季語/べらを使った俳句

「べら」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「べら」について

【表記】べら

【読み方】べら

【ローマ字読み】bera

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「へ」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

べらを含む俳句例

赤べらの上に青べら籠の中/吉野十夜

べら釣の向ふの舟も女づれ/今井つる女

べら釣の波乗小舟島端末に/松本たかし

大落暉べら一匹と子ら五人/下山田禮子

引率者不在べらの子ちりぢりに/樋笠文

影燦々べら釣りの気ままなる/森田緑郎

青べらを釣り落したる潮蒼し/芳野正王

げんなりと赤べら籠に腹を見せ/高澤良一

べらの潮いまは差し口競ひ釣る/浜中柑児

べらの舟この渦潮に百は見ゆ/佐野まもる

べら焼くや紅の縞うすれゆく/広瀬美津穂

べら釣れずなり舟酔を感じをり/松下鉄人

青べらの大息つきて果てにけり/佐々木風

べらを釣る日延べつゞきの旅役者/田村泊子

べら釣るや天守は山の上に小さく/中塚黙史

焼きて煮てべらの七色失せにけり/立花豊子

べらを釣る屋島舳となり艫となり/三浦恒礼子

べら釣のべら釣れ過ぎて倦みにけり/石原義輝

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ