季語/夏の蝶(なつのちょう)を使った俳句

「夏の蝶」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏の蝶」について

【表記】夏の蝶

【読み方】なつのちょう

【ローマ字読み】natsunocho

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏蝶(なつちょう:natsucho)

・梅雨の蝶(つゆのちょう:tsuyunocho)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏の蝶を含む俳句例

石壊えて夏蝶の天鮮しや/林翔

漆黒の揚羽蝶彫り陶枕/辻桃子

岩伝ふ鎖に休む夏の蝶/有賀玲子

国立美術館より夏の蝶/橋本榮治

夕立来烏蝶飛び烏飛び/川端茅舎

暗きまで沼は緑や烏蝶/依田明倫

高原の夏の薊に山の蝶/高濱年尾

療園に時間は澱む揚羽蝶/有働亨

夏蝶の去り白墨の音戻る/藤井彰二

日除帽被て烏蝶遠ざくる/後藤夜半

旅人の如くに汚れ梅雨の蝶/上野泰

夏蝶の越ゆる国境検問所/水田光雄

初蝶にあらず初めて烏蝶/後藤夜半

教会の木の扉から夏の蝶/熊谷愛子

夏蝶の翔りて暗き草の庵/後藤夜半

烏蝶追ふ少年を少女追ひ/橋本鶏二

咲きのぼる秋暑の胡麻に烏蝶/麦南

聖像はマオリの色に夏の蝶/秋尾敏

珠姫の菩提寺荒れつ夏の蝶/有働亨

鎌倉やことに大きな揚羽蝶/桂信子

俳句例:21句目~

夏蝶や夕べ明かるむ道の隈/三谷昭

天網に匿はれたる夏の蝶/佐藤麻績

貯金箱砕けて夏の蝶放つ/対馬康子

揚羽蝶遠忌の柱叩くかな/柿本多映

太陽の黒点となる揚羽蝶/小島花枝

袖櫓つたひに夏の蝶荒し/後藤夜半

夏の蝶大杉谿を逆落し/鈴鹿野風呂

草々の容をなぞり夏の蝶/高澤良一

夏蝶や孫の産着の水洗い/桑山撫子

烏蝶水際の砂に水を吸ふ/高濱年尾

夏蝶と並ぶ一瞬北の旅/鈴木六林男

絶景といふ宙吊りの烏蝶/石原八束

平然と夏蝶前を横切れり/星野高士

木の暗を音なくて出づ揚羽蝶/誓子

夏蝶や花圃一坪の妻の幸/岩瀬善夫

梅雨の蝶集金乙女今どこに/香西照雄

いやといふほどの夏蝶獄の塀/斎藤玄

高枝に影してあそぶ夏の蝶/松村蒼石

梅雨の蝶鉄骨を組む奥明し/小林康治

高く遠く番ひ離れし夏の蝶/前田普羅

俳句例:41句目~

駈けり来し大烏蝶曼珠沙華/高浜虚子

雲霧や夏の蝶とぶ箸のさき/西島麦南

梅雨の蝶苔の青さの激しき刻/岸田稚

隠寮に見えたる婦人烏蝶/百合山羽公

柱状節理揚羽蝶まぎれ入る/駒志津子

天降り来て身心臭し揚羽蝶/永田耕衣

虹たつや常山木に顫ふ烏蝶/飯田蛇笏

夏蝶の黒き閃き追ひてゆく/仙田洋子

緑陰もまたおちつかず揚羽蝶/桂信子

帰去来はわが心にも夏の蝶/高野素十

作業衣の灯台長に夏の蝶/三好茱萸子

信号青渡るよ夏蝶まつ先に/三輪静子

揚羽蝶困ず吾在り妻と在り/永田耕衣

再びは見ず夏蝶の谷越ゆを/下村槐太

竹林の奥の日向を梅雨の蝶/星野立子

礎石よりけぶらひ立てる夏の蝶/原裕

柚の花につきてぞ上る烏蝶/飯田蛇笏

参観授業乱す夏蝶まよひ来て/樋笠文

夏蝶が翳りを連れてくる鏡/対馬康子

烏蝶浚渫の爪ががと開らく/成田千空

俳句例:61句目~

松の肌荒くて通る揚羽蝶/山口波津女

杉の間を音ある如く夏の蝶/星野立子

安楽に夏蝶翔り車椅子/長谷川かな女

夏蝶や夫の尺度の外に出て/中山芳江

夏蝶や歯朶ゆりて又雨来る/飯田蛇笏

烏蝶好きにはあらず心惹く/後藤夜半

夏蝶のしばし息つぐ聖十字/加藤耕子

夏蝶や神の座高き幼修士/下村ひろし

夏の蝶一つ雪渓渡りけり/金尾梅の門

夏蝶や古江浪立ちタブの蔭/前田普羅

深呼吸して夏蝶を大きくす/高尾豊子

海近き駅に降り立つ揚羽蝶/田中裕明

海坂へ近道ありや夏の蝶/殿村莵絲子

暫くは激しくもつれ夏の蝶/竹尾嘉文

夏の蝶波郷酔歩の如く舞ひ/水原春郎

夏蝶の出入自在や仁王門/阿波野青畝

揚羽蝶ねむりの国の蒼くあり/桂信子

森深く泳ぎて白し梅雨の蝶/白岩三郎

夏蝶の夢見る状に翅うごく/今井竜蝦

夏蝶の影や大地は水のごとし/河内静

俳句例:81句目~

叢にこま~と飛ぶや夏の蝶/西山泊雲

夏の蝶翔け青歯朶の日も緑/福田蓼汀

森で逢びき正方形の夏の蝶/寺山修司

夏蝶を聖母敬ひつゝ纏ふ/殿村菟絲子

夏蝶の歯朶ゆりて又雨来る/飯田蛇笏

夏の蝶風呂敷包み道に置き/細見綾子

壺の蜜ゆるみはじめる揚羽蝶/桂信子

喪の使者の導くごとく烏蝶/福田蓼汀

夏の蝶飛んで高しや貴船村/高濱虚子

夏の蝶七谷越えて落ちゆけり/原田喬

夏蝶の聖母敬ひつつ纒ふ/殿村莵絲子

渓下る大揚羽蝶どこまでも/飯田蛇笏

飽食の牛のうす眼に梅雨の蝶/伊藤京子

うつうつと最高を行く揚羽蝶/永田耕衣

おのれより巨き影つれ揚羽蝶/福永耕二

ついてゆく揚羽蝶あり撒水車/高野素十

とんで来て夏蝶のよな女の子/渡辺恭子

ぶら下る葉裏明るし梅雨の蝶/清水洋子

ほころびの天衣となりし梅雨の蝶/原裕

まことちさき花の草にも夏の蝶/原石鼎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ