榎島沙丘

ひんがしに芭蕉の花の向きにけり/室生犀星

子の丈や花芭蕉もぎて手渡すとき/下村槐太

花芭蕉日をふりこぼし揺れやまず/糟谷青梢

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ