季語/雁渡し(かりわたし)を使った俳句

「雁渡し」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雁渡し」について

【表記】雁渡し

【読み方】かりわたし

【ローマ字読み】kariwatashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

雁渡しを含む俳句例

風鐸の天楽となる雁渡し/原裕

草木より人翻る雁渡し/岸田稚

雁渡し山脈力集め合ふ/村越化石

沖までの潮の濃淡雁渡し/柊愁生

青北風や萬屍想はす虫一屍/林翔

海港に展く空港雁渡し/倉橋弘躬

漆黒の円空仏や雁渡し/田阪笑子

越前は雲繞る国雁渡し/堀口星眠

岩船の塔婆襖や雁渡し/落合水尾

岬端の礁泡だつ雁渡し/伊藤ふみ

峠まで一本の道雁渡し/草間時彦

繋留の湖の釣舟雁渡し/松本悦子

雁渡し佇みて吾れ晩年ヘ/村越化石

こめかみに未完の稿と雁渡し/原裕

青北風や石の鳥居の先は海/堀葦男

青北風や港気付の手紙束/工藤義夫

雁渡し乗船の列撓みたる/西村和子

雁渡し雪渓汚れ見えにけり/及川貞

青北風や女人高野の鎧坂/大橋敦子

子の手曳く出勤遅々と雁渡し/林翔

俳句例:21句目~

信号は青北風も通りけり/森田家仙

青北風や土偶三千年の黙/矢野忠男

銅鐸のしらべをはこぶ雁渡し/原裕

双塔の影を一つに雁渡し/加古宗也

鉦提げて村人集ふ雁渡し/篠崎圭介

日月の行方の果の雁渡し/秋光泉児

雁渡し歳月が研ぐ黒き巌/大野林火

橋立の松濡れ並ぶ雁渡し/木村蕪城

水底に足跡が澄む雁渡し/今瀬剛一

聖職の従妹より文雁渡し/都筑智子

海坂の藍の深さや雁渡し/水原春郎

海底の岩にわが影雁渡し/西村公鳳

朝市に煮貝の匂ふ雁渡し/石原八束

渚嗅ぐ犬と逢ひけり雁渡し/飴山實

船倉に馬の嘶く雁渡し/山田ひさし

紬織る筬のゆききや雁渡し/渡部照子

ぶちまけし鰯の渦や雁渡し/橋本榮治

青北風や墓地に迫りし山と海/井上豊

石山の石が船の荷雁渡し/松本ヤチヨ

師に逢ふは旅先多し雁渡し/近藤一鴻

俳句例:41句目~

一天に深浅の青雁わたし/八牧美喜子

雁渡し指もてたどる方位盤/伊藤京子

雁渡し岡町の家濡れにけり/野村喜舟

金箔をとどめて鼻梁雁渡し/井上康明

稜線を引張り合へり雁渡し/中島畦雨

篆刻の石の血のいろ雁わたし/石嶌岳

曲尺を当てては惑ふ雁渡し/皆川白陀

三層の天壇の円雁渡し/野見山ひふみ

青北風の目薬零す膝がしら/原口鬼灯

雁渡し転びしままに地に坐り/岡本眸

雁渡し北見青透く薄荷飴/文挾夫佐恵

削りゐる鉛筆匂ふ雁渡し/小松崎爽青

雁渡し自ら捨てし教師恋ふ/茂里正治

薄味のきつねうどんや雁渡し/杉本寛

含羞の人を師とせり雁渡し/岡崎桂子

水音を先だててくる雁渡し/今瀬剛一

米倉の大戸みなさす雁渡し/白岩三郎

雁渡し化石のやうな蜑部落/野沢節子

流木の磯に居座る雁渡し/鈴木真砂女

藻屑焚く煙乱るる雁渡し/酒井みゆき

俳句例:61句目~

雁渡し牛の除角の鏝かざし/太田土男

大阪に赤だし啜る雁渡し/冨田みのる

雁渡し水害の帯屋根に干す/近藤一鴻

将門の走り抜けたる雁渡し/太田土男

燈台を芯に島伏す雁渡し/服部鹿頭矢

灯台を芯に島伏す雁渡し/服部鹿頭矢

駅弁の黒きこんにやく雁渡し/桂信子

ともづなを全長つかふ雁渡し/朝倉和江

ひとり娘を離し難しや雁渡し/毛塚静枝

めつむれば怒濤の暗さ雁渡し/福永耕二

もう訪はぬ故郷と思ふ雁渡し/西川五郎

やはらかく巡る血液雁渡し/小田かをり

七つ島は岩礁なれや雁渡し/水原秋櫻子

三丈の青北風染みの絹飜る/文挟夫佐恵

味噌を売る会津童女よ雁渡し/佐川広治

岩一つ噛みて来る波雁渡し/鈴木真砂女

常念岳も安曇野富士も雁渡し/加古宗也

操舵室青北風島を意中にす/文挟夫佐恵

晩年は許してばかり雁渡し/貝塚せい子

木の国の材木あまた雁渡し/柴田白葉女

俳句例:81句目~

木曾谷へ包みひとつや雁渡し/古舘曹人

母の顔雲よりとほし雁渡し/小松崎爽青

海のいろかすれた方へ雁渡し/塚越美子

戸籍のみ残るふるさと雁渡し/江崎慶子

雁わたし加賀の友禅流しかな/小原英湖

雁わたし島にかくれの唄残り/朝倉和江

雁わたし軒深く積む汐木かな/角川源義

雁渡し乳房が張るという感じ/坪内稔典

雁渡し手が出て閉まる蔵の窓/徳丸峻二

雁渡し母も娘も織りをらむ/柴田白葉女

雁渡し淡海の水となる流れ/日比野里江

雁渡し白く乾きし漁具の山/羽藤美佐子

雁渡し砂丘は生きて砂奔る/豊長みのる

雁渡し耶蘇名消されし島の墓/有岡巧生

雁渡し草木白瀬もひるがへり/山口草堂

雁渡し見送るに水速きこと/有田木の実

雁渡し豆腐一丁買ひて足る/稲垣きくの

雲上の嶺をおく信濃雁わたし/井沢正江

青北風の岩手山容啄木歌碑/柴田白葉女

青北風の立山に星噴きあげつ/橋本榮治

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ