季語/撒水車(さんすいしゃ)を使った俳句

「撒水車」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「撒水車」について

【表記】撒水車

【読み方】さんすいしゃ

【ローマ字読み】sansuisha

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「さ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

撒水車を含む俳句例

撒水車境内巡る桜かな/増田龍雨

撒水車道広ければ又通る/稲畑汀子

撒水車地上げ私道の端濡らす/安西篤

汗し病み黄天に背に撒水車/片山桃史

犬の如駅の撒水車に逐はれ/石田波郷

あしたより撒水車駆け祭かな/岸風三楼

ついてゆく揚羽蝶あり撒水車/高野素十

撒水車の荒き身動き甲府の街/阿部完市

撒水車ゆきて還らざる数多/山田みづえ

撒水車土の匂ひに咽せかへる/栗田直美

撒水車挫折の道は酸鼻なす/田川飛旅子

撒水車水雫してしまひかな/池内たけし

撒水車空の碧きを敷きゆけり/池田梓郎

撒水車軽鳧浮く堀の水汲めり/柏原眠雨

曲るたび虹生まれ行く撒水車/田中政子

水充たし影濃くなりて撒水車/高崎武義

豪華なる今日の眺めの撒水車/福永耕二

夕凪や行つたり来たり撒水車/田中田士英

廈あひの雲のましろき撒水車/大橋櫻坡子

撒水車おのが濡らせし道かへる/富田木荘

俳句例:21句目~

撒水車去りしんかんと紺屋町/正木ゆう子

雨期明けの街に出て来し撒水車/猿渡青雨

赤子と母へ撒水車くる一路あり/磯貝碧蹄館

撒水車の後ゆくよきことある如し/立木青葉郎

撒水車の濡れが重なる競馬の負け/加藤かけい

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ