季語/葭切(よしきり)を使った俳句

「葭切」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「葭切」について

【表記】葭切

【読み方】よしきり

【ローマ字読み】yoshikiri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・大葭切(おおよしきり:oyoshikiri)

・小葭切(こよしきり:koyoshikiri)

・行々子(ぎょうぎょうし:gyogyoshi)

・葦原雀(あしはらすずめ:ashiharasuzume)

・葦雀(あしすずめ:ashisuzume)

・葦鶯(あしうぐいす:ashiuguisu)

・麦熟らし(むぎうるらし:mugiururashi)

季節による分類

・「よ」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

葭切を含む俳句例

葭切は豊葦原の昔より/森田峠

葭切や豊葦原の昔より/森田峠

湖の水軟かや行々子/松藤夏山

葭切や河童二人の盥舟/野村喜舟

対岸の大葦原や行々子/田宮良子

風の日の海原青し行々子/上村占

遊船の小舟曳きゆく葭雀/松本進

抱卵の葭切乱す投網打/釜谷石籟

葭切や畑より高く満てる汐/篠原

葭切や麦刈時の印旛沼/野村喜舟

夕潮に浮きし葭原葭雀/橋田憲明

葭切や蛙も共に夜の声/中村史邦

世田谷は桜若葉に行々子/原石鼎

行々子どこが葛西の行き留り/一茶

行々子一村うまく寝たりけり/一茶

子育ての大声同志行々子/加藤楸邨

うちどめは観音堂や行々子/岸田稚

田の泥の額に乾く行々子/矢島渚男

行々子堤の下は機を織る/羽部洞然

登校のひとり遅れて行々子/長田等

俳句例:21句目~

鯉釣や呂尚が妻の行々子/尾崎紅葉

能なしの寝むたし我を行々子/芭蕉

葭切や一番星の低く出て/永久甲三

葭切や国に無用の葦の原/尾崎迷堂

芦原の中に家あり行々子/子規句集

芦叢の分つ水路や行々子/高濱年尾

葭切や夕映を曳く櫂の波/橋本榮治

月涼し葭切やみて葭の影/鈴木花蓑

莫連やいづこの岸も行々子/齋藤玄

葭切や大入日して葭の上/鈴木花蓑

葭切や屋根に男が立上る/金子兜太

葭切や布団を叩く音のして/後藤章

葭切や新聞おろす朝の船/松藤夏山

葭切が鳴けば必ず男来る/平畑静塔

一枚の板が濯ぎ場行々子/後藤暮汀

葭切や未来永劫こゝは沼/三橋鷹女

三十石船の来さうな葭雀/稲畑汀子

江戸女涼む版画に葭雀/百合山羽公

松原に葭原ありて行々子/河野静雲

葭切や糞船の犬吼立つる/村上鬼城

俳句例:41句目~

葭切や胸のさみしき水の上/岸田稚

葭切や舟着く頃の出商ひ/吉田冬葉

泥舟の遅々と行くなり行々子/寒江

葭雀の終日啼いて水長し/尾崎紅葉

淀川もここらは狭し葭雀/稲畑汀子

蒲焼は鰌なりけり行々子/野村喜舟

葭切やかかる所に駅廃れ/西村和子

有郁無郁の河川の境行々子/山中順子

いつまでも夕日沈まず行々子/森田峠

靴の泥こそぎ落せば行々子/高澤良一

葭切や何の煙か目に沁みて/岸本尚毅

葭切や潮の早瀬に一漁村/水原秋櫻子

葭切や蒲新田の昼の月/菅原師竹句集

葭切や艪臍に水を遺れ~と/野村喜舟

葭切や影はだかりて夕干帆/鈴木花蓑

道の上に跼む他なき行々子/石田波郷

しどけなく昼寝の女行々子/田中冬二

農婦病む背戸叫喚の行々子/相馬遷子

その辺に雀が飛んで葭雀/深見けん二

葭切や客あれば出す夕渡舟/青木重行

俳句例:61句目~

葭切や礎石に省く石もなし/伊藤敬子

車乗り入れて葭切さわぐ沢/稲畑汀子

葭切や片耳つんぼ夕焼けて/太田鴻村

をり~に葭切聞え雨やどり/清原枴童

誰もが箸使ひはじめて葭雀/中嶋秀子

潟の夏葭切汝を病ましけむ/林原耒井

行き著きて美しき沼行々子/高木晴子

葭切や深みもありて村の川/山本洋子

烈風に鳴く葭切や弟三十/榎本冬一郎

葭切や石棺しづむ浦の波/水原秋櫻子

行々子田夫野人の唄うたふ/高澤良一

行々子殿に一筆申すべく/波多野爽波

行々子晩潮にとび初めて/楠目橙黄子

地酒一本雨の湖北に行々子/近藤一鴻

行々子島を行き来の渡し舟/村上辰良

夕堤ただ行々子鳴くばかり/清原枴童

葭切や松千本の水ぐもり/服部鹿頭矢

夜は雨の堅田に眠り行々子/清水基吉

葭切や楼より楼へ舟かよひ/原田青児

能なしの眠たし我を行々子/松尾芭蕉

俳句例:81句目~

葭切や晒布に重石拾ひ置く/高田蝶衣

葭切や雨傘ひらくまでもなし/桂信子

葭切や昼を酒酌み痴けゐる/田中冬二

茎掴みそのまましなふ葭雀/高澤良一

輪中より輪中へつなぐ葭雀/杉山岳陽

春本を読みすて昼寝行々子/田中冬二

葭切や長江海となるところ/倉本三鶴

葭雀砂場の馬にこゑ流す/百合山羽公

葭雀水にみづいろ戻りたる/市場基巳

葭雀や弁當すみし作事小屋/井上井月

葭切やひくき日輪葭の上に/塚原夜潮

水底に墓あるはずの行々子/吉田紫乃

風の田を越えて聞えぬ行々子/谷活東

風来る葭切啼ける行手より/山口誓子

麻畑に行々子鳴て黄昏るゝ/寺田寅彦

さかのぼる揖斐の夕汐行々子/加藤霞村

さりながら人事いはず行々子/横井也有

ぽつかりと湖の日輪行々子/古賀まり子

むさし野に声はこもらず行々子/千代尼

よるべなく濁流はやし葭雀/百合山羽公

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ