季語/盆(ぼん)を使った俳句

「盆」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「盆」について

【表記】盆

【読み方】ぼん

【ローマ字読み】bon

子季語・関連季語・傍題・類語など

・魂祭(たままつり:tamamatsuri)

・盂蘭盆(うらぼん:urabon)

・ぼに(ぼに:boni)

・盆棚(ぼんだな:bondana)

・魂棚(たまだな:tamadana)

・精霊棚(しょうりょうだな:shoryodana)

・先祖棚(せんぞだな:senzodana)

・空棚(からだな:karadana)

・棚経(たなぎょう:tanagyo)

・真菰筵(まこもむしろ:makomomushiro)

・水の実(みずのみ:mizunomi)

・水の子(みずのこ:mizunoko_)

・新盆(にいぼん/しんぼん:niibon)

・荒棚(あらたな:aratana)

・初盆(はつぼん:hatsubon)

・あら盆(あらぼん:arabon)

・新精霊(にいじょうろ:niijoro)

・新盆見舞(しんぼんみまい:shimbommimai)

・精霊祭(しょうりょうまつり:shoryomatsuri)

・盆前(ぼんまえ:bommae)

・盆過(ぼんすぎ:bonsugi)

・盆会(ぼんえ:bone)

季節による分類

・「ほ」で始まる秋の季語

・「秋の行事」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

盆を含む俳句例

心にて顔に向ふや魂祭/鬼貫

先匂ふ真菰筵や草の市/白雄

盆山や春秋もなき夏姿/如流

盆過て宵闇暗し虫の声/芭蕉

新涼や盆唄ちらす箸袋/新井保

松茸や桜にかをる朽木盆/調試

棚経や聲の高さ弟子坊主/其角

肉声もなく盆過ぎの白磧/子郷

草枕故郷の人の盆曾かな/暁臺

山町や清水祭に盆踊/滝井孝作

先生の前に夜学の煙草盆/篠原

棚経や出て気のつく門違/自笑

出雲より人来て盆の川下り/目

盆休大きな川を横たへて/黛執

百姓の手足短し盆踊/宮坂静生

町中の闇は城山盆の月/上暮潮

盆の道行くに従ふ川の渦/原裕

鎌鍛冶と莨百姓盆踊/西本一都

魂祭八千代諷ひし一座也/旧国

盆の花と並ぶ浜の店/菊島/登

俳句例:21句目~

稲光西にしきりや風の盆/柏禎

稲太る月夜の手足盆踊/飴山實

山垣の上の金星風の盆/上村占

盆の月市に隠るる人は誰/暁臺

朝より夕を盆の心かな/斎藤玄

焼米や家に伝はる会津盆/樗良

狂院をめぐりて暗き盆踊/三鬼

仲丸の魂祭せむけふの月/蕪村

塚助弥燈籠高尾魂祭/西本一都

従弟どち月に語るや魂祭/白雄

百枚の畳を拭きて盆用意/杉山睦

膳運ぶ長き袂や風の盆/細見綾子

白米を一升母へ盆帰り/沢木欣一

新生姜水に浸して姉の盆/原田喬

魂棚や藪木をもるゝ月の影/丈草

角塔婆盆の海より寄す白波/林火

棚経や闖入の虻大自在/矢島渚男

屋の箱積み重ね盆休み/横田和子

片方の短き足や瓜の馬/尾崎迷堂

男には家が軛や盆の月/下村槐太

俳句例:41句目~

立山を仏と拝む盆の月/松住清文

盂蘭盆や無縁の墓に鳴く蛙/子規

隣同志住持応召盆の寺/河野静雲

川灯し山坂灯し風の盆/柏原眠雨

門川に簾洗ふも盆用意/岸風三楼

桜餅盆に美くし婦人会/吉屋信子

街道は高きを走り盆休/綾部仁喜

身に入やうら盆過の夜の雨/鴻水

交替に姉の出てゆく盆踊/湯川雅

腸に一杯の水盆明けぬ/折井紀衣

山雲に乗りて盆花迎かな/岸田稚

釈迢空柳田國男盆の月/黒田杏子

一湾は鏡の如し盆の月/坂口夢塔

自転車に苧殻音たつ盆支度/林翔

山路来し杖も一本盆の家/上村占

群山の朝から白し送盆/宮坂静生

予定表欄外に書く盆踊/楢原清子

柱立ち敷居流れて盆の家/岡本眸

魂棚や畳に移る草の露/松瀬青々

月の色さす魂棚の箒草/沢木欣一

俳句例:61句目~

川靄の町へなだれて送盆/小澤實

踊巧者踊見巧者風の盆/高澤良一

棚経や慈姑頭の老の僧/石塚友二

簗竹の節の揃はぬ盆休/綾部仁喜

近道は墓地の脇道盆踊/高澤良一

赤々と酒酔星や盆踊/肥田埜勝美

初茸の盆と見えけり野老売/其角

耳遠き婆が合点や瓜の馬/岸田稚

なき父の膝もとうれし魂祭/樗良

盆狂言舞台と空と月二つ/赤松子

魂棚に戒名長し長寿村/大熊輝一

恪勤の父送り出す盆休/高橋悦男

盆踊終り櫓に灯を残す/池田秀水

盆棚に薯蕷饅頭真つ白な/石嶌岳

塀越の枯野やけふの魂祭/炭太祇

盆踊清少納言小町の国/西本一都

狛犬に犬を預けて盆踊/平上昌子

徹書記のゆかりの宿や魂祭/蕪村

夕風を誘ふ醜草送り盆/矢島渚男

盆過の紺紙金泥日課経/斉藤夏風

俳句例:81句目~

懸乞の不機嫌みせそ魂祭/炭太祇

盆景の波白妙に冬座敷/吉屋信子

盆帰省弟ととぶ河原石/太田土男

盆山や梺のみぞれ砕き砂/調川子

生盆や縞黒檀の対の箸/吉田紫乃

母人や病をおして魂祭/清原枴童

盆唄の夜風の中の男ごゑ/森澄雄

盆切籠友よ茫々六十年/中西舗土

奥の間の盆灯籠の氷めく/辻桃子

奥信濃鎌の古間の盆踊/西本一都

盆僧の羅硬し雑踏裡/殿村莵絲子

蟲くひの鬼灯悲し魂祭/石井露月

漂着の平家供養の盆踊/山口誓子

盆踊汗水節といふ曲も/沢木欣一

趾の間の広き魂まつり/綾部仁喜

青空の奥處は暗し魂祭/三橋敏雄

盆二日過て出来たる灯籠哉/一差

盆やすみて八朔梅の星月夜/淡々

盆ほどになるてふ菊の莟哉/移竹

魂祭り王孫いまだ帰り来ず/蕪村

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ