季語/盆の月(ぼんのつき)を使った俳句

「盆の月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「盆の月」について

【表記】盆の月

【読み方】ぼんのつき

【ローマ字読み】bonnotsuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ほ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

盆の月を含む俳句例

盆の月市に隠るる人は誰/暁臺

盆の月烏が帰る空の道/高木晴子

立山を仏と拝む盆の月/松住清文

町中の闇は城山盆の月/上崎暮潮

参籠の皆出て仰ぐ盆の月/高井良秋

盆の月ねたかと門を叩きけり/野坡

土皿を咬へ来し犬盆の月/西山泊雲

金泥を海に流せり盆の月/澤木欣一

さむしろや門で髪ゆふ盆の月/蓼太

盆の月既に高しや踊の輪/高濱年尾

筋違にさゝ波雲や盆の月/松瀬青々

盆の月地唄に強き節廻し/小林迪子

磴頭に磴下に人語盆の月/井沢正江

悪玉が笑へり赫き盆の月/石原八束

盆の月原寸大の夫婦なり/瀬間陽子

膝頭老いゆく盆の月明り/戸川稲村

老友の一人に僧や盆の月/高野素十

盆の月畑に鼬と男女出る/飯田龍太

盆の月僧の一生終りたる/伊藤柏翠

漆頭老いゆく盆の月明り/戸川稲村

俳句例:21句目~

忍従の母の一生盆の月/五十嵐播水

雲一重二重に盆の月さだか/和田暖泡

門を出て道を曲れば盆の月/高野素十

きめ粗き田舎の豆腐盆の月/三溝沙美

訪ふ人と道にあひけり盆の月/上村占

親不知あたりと思ふ盆の月/本岡歌子

裏口に草木の匂ひ盆の月/鷲谷七菜子

水際に線香立てたり盆の月/野村泊月

蝦夷の古都古平浜の盆の月/野村泊月

舟揚げて皆戻りくる盆の月/野村泊月

訃に急ぐ我が旅空の盆の月/田代欣一

三分の一の胃の腑や盆の月/佐川広治

僧の娘に生れし母や盆の月/近澤杉車

沖を行く軍艦はあり盆の月/野村泊月

塩壺の蓋ずれている盆の月/橋石和栲

墓山の草波だてる盆の月/福田甲子雄

抱き癖をつけて帰しぬ盆の月/林民子

盆の月兄弟淡くなりにけり/岡澤康司

故郷は谷間に眠り盆の月/大木さつき

盆の月横川の僧と拝みけり/芝原無菴

俳句例:41句目~

家兎逃ぐる蜀黍畑の盆の月/石原八束

盆の月松影しかと落しけり/市橋千翔

盆の月高しこゑはる柘地妻/松村蒼石

望の月盆の月より小さくて/萩原麦草

盆の月暫し燈籠と重なりぬ/富安風生

海人が家の燈籠暗し盆の月/藤野古白

盆の月舞子の松に見て戻る/高濱年尾

父母と在れば娘や盆の月/今橋眞理子

生れたるのみの故郷盆の月/大橋敦子

盆の月踊らぬ都憂かりけり/尾崎紅葉

盆の月ある筈なるに湖の霧/高濱年尾

盆の月妻が遺せし櫛めがね/今泉貞鳳

母に聞くみよりの話盆の月/溝口杢生

安来節きく荒むしろ盆の月/斉木濤花

餅つきの昔ばなしや盆の月/笹井寅雄

土べたに辛子さめけり盆の月/加舎白雄

奈落とは人の世のこと盆の月/栗林千津

富士隠しきれざる盆の月明り/稲畑汀子

幼な子の教へてくれぬ盆の月/矢島渚男

故郷は捨てしにあらず盆の月/河本勝利

俳句例:61句目~

敷珠玉の一穂を摘みて盆の月/松村蒼石

月赫き崩崖鉱山ぞひの盆の月/石原八束

来し方やいまは家もつ盆の月/杉山岳陽

松葉焚きし火屑の赤し盆の月/内藤吐天

枕上みふはりと消ゆる盆の月/松村蒼石

柵の内木の間に盆の月低し/大場白水郎

波どめを越す高潮も盆の月/三浦恒礼子

湾をなす島山ひきし盆の月/鈴鹿野風呂

独り居を決めて明るし盆の月/正村啓子

町びとは歩きゐるのみ盆の月/臼田亜浪

母歩く庭と思ひぬ盆の月/長谷川かな女

盆の月くすりのごとく雫せり/八田木枯

町中に老木の枝や盆の月/久保田万太郎

盆の月子は戦場のつゆときゆ/飯田蛇笏

盆の月干潟啼き立つ鳥のあり/内藤吐天

盆の月拝みて老妓座につきし/高野素十

盆の月新発意の部屋より見ゆる/井上雪

盆の月旅もよき日を重ねつゝ/稲畑汀子

盆の月海辺の墓に灯をともす/内藤吐天

盆の月父亡く母に遠く住む/筒本れい子

俳句例:81句目~

盆の月父母の御魂を迎ふべく/川口咲子

盆の月若狭の海のくらさかな/岩崎照子

盆の月草の山より上りけり/大峯あきら

盆の月退くべき家に皆臥たり/永井龍男

盆の月駅へ二里なる浜別墅/五十嵐播水

盆の月鯉むらがりて波立てず/高井北杜

磯よりも沖のかがやく盆の月/石野冬青

鬼太鼓や海を離るる盆の月/町田しげき

花ちかむ蒲の葉磨つて盆の月/松村蒼石

青胡桃身を乗り出せり盆の月/佐藤干城

みしみしと蟹喰ふ人に盆の月/高橋睦郎

盆の月みなとの内も渦たぎち/佐野まもる

生くる二人に鬼灯ほどの盆の月/村越化石

むさゝびのとびし吉野の盆の月/高野素十

舟窓に波のうねりと盆の月/阿部みどり女

盆の月ふるさと訪ふも久しぶり/成嶋瓢雨

梵字めく斑のあり黄なる盆の月/福田蓼汀

一幕を残して出でぬ盆の月/阿部みどり女

明日香野は田水余せり盆の月/沢田弦四朗

盆の月坑道の匂ひの身をひいて/石原八束

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ