季語/新藁(しんわら)を使った俳句

「新藁」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「新藁」について

【表記】新藁

【読み方】しんわら

【ローマ字読み】shinwara

子季語・関連季語・傍題・類語など

・今年藁(ことしわら:kotoshiwara)

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

新藁を含む俳句例

新藁にかがみて濤の音拾ふ/裕

山陰や敷物とても今年藁/乙由

今年藁青き筵や熊手市/中村汀女

新藁の屋根の雫や初しぐれ/許六

一束に一束の音今年藁/綾部仁喜

今日からは新藁混る秣かな/育女

新藁の匂ひ馬臭を圧したり/耒井

肥桶を荷ひ新藁一抱へ/高浜虚子

新藁の強き一筋手に残る/綾部仁喜

新藁や永劫太き納屋の梁/芝不器男

なつかしや新藁頃の里の雨/東洋城

滝にゆく新藁草履堅作り/西本一都

新藁や馬の尾結ふ一しごき/泉鏡花

新藁ぞ宝蔵門の大草鞋/長屋せい子

楽々と姥が屋根葺くや今年藁/鬼貫

新藁や農のこと皆美しく/小杉余子

新藁の桟敷芳し農歌舞伎/野中春艸

新藁に腰かけをれば農婦くる/立子

新藁の能登雪靴の赤き糸/沢木欣一

今年藁みどりほのかに新娶り/麦南

俳句例:21句目~

ほの青く風乾しぬ今年藁/村上鬼城

笹鳴や新藁かわく薄緑/大谷碧雲居

新藁の匂まとひて牛生る/堀/康代

新藁の出そめて早き時雨かな/芭蕉

新藁の匂青しや今朝の道/宮本緑山

お降りや新藁葺ける北の棟/室生犀星

正倉院うらの日溜り今年藁/後藤克巳

新藁の香を積み月の村となる/白葉女

曇る日は曇るぬくみに今年藁/下田稔

今年藁焼き尽したり波迫る/成田千空

新藁の干されて倭鶏の通り道/加藤紅

新藁に厩の神はいぼりたつ/飯田蛇笏

新藁の匂ふ牛舎の灯りけり/加藤宵村

新藁買はう畔木の影の濃い/喜谷六花

新藁やこの頃出来し鼠の巣/正岡子規

神来ると新藁高く高く積む/石飛如翠

新藁を的に剣士の一気合/河本沙美子

新藁や朝々来ては鳥の踏む/尾崎紅葉

負ふたびに新藁匂ふ薄月夜/大熊輝一

新藁を積上げ匂ふ農具小屋/石上幸子

俳句例:41句目~

新藁を焼く桃の木のくろき瘤/中拓夫

新藁や檜山あるきのひるの月/上村占

新藁や此の頃出来し鼠の巣/正岡子規

打返す藁干す時の霰かな/河東碧梧桐

藁干して牧の勤労感謝の日/佐伯星子

新藁が立琴めくよ夜となれり/栗林千津

新藁の上にでんでん太鼓かな/延広禎一

新藁の注連張つてある夫婦岩/道川虹洋

新藁の草鞋にやつすそぞろ神/高橋睦郎

新藁の香のこのもしく猫育つ/飯田蛇笏

新藁の香の吉野川流れけり/鈴木しげを

新藁の香や愚直なる榛の幹/千代田葛彦

新藁や柿の落葉のすぐとまる/松藤夏山

新藁や親しき農のひとりゐて/石川桂郎

新藁や道に散らして勿体な/楠目橙黄子

新藁よりやや白き鶏朝駈けて/香西照雄

新藁をいづこへ放りても大和/今瀬剛一

新藁をくはへて走る子犬かな/長谷川櫂

新藁を手のひら熱く束ねけり/綾部仁喜

新藁を敷いて産湯の盥置く/斎藤白南子

俳句例:61句目~

新藁を積んでしんしん水の国/長谷川双

注連飾り燭に新藁匂ひけり/佐々木春蔵

積みあげし新藁匂ふ牛舎かな/加藤康人

舟漕いで来て新藁を山となす/細川加賀

今年藁稜線の陽の鈍うごき/諸角せつ子

天窓も隠さむばかり今年藁/寺島ただし

好日や田へ刻み込む今年藁/ふけとしこ

干藁のぬくみ背負ひし一葉忌/影島智子

ころ柿を寝かす新藁切り揃へ/佐藤良生

塩の道新藁草履の緊り緒や/平井さち子

新藁の日ざしどつさり女人堂/大峯あきら

木曾駒を編む新藁の香を満たし/瓜生和子

新藁をぽき~と折り敷きて臥る/久米正雄

新藁の敷かれて仔牛の保育小屋/中村和子

新藁の注連たかく張り一位彫る/吉澤卯一

新藁の匂ひ吹き入る夕べかな/三浦美知子

新藁にひよこ埋れよ掻き掻きて/香西照雄

新藁にかくれやすくて津軽の子/山本洋子

新藁のトラックを除け背な熱し/西村公鳳

新藁にあるなつかしき緑かな/小河原小葉

俳句例:81句目~

新藁や馬の踏み行くらうがはし/尾崎紅葉

新米炊く火も新藁よかぐはしく/大熊輝一

牛が束ごと喰む今年藁甘からん/大熊輝一

新藁をほぐせり松に打ちつけて/茨木和生

すこしづつ風のさらへる今年藁/石田勝彦

新藁のにほふ家居となれりけり/木下夕爾

新藁の曳かるる翳のあやふさは/長谷川双

新藁焼く紅葉の色を磨かんと/鳥居おさむ

新藁のにほふかに厩置かれたり/石川桂郎

今年藁ことしの秋のにほひけり/木下夕爾

今年藁みささぎしぐれ及びつつ/石田勝彦

新藁のつかず放れぬ蜂二つ/長谷川かな女

新藁のあをきところの重なりて/相馬黄枝

新藁は簷に積みあげあたり掃く/西山泊雲

黒き小牛に新藁負はせうつりよし/草田男

新藁の蔭に聲ありかくれんぼ/小酒井不木

牛の仔を量る新藁平らに敷き/長谷川かな女

新藁を叩けば日ざしむらさきに/廣江八重櫻

新藁の一文字咥へ生きるは佳し/加倉井秋を

臼の上の新藁に雨日もすがら/阿部みどり女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ