季語/秩父夜祭(ちちぶよまつり)を使った俳句

「秩父夜祭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秩父夜祭」について

【表記】秩父夜祭

【読み方】ちちぶよまつり

【ローマ字読み】chichibuyomatsuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秩父祭(ちちぶまつり:chichibumatsuri)

季節による分類

・「ち」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

秩父夜祭を含む俳句例

秩父夜祭供物の繭の大袋/飯島晴子

秩父夜祭門灯うすき猪鍋屋/町淑子

桑枯れて秩父夜祭来りけり/岡田水雲

灯の渦へ太鼓打込む秩父祭/都筑智子

秩父嶺の真闇に習ふ祭笛/猪俣千代子

夜祭の神饌に荒稲/秩父柚子/森田公司

焼き饅頭焦げて秩父の祭来る/下山宏子

秩父夜祭の大霜まぎれなし/成瀬桜桃子

秩父夜祭冬星のどれ撃ちおとす/林誠司

肘張って秩父夜祭笛を吹く/猪俣千代子

露天の灯つなぎ秩父の祭来る/宮田俊子

どの路地に入りても秩父祭なる/宮田富昭

奉納繭の粒を豊かに秩父祭/ながさく清江

秩父夜祭犬の這ひ出る隙もなし/鈴木栄子

秩父路に寒さ伴れ来る祭待つ/馬場移公子

こよひ秩父夜祭の榾くべにくべ/成瀬桜桃子

秩父セメント秩父夜祭の夜も操業/鈴木栄子

秩父夜祭とは聞くだにもあな寒や/富安風生

秩父夜祭山車待つ燗を熱うして/田原口秋峰

秩父夜祭ちつとべ酔のまはりけり/成瀬櫻桃子

俳句例:21句目~

秩父夜祭蚕飼ひの部屋のがらんどう/岩淵喜代子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ