季語/目高(めだか)を使った俳句

「目高」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「目高」について

【表記】目高

【読み方】めだか

【ローマ字読み】medaka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・緋目高(ひめだか:himedaka)

・白目高(しろめだか:shiromedaka)

季節による分類

・「め」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

目高を含む俳句例

目高泳ぐ貌三角に宿酔/岸風三樓

目高浮く最中へ落つる椿かな/素丸

風光り風よせの淀の目高/喜谷六花

絶滅の目高は虹に紅遺し/高澤良一

苗代へ分るる水の目高哉/正岡子規

紅葉山空へぽつぽつ目高水/和知喜八

群に入る目高素早く幸福に/金子兜太

目高らも流れに抗す草の花/篠田悌二郎

天不順なれど生れし春目高/百合山羽公

緋の目高布袋葵の根に孵る/遠藤アサ子

冬目高針湧くごとく深まりに/高井北杜

初目高二つの影の始めより/百合山羽公

緋目高を数へてをりし男かな/栗林千津

子に父が取って代れり目高捕/高澤良一

富士川や目高ほしさに秋の空/上島鬼貫

腸透きて目高はかなし石の上/宮慶一郎

芹目高乏しき水のぬるみけり/正岡子規

錆釘の如く目高をばらまける/行方克巳

めだかおたまじやくしといる/橋本夢道

菱の水めだか微塵に孵りけり/西島麦南

俳句例:21句目~

水の輪のもつれず目高解散す/尾上安弘

水の面が目高と蝶の境なす/猿橋統流子

水動き目高は止りをりにけり/稲畑汀子

河骨やあをい目高がつゝと行く/泉鏡花

点々と描く目高や水を画かず/野村喜舟

目高立体誰彼の肝見透しに/中村草田男

ゆく道や目高追う声追うてくる/兵庫池人

先頭の目高とまりてみなとまる/落合水尾

小流れに光のすぢの目高追ふ/石本百合子

小百姓しやがみて目高清らなり/中山純子

日本手拭目高を掬ふためのもの/松山足羽

春の日や目高はおのが波引きて/石塚友二

目高ゆく黒子の友は僧になり/小木ひろ子

目高棲む池見むとまた線路越ゆ/光永峡関

緋目高を買ひ来し灯の下にこそ/永井龍男

熱の子のため目高ども追ひ歩く/辻田克巳

波紋曲げてすゝむ目高や苗代水/西山泊雲

菱の中に日向ありけり目高浮く/村上鬼城

雑目高水脈つくりをり真菰の芽/水橋白岩

烏芋の芽をめぐる目高や壜の中/会津八一

俳句例:41句目~

鳴り鳴りて堰洩る清水目高迎へ/香西照雄

赤めだか針のごとき子生れたり/細見綾子

吾子ゆきて目高追ふ子にまぎれけり/瀧春一

新宿伊勢丹虹目高の胎落ちさうな/宮坂静生

目高泳げり俳句する人空気吸えよ/豊山千蔭

目高孵る塵のごときが飛びちがひ/野澤節子

黒南風や目高が鉢のそとに死し/篠田悌二郎

緋めだかの集散に目の狂ひだす/竹田登代子

目高散るあつと言う間の青葉かな/児玉悦子

こころ痩せて冬の目高と語りつぐ/つじ加代子

生きものはもういや緋目高飼ふことも/及川貞

目高浮く水をにごして雨刻々/飛鳥田れい無公

見てをれば風が消すなり縞めだか/八木林之介

目高寄る池のまんなかあかりかな/飛鳥田れい無公

目高浮くかすれ日脚や草の影/中川四明、粟津水棹/名和三幹竹共編

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ